2016年5月15日 (日)

2016年05月09日~05月14日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年05月09日['私は来て、柿を越えた']
2016年05月10日[健康になる方法]
2016年05月11日[兄の変身]
2016年05月12日[あなたと会ったことが幸せです]
2016年05月13日[汽車の駅]
2016年05月14日[上に]

05月09日~05月14日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

건강해지는 방법
삶과 건강은
인간이 자신의 임무를 완수할 때
경험하는 성취감과 밀접한 관계가 있다.
자신의 삶에 어떤 의미가 있다고 생각하며,
어떤 목표를 세우고 그 목표를 이루겠다는
희망이 있어야만 이런 감정을
느낄 수 있다.
- 폴 투르니에의《노년의 의미》중에서 -
* 삶은 곧 건강입니다.
건강이 모든 성취의 시작입니다.
건강을 잃으면 그 어떤 성취도 의미가 없습니다.
자기 삶을 사랑하는 사람, 무언가를 꿈꾸고
성취를 이루고자 하는 사람은 반드시
건강해지는 방법을 익혀야 합니다.
스스로 실천해야 합니다.

健康になる方法
人生と健康は
人間が自身の任務を完遂するとき
経験する達成感と綿密に関係がある
自分の人生にどんな意味があると考え
どんな目標を立てて、その目標を実現する
希望があって、このような感情を
感じることができる
- ポール・トゥルニエの<老年の意味>より -
* 人生はすなわち健康です
健康がすべての達成の始まりです
健康を失えば、どんな達成も意味がありません
自分の人生を愛する人、何かを夢見て
達成に至ろうとする人は、必ず
健康になる方法を持っています
自ら実践しなければなりません

ジョギングしても、何とも言えない達成感があるんですよね。

Twitterでも書いたのですが、最近なぜジョギング始めたかが分かりました。

それは、人生の曲がり門を越えたからなんですね。

健康を失うことについて潜在的に恐れてるんだと気づきました。

でもこの境地。若い時にはわからないわー(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

韓国語学習ジャーナルhana vol13買いました

ドラマ応答せよシリーズでめぐる韓国ポップカルチャー案内!という特集でした~^^

ちょっと、主な出来事を並べてみましたけど・・・

1987年 大統領直接選挙

1988年 ソウルオリンピック

1997年 韓国経済危機

2002年 日韓ワールドカップ

今日まで、民主化してわずか29年今日を迎えてるんですね(滝汗)

小さいころ、金浦空港に着陸する際は、写真撮影一切ダメとか、高

ソウルの高いビルには高射砲が設置されているとか

夜間は外出禁止令になっているとか

そんなことばかり聞いてて(真偽はふめいですけど)

かなり怖いイメージの国でしたけど、今は全然違いますね~

インスタにも書きましたけど、まさかサムスンの製品(スマホ)がこんなに日本で使われる時代が来るなんてとても思いませんでした。

世の中面白いですね。今後の10年もまた楽しみです。

これからhanaの隅々まで読んでいきたいと思いまーす^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

2016年05月02日~05月07日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年05月02日[お湯を沸かしながら]
2016年05月03日[勇気]
2016年05月04日[悟りの道]
2016年05月05日[あるがままに]
2016年05月06日[内部の力]
2016年05月07日[日常の楽しみと洞察]

05月02日~05月07日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

일상의 재미와 통찰
나는 사람들이
일상에 작은 변화를 주는 데 재미를
느꼈으면 좋겠어요. 그렇게 하다 보면
보통 사람들이 생각지 못한 것을 갑자기
떠올리게 되지요. 이는 예상치 못한 성공의
발판이 되기도 합니다. 핵심은 역시 일상 생활에
있어요. 똑같은 일상에서 자기만의 방식으로
재미와 통찰을 만들어 내는 거죠.
- 후지와라 신야의《겪어야 진짜》중에서 -
* 단순하고 반복되는
일상의 생활에서 조금의 변화된 삶이
필요할 것 같습니다. 가끔은 평소와 다른 길을
걷는다든지, 혼자서 여행을 떠나든지, 영화를 보든지
자기만의 방식으로 변화를 주면 삶에 활력소가 되지
않을까요?  조금씩, 천천히 자신만의 일상의
변화를 주고 느꼈으면 좋겠습니다.

日常の楽しみと洞察
私は人々が、
日常の小さな変化を与える楽しみを
感じたらいいと思います。そうすると
普通の人々が、思わぬことをを突然
思い浮かべるでしょう。これは予想できない成功の
足がかりになります。核心は、やはり日常生活に
あります。同じ日常で、自分だけの方式で
楽しみと洞察を生み出すのです。
- 藤原新也の<経験して本物>より -
* 単純で繰り返される
日常の生活でちょっとの変化する人生が
必要なようです。たまには平素と違う道を
歩くとか、一人で旅行に行くとか、映画を見るとか
自分だけの方法で変化を与えれば人生に、活力素になる
のではないでしょうか?少しづつ、ゆっくり自分だけの日常の
変化を与えて、感じてほしいです。

5月に入って新緑の季節を迎えています。

年齢を重ねて、日常の季節の変化を肌で感じるようになりました。

それが起点になって、あっち行きたいこっち行きたいと思うようになりました。

せっかくなので写真を撮ってそれをブログや、インスタグラムにのっけるのが完全にパターン化してます(笑)

インスタにのっけるため、外出してるんじゃないかって思うときがあるのですが、それはそれでいいかなって思います(笑)

人生何が幸いするか。。。何が良いか悪いかは本当にわからないんですもの(笑)

趣味くらい、悔いなく心のままに行きたいと思います(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

井原山と雷山に登りました。

コバノミツバツツジが咲き頃ではいかということと、

久し振りに長めに歩きたいなということが合わせって

井原山と雷山の縦走に出かけてきました。

井原山の山頂付近は、コバノミツバツツジが群生してとてもきれいでした。

井原山山頂付近のコバノミツバツツジ

井原山頂からは、先日登った脊振山が見えました。

井原山山頂から脊振山方面。

北山国民休養地~脊振山までが九州自然歩道の脊振北山地区になっています。いつか走破してみたいです。

前原市、福岡市方面の眺めが最高でした。

前原市方面

これから向かう、雷山への縦走路。稜線沿いを歩きます。

雷山への縦走路

登山道は明るく、ブナ林もきれいで飽きません。

数回のアップダウンを繰り返して、雷山に到達します。

縦走路のブナ林

雷山山頂に到着。あの山頂にある棒状のものは何だろう?

雷山山頂からの眺め

帰ってからしらべてみました。

羽金山(はがねやま)の山頂にある電波時計送信所だそうです。

福島のと大鷹鳥谷山(おおたかどややま)と、羽金山の2か所で日本全体をカバーしてるみたいです。知りませんでした!

その後、無事登山口まで戻り3時間半の山行となりました。

久し振りの長い山籠もりでとてもいい気分転換になりました。

5月も頑張っていきたいと思います。

======

活動量計を調べてみたところ、脂肪燃焼ゾーン1時間56分(^^;)

活動記録。井原山雷山縦走

ジョギングしてる時、ちょうど脂肪燃焼くらいです。

ということは、ジョギングしてる位体に負荷がかかってたんですね。

そういえば、井原山から雷山の縦走路は、上り下りの繰り返しで結構ヘロヘロになってました・・・

ちなみに、とても辛かった祖母山の時がこんな感じでした。

活動記録。祖母山

今度はもうちょっとペースを考えて登りたいと思います(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

2016年04月25日~04月30日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年04月25日[今ここで幸せなこと]
2016年04月26日[両腕を広げて抱きしめたい]
2016年04月27日[奇跡の島]
2016年04月28日[花に水をあげる人]
2016年04月29日[初恋の記憶]
2016年04月30日[愛が宿った手]

04月18日~04月23日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

첫사랑의 기억
잠시 전 자동차를 타고
올 때만 해도 내가 머릿속에 그렸던 것은
군대 가기 바로 직전 보았던 스물두 살 무렵의
자현이 얼굴이었다. 그때 그대로는 아니지만,
나이는 먹었어도 그래도 옛 모습이 많이 남아있는
얼굴이었다. 첫사랑의 느낌은 나이를 먹지 않아도
그 첫사랑은 어쩔 수 없이 나이를 먹은 얼굴로
내 앞에 서 있었다. 내가 마흔두 살이듯
자현이도 마흔두 살인 것이었다.
"오랜만이다. 정말."
- 이순원의《첫사랑》중에서 -
* 세월이 흘렀어도 첫사랑의 느낌은
20년 전 그 시간, 그 자리에 머물러 있습니다.
나이들어 몸은 늙었어도 마음만은 늘 청춘입니다.
그 첫사랑의 기억이 우리를 풋풋하게 합니다.
그 풋풋함이 말라버린 내 마음을
다시 촉촉하게 적셔 줍니다.
꽃이 피어납니다.

初恋の記憶
ちょっと前、車に乗って
降りようとしても、私が頭の中に描いたのは
軍隊に行く直前に見た、22歳のころの
チャヒョンの顔だった。その時、そのままあなたではないが
歳をとっても、それでも昔の姿が多くのこっている
顔だった。初恋の感じは年を取らなくても
その初恋は、仕方なく年を取った顔で
私の前に立っていた。私が42歳であるように
チャヒョンも42歳であるのだ
"久し振り、本当に"
- イ・スンウォンの<初恋>より -
* 年月が流れても、初恋の感じは
20年前のその瞬間、その場所に留まっています
歳をとって、体は老いても心だけはずっと青春です
その初恋の記憶が我々を、みずみずしくします
そのみずみずしさが、枯れてしまった私の心を
もう一度、しっとり濡らしてくれます
花が咲きます。

くしくも私も今42歳です。

そういえば同窓会で恩師の先生が42で担任から外れて、

学年主任になったというようなことを言われてました。

自分ではまだあまり実感ないけれど、、もうそんな年なんですよね。

ふとした再会の際、大丈夫?とご心配をおかけしないよう(苦笑)

「私は元気です!」っとせめていえるようにありたいです!

あ!韓国語ジャーナルhanaを買わなければ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

NIKE+Runningの走行距離が400kmを超えました。

最近少しづつですがペースが上がって、スタミナも少しはついてきたような感じがします。

そんな私が今全然別のことを考えています。

こうやって運動していたからこそ、もし被災地のボランティアに行っても以前よりかは使い物になるではないかと。

何分初めてのことなので、ご迷惑をかけないようにちゃんと調べて、時期も見極めていきたいと思っています。

こう書いてしまっていかなかったら・・・と悩みましたが

この記事を読んでもしも向かわれるという方が一人でもいらっしゃったらと思い載せてみました。

もし行かれるようでしたら、お体にお気をつけて保険には必ず入られてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

2016年04月18日~04月23日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年04月18日[目が曇れば…]
2016年04月19日[画期的な発見]
2016年04月20日[果物屋のおじさんが医者よりよい]
2016年04月21日[均衡]
2016年04月22日[自制力と決断力]
2016年04月23日[大丈夫、すべて大丈夫]

04月18日~04月23日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

괜찮다, 다 괜찮다
모든 석양은 장엄하다.
그것은 생을 껴안고 산다.
큰 것이 아닌 보다 작고 하찮은 생들까지....
산의 석양은 우리들 상처입은 생을 장엄속에서 위로한다.
괜찮다.
다 괜찮다고.
- 김훈의《자전거 여행》중에서 -
* 김훈 작가는
전남 담양 고비산의 석양을 보며
'장엄하다', '괜찮다', 그리 생각하셨네요.
저는 울산 태화강변에서 자전거를 타고
강 위로 살포시 내려앉는 석양을 보며
그리 생각해 봅니다.
'괜찮다'.
'다 괜찮다'고...

大丈夫、すべて大丈夫
あらゆる夕日は荘厳だ
それは、人生を抱えて生きている
大きなことではない、より小さく取るに足らない人生まで…
山の夕日は、我々傷を受けた人生を荘厳の中で慰労する
大丈夫。
すべて大丈夫
- キム・フンの<自転車旅行>より -
* キム・フン作家は
全羅南道潭陽コビ山の夕日を見ながら
'荘厳だ'、'大丈夫'、そう思いました。
私は、蔚山の太和江の岸で自転車に乗り
川の上でそっと、沈む夕日を見ながら
こう思ってみました
'大丈夫'
'すべて大丈夫'と…

私は、ジョギングしながら、大丈夫何とかなるさと思えるようになりました(笑)

あんまり理詰めはよくないと最近悟りました。

知らぬ間に自分を追い込んでいたり、

相手を追い込み過ぎてしまったり、、

せっかくの人生。あえて敵を作る必要はないと思うに至りました。

「車、山前に至りて、必ず道あり。」今そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

高良山に登りました。

高良山には高良大社があって、その参道が登山道になっています。

大鳥居

古来から宗教的な山としてあがめられ高良大社が築かれたということでした。(写真一部加工しました)

新緑の紅葉

紅葉の木がたくさん植えられていました。

九州は、新緑の季節に入りました。

緑がとてもきれいでした。

見ごろのつつじ

つつじがちょうど見ごろを迎えていました。

低い山ですが、なかなか登りがいがあって、花に癒されます(笑)

修復中の高良大社

中腹にある高良大社。

40年に一度の修復中とのことでした。

西暦400年には、社殿が建てられ、人々がお参りしたそうです。

山に登ると、こういう歴史に触れられるということも魅力です。

この後、山頂付近の久留米森林つつじ公園までいってみました。

久留米森林つつじ公園の駐車場より

公園からは、久留米市を横切る筑後川が見えました。

山頂の公園付近には、登山の服装をされた方がたくさんいらっしゃいました。

地元の方のハイキングコースになっているということで、とても地元の方に愛されている山なのですね。

途中ジョギングしている人とすれ違ったりしてびっくりしました。

しかも何人も!ここを走れたら他はどこでも走れますね^^;

それにしても、とてもいい雰囲気で、また来たくなるとてもすてきな山でした。

高良山は、軍事的要衝でもあったので、史跡もあるみたいでした。

今度はそちらも回ってみたいと思います。

筑後国一の宮高良大社HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

2016年04月11日~04月16日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年04月11日[変わり者を助けること]
2016年04月12日[クンクンクン!どこに跳ねるか誰も分からない]
2016年04月13日[気品]
2016年04月14日[鋭意注視]
2016年04月15日['3必原則']
2016年04月16日[こぼれた水]

04月11日~04月16日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

예의주시
그렇다.
바로 이것이다.
고민에 빠져 머뭇거리고만
있는 것이 아니라 무엇이든 선택을 했다.
그리고 상황을 예의주시하며 나아갔고,
좋은 결과를 얻었다. 비록 매번은 아니지만,
아예 아무것도 도전하지 않았다면 얻을 수
없는 성과임에는 틀림없지 않은가.
- 이남석의《선택하는 힘》중에서 -
* 선택은 내가 하는 것입니다.
나의 책임 아래 행해지는 것입니다.
따라서 그 결과에 대한 책임도 나의 몫입니다.
선택 이후의 상황들이 과연 어떻게 펼쳐지는지
예의주시해야 합니다. 내가 선택한 결과가
더 넓은 공동의 성과로 이어질 수 있도록
부릅뜬 눈으로 바라봐야 합니다.

鋭意注視
そうだ
まさにこれだ。
悩みに落ちてためらってばかり
いるのではなく、なんでも選択をした
そして、状況を鋭意注視してすすんだ
いい結果を得た。たとえ毎回ではないが
初めから何も挑戦しなかったら、得ることが
出来ない成果であることは間違いないのではないか
- イ・ナムソクの<選択する力>より -
* 選択は私がするのです
私の責任の下、なされるのです
従って、その結果について責任も私の持ち分です。
選択後の状況が果たして、どう広がるのか
鋭意注視しなければなりません。私が選択した結果が
さらに広い行動の成果につながることができるように
開いた目で眺めらければなりません

今まさにそういうときなのかなと思います。

私にできることを、私なりに尽くしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

無事過ごしております。

TwitterなどのSNSで安否のご心配いただきました。

幸い私が住んでいるところは、被害がなく無事に過ごしております。

ご心配いただき本当にありがとうございました。

しばらくのあいだは、余震にも気を付けます。

私自身は幸運にも大丈夫でしたが、

今回の震災でお亡くなりになられた皆様のご冥福と

被災された皆様の一刻も早い日常への復帰をお祈り致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2016年04月04日~04月09日の朝の手紙