2019年4月22日 (月)

韓国からの訪問

今回韓国からの訪問について、

当初中国の方が間に入ってやり取りしていたのですが

上司「まどろっこしすぎる。直接連絡してくれ」と

いうわけで私が、韓国語でやり取りを始めました。

そのうち先方から「行きと帰りの飛行機予約したよ」って連絡が来て。

私「宿どこにどこに泊まるの?」「推薦してほしい」「○○おすすめです」

「○○予約してください」え?私がするの?

宿は私が手配することになりました。

宿は4人予約してくれと。訪問は、所属団体から4人のみ。

マジで通訳なしでくるのか?まさかね。連れてくるさーなんて思ってたのですが

夕方空港から出てきたのは、ホントに4人だけでした。

と、どれだけ挑戦者なんだ(滝汗)

また、宿をとる過程で、訪問団の中に朴さんという人がいて

その人のローマ字表記が、PIAOなんですよ。

朴はPARK(公園)じゃなかったけ?

調べてみたら、PIAOは中国語表記でした。

なんでわざわざ中国語表記なんだ?

て思ってたら、中国東北部に住む朝鮮系の中国国籍所有者でした。

ちなみに、訪問者のうち3人は、朝鮮系中国人でした。

あーそれで、中国の方が最初間に入ってたんですね。

No1の方だけが慶尚北道出身で、お話し好きでらっしゃるのですが、なまりがきつくて、、、、

例えるなら、小さいころに祖父母がしゃべってるのを全く理解できないという感じでした。

それにしても、事前に予定表を送ってたのですが

ホテルチェックイン後ちょっと打ち合わせしたのですが

これ(予定)変えろ、あれ変えろって、、、

マジですか、根回し住んでるんですけど(滝汗)

ツアーコンダクターさんは、こういう急な予定変更をさばくのが、腕の見せ所なのでしょうと

心を鬼にして、連絡しました。

本番は、次の日で、式典を見ていただいた後、とある品物の贈呈式、レセプション。

あ、そういえばまだあいさつ文の日本語原稿もらってない人いるわ。

なんて思っていたら、その日の夕食会場であいさつ文をいただきました。

とりあえずこれを訳さないと寝れないなと思って

夕食後、訳し始めて、訳し終わったのが12時。

練習に読み始めたら、とちってとちって、すらすら読めず。

何とかそれなりに読めるようになったのが2時。

それから布団に入りましたが、全然眠れず(滝汗)

ほとんど寝ないまま、本チャンを迎えることになりました。

ツアコン兼通訳という慣れないわらじに、私の体重は見たことないくらい痩せてました(笑)

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

久しぶりの韓国語日記です。

韓国語サークルで韓国語日記を書くことになりました。

順番で5月公開になってしまいましたが、時期的には今の話題を書いてしまいましたのでこっそりと公開します。

『아무렇지도 않은 일상 속에 행복이 있다.』

이 시기가 되면 생각나는 것이 있습니다.

그것은 동일본 대지진입니다.

나는 지진 재해로부터 2년 후, 재해지에 파견되었습니다.

해일로 피해를 입은 도시는,폭격을 받아 잿더미가 된 도시 같았습니다. 

방조제는 끔찍하게 파괴 되어 있었습니다.

앞으로 나를 기다리고 있는 업무의 어려움에 현기증이 났습니다.

그런 중에서도 이재민들은 밝고 씩씩하게 열심히 살고 있었습니다.

나는 과감히 물었습니다.

"왜 그렇게 씩씩하고 긍정적인 건가요?"

그 이재민이 대답했습니다.

친족이 쓰나미로 돌아가시고 1년 울었습니다.

그리고 문득 생각했어요.

하늘에 계시는 친족은 지금의 나에게 뭐라고 하실까? "

"언제까지나 울지 마라.

천만 다행으로 살아 남았으니 우리 몫까지 살아라."

친족은 반드시 이렇게 말할 것입니다.

그래서 나는 밝고 긍정적으로 살 수 있게 되었습니다. "

모든 것을 잃었어도 다시 일어나 걷기 시작하는 동북 사람들.나는 동북 사람들의 강인함에 감동했습니다.

그리고 나는 생각했습니다.

"평범한 일상 속에 행복이 있었구나"하고.

이 당연한 생활은 어느 날 갑자기 빼앗겨 버릴 수도 있다.

당연한 일이라고 생각했던 것들이, 여러 사람들의 도움으로 쾌적한 생활을 보내고 있다는 것을 깨달았습니다.

이시기에 나는 마음을 새롭게 합니다.

행복은 멀리 있는 게 아니라, 바로 가까이에 있다고.

『何気ない日常の中に幸せはある。』

この時期になると思いだすことがあります。

それは、東日本大震災です。

私は震災から2年後、被災地に派遣されました。

津波で被災した街は、空爆を受けて焼け野原になった街のようでした。

防潮堤も、無残に破壊されていました。

私は、これから待ち受ける仕事の困難さに目まいがしました。

そのような中でも、被災者の方は明るく元気に頑張っていました。

私は、思い切って聞きました。

「なぜそんなに元気で前向きなんですか?」

その被災者の方は答えました。

「親族が津波で亡くなって、1年泣いた。

そしてふと思った。 天国の親族は、今の私になんて言うかと」

「いつまでも泣くな。 せっかく生き残ったんだから私たちの分まで生きろ。 きっとそういうだろうと。

それで私は前向きになれた。」

全てを奪われても、また立ち上がって歩き出す。

私は、東北人の強さに心を打たれました。

そして私は、思いました。

何気ない日常の中にこそ幸せがあったんだと。

この当たり前の生活は、ある日突然奪われてしまうことがある。

当たり前だと思っていたことが、色んな人の支えで快適な生活をおくれていることに気づきました。

この時期に私は想いを新たにします。

幸せは遠くではなく、すぐ近くにあると。

何回か順番が回ってきそうなので、また公開します~

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

徴用工問題

ずっとこのblogを続けて行くに当たって


ちょくちょくぶつかるのが歴史問題です。

私が勉強を始めた2003年ごろは、靖国参拝や、日本側の不規則な発言で、反発が起きてました。

その後日本側からは不規則な発言は無くなっています。

で今はどんな状態かというと

大統領が竹島に上陸するとか2012年。

いわゆる慰安婦像を、許可なく道路に設置するとか2011年


このころ日本も、運営に不馴れな旧民主党政権だったこともあるのでしょうけど、

この辺りから日韓関係が変わったように思います。

日本側は、植民地支配を公然と肯定する政治家はもはやいません。

その代わり、韓国側から発端で問題が起きるようになりました。

そして徴用工のこの判決。

まあでも、ムンジェイン政権で出そうな韓国らしい判決でしたね。

ただこれは、韓国内の問題であって

日本側は政治家が追求される問題にはならないんですよね

そういう意味では、すっかり様変わりしました。

これからも波をたてながら、未来にすすんでいくんでしょうね

と思った判決でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

先生をお迎えして


先生は日中韓の文化を比較研究されている方でした。

あんまり詳しく書くと先生の論文発表に影響が出るので

ふんわりと書きますね。

中韓では、とある儀式に音楽と歌詞があるそうです。

でも日本には歌詞がない。

そんな会話を

先生の韓国語を日本語にして伝え

こちらの日本語を韓国語に

自分でもびっくりするくらい伝わりました

あとから思いましたが、先生が漢字がわかることもあってそれが大きかった。

途中で先生が英語で喋りだして心をおられるんじゃないかと思ってましたがそれが杞憂でした。

3時かんほど必死で翻訳していたら

先生がてを叩いて「今、私に仮説が浮かんだ❗」

「私とあなた方は、友達です。友達はお互い

助け合うものです。

あなた方がソウルにお越しの際は私がお助けします❗」

「今日はありがとう❗」

といって打ち合わせはお開きになりました。

イヤーこのときのほっとした気持ちは、過去にないものでした。

またこんな風な脳みその使い方をしたのもはじめてかも

ホント勉強してて良かった❗と思った一日でした~☺


1541500963707.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

お久しぶりです

皆さまご無沙汰しています。
久しぶりの投稿になりました

実は先日突然、

「ソウルの教授がくる。しかし英語しかできない。そして突然なので通訳は来ない。手伝って!頼む。しかも明日の午後!」

しかも説明担当者が風邪でダウン。説明者は急遽代理の方。

私はというとあまりの急遽で仕事の都合がつかず、たいして準備できず、、、

待ち合わせ30分ほど前に到着することにして

日本語に翻訳された先生の論文、メールをみてみましたが、、

私「何故日本語なのにこんなにわからないの?これなら原文の方がわかりそ、、、とほほ」

資料からは先生が何が専門で何が目的なのか全然わからない

もう時間もない

二人して「もう、やるしかない。」

と開き直って先生をお迎えしたのでした

つづく❗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

2017年07月24日~08月05日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年07月24日[温水器もたまに故障する]
2017年07月25日['一役'をする]
2017年07月26日['酸素がかみ砕かれる']
2017年07月27日[ただ、20秒だけ触っても…]
2017年07月28日[目に見えないこと]
2017年07月29日[貧乏と文学]
2017年07月31日[自己才能の発見]
2017年08月01日[希望とは]
2017年08月02日[少しづつ文章を書いて少しづつコーヒーを飲んで]
2017年08月03日['不足な人'だから]
2017年08月04日[あなたの体からはどんな香りが出ますか?]
2017年08月05日[始めるのにちょうどいい時]

気になった朝の手紙は・・・

시작하기 딱 좋은 때
사람들은
늘 내게 늦었다고 말했어요
하지만 사실 지금이야말로
가장 고마워해야 할 시간이에요.
진정으로 무언가를 추구하는 사람에겐
바로 지금이 인생에서
젊은 때입니다.
무언가를 시작하기에 딱 좋은 때이죠.
- 이소영의《모지스할머니 평범한 삶의 행복을 그리다》중에서 -
* 모지스 할머니는
75세부터 그림을 그리기 시작하여 101세까지
많은 그림을 그린 할머니 화가입니다. 많은 사람들이
삶을 정리하려고 할 때 매일 한 점씩 그림을 그리기
시작하여 삶의 모습을 그림으로 남겼습니다.
인생에 있어서 늦은 때는 없습니다.
바로 지금이 시작하기 딱 좋은
기막힌 시간입니다.

始めるのにちょうどいい時
人々は
ずっと私に遅れたといいました
しかし、実際、今こそが
一番に感謝しなければならない時間です
本当に何かを追求する人には
まさに今が人生で
若い時です
何かを始めるにはちょうどいい時でしょう 
- イ・ソヨンの<モーゼスおばあさんの平凡な人生の幸せを描く>より -
* モーゼスおばあさんは
75歳から、絵を描き始めて101歳まで
たくさんの絵を描いたおばあさん画家です。たくさんの人が
人生を整理しようとするとき、毎日1点づつ絵を描き
初めて、人生の姿を絵で残しました。
人勢にあって、遅い時はありません
まさに今が、ちょうどよい
非常に素晴らしい時間です

翻訳が遅れてましてスイマセン。

最近運動の方にはまって、ついついお酒を飲んでそのまま寝てしまうという状況が続いてました(;^_^A

もっかい始めるのにちょうどいい時期だということで、2か月たまってますがぼちぼち訳していきたいと思います^^

DSCF2939

写真は去年見つけきれなかったレイジンソウ。

今年は見つけられました。トリカブトと同じ種類で猛毒です。

確かに由来の雅楽の伶人にそっくりですね。

奇麗で癒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

2017年07月17日~07月22日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年07月17日[美しさを美しく育てれば]
2017年07月18日[熱烈な恋]
2017年07月19日[地下の宝物]
2017年07月20日['老いた皮膚'は存在しない]
2017年07月21日[お金をなぜ稼ぐのか?]
2017年07月22日[この街に立ってみなさい]

気になった朝の手紙は・・・

자기 뜻대로 굴러갑니까?
가정을 갖는 일의 본질을,
어떤 집단 속에서 더불어 살아가는 일의 본질을
이해하라. 그런 것들이 자기 뜻대로 굴러가지
않으리라는 것을, 여러 가지 문제가 생길 것을
알아야 한다. 그런 문제들로부터 도피하려
들거나 문제들을 다른 것들로 바꾸려는
짓을 그만두라.
- 아잔 브람의《아잔브람 행복론》중에서 -
* 세상 일이
자기 뜻대로 굴러가면 오죽 좋겠습니까?
시도 때도 없이 문제가 생기고 상상조차 못했던 장애물에
주저앉곤 합니다. 뜻대로 굴러가기는커녕 굴러갈 길이
보이질 않습니다. 그러나 그것이 인생입니다.
아무리 몸부림쳐도 결코 피할 수 없으니
즐길 수밖에 없습니다. 즐기면
길이 보입니다.

自分の思いのままに事が進むか?
家庭を持つことの本質を
ある集団の中で、共に生きていくことの本質を
理解しなさい。そのようなことが、自分の思うまま事が進ま
ないということを、色々な問題が生じることを
分からなければならない。そんな問題から逃避しようと
したり、問題を他のことに変えようとする
ことをやめなさい
- アヤン・ブラームの<アヤン・ブラーム幸福論>より -
* 世の中のことが
自分の思いのまま、進むことがひたすらいいことでしょうか?
所かまわず問題が生じて、想像さえできなかった障害物に
座り込んだりします。意のままに、運ぶどころか、運ぶ道が
見えなくなります。しかし、それが人生です
いくらあがいても、決して避けることができないから
楽しむしかありません。楽しめば 
道が見えます。

うんうん。そうですねぇ

うまくいかなかったなー

と思ってたら意外とそれがいい結果を生んだりましますよね。

あんまり一喜一憂せず、粛々と仕事をこなしていきたいです。

マツムシソウ

山で見つけたマツムシソウ。

暑いですけど、着実に秋が近づいているんですね。

気分転換しながら、来週も頑張っていきたいとおもいます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

2017年07月10日~07月15日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年07月10日[美しさを美しく育てれば]
2017年07月11日[熱烈な恋]
2017年07月12日[地下の宝物]
2017年07月13日['老いた皮膚'は存在しない]
2017年07月14日[お金をなぜ稼ぐのか?]
2017年07月15日[この街に立ってみなさい]

気になった朝の手紙は・・・

돈은 왜 벌까?
-돈을 왜 벌까?
  하고 친구에게 물으니
-밥 안 먹고 싶나?
  한다.
그래. 살면서 내 밥값은 해야지.
- 엄지사진관의《수고했어, 오늘도》중에서 -
* 그렇지요.
밥을 먹고 살려면 돈을 벌어야 합니다.
그러나 밥을 먹기 위해서만 돈을 버는 것은 아닙니다.
'밥값'을 넘어 더 의미있고 더 아름다운 일을 위해,
낙엽처럼 태우기 위해 돈을 법니다.

お金をなぜ稼ぐのか?
-お金をなぜ稼ぐのか?
  と友人が聞くので
-ご飯を食べたくないのか?
と言った。
そう。生きながら食うくらいはしないと
- 親指写真館の<お疲れ、今日も>より -
* そうです
ご飯を食べて生ようとすれば、お金を稼がなければなりません
しかし、ご飯を食べるだけに金を稼いでいるのではありません
'食べるくらい'を超えて、さらに意味があって、さらに美しいことのために
落葉のように燃やすために金を稼ぎます

そうですね。

そういえば、いろいろ考えすぎてなんのために働いているのか

わからなくなっていました。

私もシンプルに、ご飯食べれるくらいは頑張っていきたいと思います^^

稲庭うどん

先日食べた稲庭うどん。最高でした^^

おいしいものを長く食べるため、

ちょっとジョギングして健康を維持しつつ

お金を稼いでいきたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

2017年07月03日~07月08日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年07月03日[どのように休むかが重要です]
2017年07月04日[金メダル選手たちが、等しくいう言葉]
2017年07月05日[助けを超越するとき]
2017年07月06日[毒素排出と黄金便]
2017年07月07日['私も大人になったな']
2017年07月08日[少しづつ]

気になった朝の手紙は・・・

야금야금
당장 잘하겠다고 생각하지 말고
지금 할 수 있는 만큼만 하겠다고
결심하는 게 중요합니다. 그렇게
야금야금 하면 지치지 않고
오래 즐기며 할 수 있게
됩니다.
- 이근후의《나는 죽을 때까지 재미있게 살고 싶다》중에서 -
* 잘하고 싶은 욕심과는 다르게
내가 원하는 만큼의 성과가 나오지 않아,
속상할 때가 있습니다. 좌절감이 몰려오기도 합니다.
하지만, 지금 내가 있는 곳에서 할 수 있는 만큼
열심히 하고, 포기하지 않고 야금야금 해나간다면,
언젠가는 이 야금야금이 쌓이고 쌓여
달콤한 열매를 맺을 것입니다.

少しづつ
すぐによくしようと、考えず
今できる分だけしようという
決心するのが重要です。そう
少しづつすれば、くたびれず
長く楽しみながらできるように
なります
- イ・グヌの<私は死ぬまで、楽しくいきたい>より -
* よくしたい、欲とは違う
私が望むほどの成果が出ず
気に障るときがあります。挫折感が、押し寄せたりもします
しかし、今私がいるところで、出来るだけ
熱心にして、放棄せず、少しづつやっていけば
いつかは、その少しづつが積もり積もって
甘い実を結ぶのです

実は4月から、新しい仕事を担当するようになりました。

なかなか慣れず、うまくいかないことも多く、

正直、自暴自棄になりかけてましたが。。。

この朝の手紙にすくわれました。

確かに一歩一歩は進んでるので良しとしたいと思いますw

今日の写真は、ナンバンキセル。

去年からみたい見たいと思っていたナンバンキセルに今年は会えましたww

ナンバンキセル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

2017年06月26日~07月01日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月26日[霊的休息]
2017年06月27日[6月、君の思い]
2017年06月28日[アイデアの力]
2017年06月29日[争い]
2017年06月30日[ダイヤモンドの畑]
2017年07月01日[夢見る勇気]

気になった朝の手紙は・・・

바꾸는 용기
철학자: 있는 그대로의
           '이런 나'를 받아들이는 것.
           그리고 바꿀 수 있는 것은 바꾸는 '용기'를 낸다.
           그것이 자기 수용이야.
청년: 음,그러고 보니 
        전에 커트 보네거트라는 작가가
        이와 비슷한 말을 인용했더라고요.
       "신이여, 바라옵건대 제게 바꾸지 못하는 일을 
        받아들이는 차분함과 바꿀 수 있는 일을 바꾸는 용기와
        그 차이를 늘 구분하는 지혜를 주옵소서"라고요.
- 기시미 이치로의《미움받을 용기》중에서 -
* 불안하고 급변하는 세상속에서
무언가에 쫓기듯 정신없이 살아갑니다.
때론 허황된 기대와 현실 사이에 좌절도 하고
중심을 잃고 흔들리기도 하지요. 그래도 저에게
차분함과 용기와 지혜만 있다면 이 험한 세상
잘 헤쳐 나갈 수 있을 것 같아요.

夢見る勇気
哲学者:あるがままの
'この私'を受け入れること
そして変えられることは変える'勇気'を出す
それが自己受容だ
青年:そういえば
前にカート・ヴォネガットという作家が
それと同じ言葉を引用していました
"神よ、願わくは自分が変えられないことを
受け入れる冷静さと、変えることができることを変える勇気と
その違いをいつも区別する知恵をください"と
- 岸見一郎の<嫌われる勇気>より -
* 不安で、急変する世の中で
何かに追われるように、夢中に生きていきます
時には荒唐無稽な期待と、現実の間に挫折して
中心を失い、揺られるでしょう。それでも私に
沈着さと勇気と知恵だけあれば、その険しい世の中に
ちゃん乗り切れるでしょう。

7月が終わりそうなのにやっと7月分に入りました(-_-;)

ちょっと、バタバタで遅れ気味ですが、コツコツと続けていきたいと思います。

変えられないことに未練もあったりしますが、なるべく未練を薄めて

私も変えられることに、集中していきたいと思います。

シギンカラマツ

休日の山登りで、大変希少なシギンカラマツを見つけました。

暑いですけれども、こういう花に出会うとめちゃ嬉しいですね。

しばらくして見に来たら、ほかの花が咲いてるかなと

楽しませてもらってます。

来週も頑張ろうと力をもらえます。

体力づくり、お花の鑑賞とまさに一石二鳥w

そして何といってもお酒がおいしいです。

ま、体重は以前として減らないですがw

楽しんで過ごしていきたいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017夏オニユリが咲きました