2017年8月17日 (木)

2017年07月03日~07月08日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年07月03日[どのように休むかが重要です]
2017年07月04日[金メダル選手たちが、等しくいう言葉]
2017年07月05日[助けを超越するとき]
2017年07月06日[毒素排出と黄金便]
2017年07月07日['私も大人になったな']
2017年07月08日[少しづつ]

気になった朝の手紙は・・・

야금야금
당장 잘하겠다고 생각하지 말고
지금 할 수 있는 만큼만 하겠다고
결심하는 게 중요합니다. 그렇게
야금야금 하면 지치지 않고
오래 즐기며 할 수 있게
됩니다.
- 이근후의《나는 죽을 때까지 재미있게 살고 싶다》중에서 -
* 잘하고 싶은 욕심과는 다르게
내가 원하는 만큼의 성과가 나오지 않아,
속상할 때가 있습니다. 좌절감이 몰려오기도 합니다.
하지만, 지금 내가 있는 곳에서 할 수 있는 만큼
열심히 하고, 포기하지 않고 야금야금 해나간다면,
언젠가는 이 야금야금이 쌓이고 쌓여
달콤한 열매를 맺을 것입니다.

少しづつ
すぐによくしようと、考えず
今できる分だけしようという
決心するのが重要です。そう
少しづつすれば、くたびれず
長く楽しみながらできるように
なります
- イ・グヌの<私は死ぬまで、楽しくいきたい>より -
* よくしたい、欲とは違う
私が望むほどの成果が出ず
気に障るときがあります。挫折感が、押し寄せたりもします
しかし、今私がいるところで、出来るだけ
熱心にして、放棄せず、少しづつやっていけば
いつかは、その少しづつが積もり積もって
甘い実を結ぶのです

実は4月から、新しい仕事を担当するようになりました。

なかなか慣れず、うまくいかないことも多く、

正直、自暴自棄になりかけてましたが。。。

この朝の手紙にすくわれました。

確かに一歩一歩は進んでるので良しとしたいと思いますw

今日の写真は、ナンバンキセル。

去年からみたい見たいと思っていたナンバンキセルに今年は会えましたww

ナンバンキセル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

2017年06月26日~07月01日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月26日[霊的休息]
2017年06月27日[6月、君の思い]
2017年06月28日[アイデアの力]
2017年06月29日[争い]
2017年06月30日[ダイヤモンドの畑]
2017年07月01日[夢見る勇気]

気になった朝の手紙は・・・

바꾸는 용기
철학자: 있는 그대로의
           '이런 나'를 받아들이는 것.
           그리고 바꿀 수 있는 것은 바꾸는 '용기'를 낸다.
           그것이 자기 수용이야.
청년: 음,그러고 보니 
        전에 커트 보네거트라는 작가가
        이와 비슷한 말을 인용했더라고요.
       "신이여, 바라옵건대 제게 바꾸지 못하는 일을 
        받아들이는 차분함과 바꿀 수 있는 일을 바꾸는 용기와
        그 차이를 늘 구분하는 지혜를 주옵소서"라고요.
- 기시미 이치로의《미움받을 용기》중에서 -
* 불안하고 급변하는 세상속에서
무언가에 쫓기듯 정신없이 살아갑니다.
때론 허황된 기대와 현실 사이에 좌절도 하고
중심을 잃고 흔들리기도 하지요. 그래도 저에게
차분함과 용기와 지혜만 있다면 이 험한 세상
잘 헤쳐 나갈 수 있을 것 같아요.

夢見る勇気
哲学者:あるがままの
'この私'を受け入れること
そして変えられることは変える'勇気'を出す
それが自己受容だ
青年:そういえば
前にカート・ヴォネガットという作家が
それと同じ言葉を引用していました
"神よ、願わくは自分が変えられないことを
受け入れる冷静さと、変えることができることを変える勇気と
その違いをいつも区別する知恵をください"と
- 岸見一郎の<嫌われる勇気>より -
* 不安で、急変する世の中で
何かに追われるように、夢中に生きていきます
時には荒唐無稽な期待と、現実の間に挫折して
中心を失い、揺られるでしょう。それでも私に
沈着さと勇気と知恵だけあれば、その険しい世の中に
ちゃん乗り切れるでしょう。

7月が終わりそうなのにやっと7月分に入りました(-_-;)

ちょっと、バタバタで遅れ気味ですが、コツコツと続けていきたいと思います。

変えられないことに未練もあったりしますが、なるべく未練を薄めて

私も変えられることに、集中していきたいと思います。

シギンカラマツ

休日の山登りで、大変希少なシギンカラマツを見つけました。

暑いですけれども、こういう花に出会うとめちゃ嬉しいですね。

しばらくして見に来たら、ほかの花が咲いてるかなと

楽しませてもらってます。

来週も頑張ろうと力をもらえます。

体力づくり、お花の鑑賞とまさに一石二鳥w

そして何といってもお酒がおいしいです。

ま、体重は以前として減らないですがw

楽しんで過ごしていきたいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

2017夏オニユリが咲きました

オニユリ

オニユリは韓国語で、참나리。나리はリリーの意味なんですね。

そして漢字では、百合。韓国語も同じように백합という呼び方もあるみたいです。

それにしても暑い!九州には完全に夏が来ました!

派手なオニユリを見ると、南国のような暑さも感じます

今年は、水分ばかりじゃなく塩分も補給して暑さに上手に付き合いたいです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

2017年06月19日~06月24日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月19日[ヴィノバ・バーヴェ]
2017年06月20日[輝く悟りの光]
2017年06月21日[氷のない世の中]
2017年06月22日[ちょっとまどろんだら…]
2017年06月23日[無報酬]
2017年06月24日[愛は望まない]

気になった朝の手紙は・・・

사랑은 바라지 않는다
사랑을 하면 부드럽게 속삭인다.
두 가슴의 거리가 매우 가깝다고 느끼기 때문이다.
그래서 서로에게 큰소리로 외칠 필요가 없는 것이다.
사랑이 깊어지면 두 가슴의 거리가 사라져서 아무 말이
필요 없는 순간이 찾아온다. 두 영혼이 완전히
하나가 되기 때문이다. 그때는 서로를
바라보는 것만으로도 충분하다.
- 류시화의《새는 날아가면서 뒤돌아보지 않는다》중에서 -
* 사랑이 멀어진다고 느껴지면,
계속 원하고 바라게 됩니다. 사랑이 가깝다면,
말이 필요 없게 됩니다. 바라봅니다.
손을 잡습니다. 살며시 입맞춥니다.
더 이상 바랄 것이 없습니다.
마음이 하나가 됩니다.

愛は望まない
愛すれば、柔らかくささやく
二人の胸の距離が、とても近く感じるからだ
だから、お互いに大きな声で叫ぶ必要がないのだ
愛が深くなれば、二人の胸の距離がなくなって、何も言う
必要がない瞬間が訪れる。二人の魂が完全に
一つになるからだ。その時お互いを
眺めることだけでも十分だ
- リュ・シファの<鳥は飛び立ちながら振り返らない>より -
* 愛が遠のいたと感じれば
続けて望めばよいです。愛が近くなれば
言葉が必要ではなくなります。眺めて見ます。
手をつかみます。そっと、口を合わせます
これ以上望むことはありません。
心が一つになります

まだまだ手紙がたまって申し訳ございません(^^;)

ちょうどこのツイッターを見かけた後でしたので、心に響きました。

執着は愛じゃないですよね。そう思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

2017年06月12日~06月17日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月12日['どう'がさらに重要だ]
2017年06月13日[私の体をわかろう]
2017年06月14日['絵のよう]
2017年06月15日[創造作業]
2017年06月16日[魂の成長、魂の旅行]
2017年06月17日[夢がある妻は…]

気になった朝の手紙は・・・

내 몸을 알자
자신의 몸에 대해 아는 것은
자신을 사랑하는 일의 시작과 다르지 않습니다.
그리고 더욱이 그것은 사람을 표현하고,
사람들에게 희망과 깨달음을 안겨줄
의무를 지닌 예술가들에게는
필수적인 일이죠.
- 석정현의《석가의 해부학 노트》중에서 -
* 몸이 사람입니다.
몸이 없으면 사람이 아닙니다.
그 몸 안에 마음과 정신과 영혼이 깃들어 있고
그것을 공부하고 표현하는 것이 예술입니다.
몸 공부가 곧 예술 공부입니다.
내 몸을 제대로 아는 것이
그 시작입니다. 

私の体をわかろう
自分の体について知ることは
自分を愛することの始まりと変わりありません
そして、しかもそれは人を表現して
人々に希望と悟りを抱かせてくれる
義務を持った芸術家たちは
必須的なことでしょう
- ソク・ジョンヒョンの<釈迦の解剖学ノート>より -
* 体が人です
体がなければ人ではありません
その体の中に、心と精神と魂が宿っていて
それを学んで表現することが芸術です
体の勉強が、すなわち芸術の勉強です
私の体を、ちゃんとわかることが
その始まりです

今回から、PDFのみの公開とさせていただきます。^^;

先日は大雨が降ってホント慌てふためきましたが

本日は、スカッとはれ上がってすごい蒸し暑さでした(^^;)

若いころはあまりクーラーを入れず過ごしていましたが、

もう年齢的に無理。命の危険を感じます(^^;)

健全なる精神は健全なる身体に宿る

と言います。

お酒を控えて、これからも運動に励みたいと思います。

今週末は山に登っていっぱい汗をかこうかなww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

2017年梅雨桔梗が咲きました。

桔梗

今年は、真っ青な桔梗の花がみたいなーと思っていたら、

桔梗って意外と近くにあるんですね。

あちこち目に入ってきました。

しかもすごい強くて、庭植なら水はいらないし、

切って水につけておけば根っこが生えて来るらしいです。

そして桔梗は韓国語で도라지。

トラジと言えば、焼肉屋や飲み屋の名前になっていたりします。

桔梗の根はナムルとして食べたりもしますよね。

そういうことから、私は桔梗をみると、韓国を連想してしまいます。

ムクゲも私に韓国を連想させますがそうですが、

どちらも暑い中涼しく咲いてますねー

しかも、咲いて咲いて咲きまくります。そういうところも韓国を連想させます。

私も見習って、これから暑くなる夏を涼しくりりしく過ごしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

2017年06月05日~06月10日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月05日[モクレン1本、そして庭師]
2017年06月06日[ケネディーの名演説はどう誕生したか]
2017年06月07日[山参に対する態度]
2017年06月08日['芸術の母']
2017年06月09日[修行者の4つの段階]
2017年06月10日[苦痛の荷]

05月29日~06月03日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

고통의 짐
인생길에서는
한 치 앞의 장애물도 알아차리기가 어렵다.
곳곳을 가로막는 거대한 벽 앞에서 수없이 당황하고
혹은 좌절하며, 또 멈칫거리게 된다. 가난으로 겪는
어려움이나 재해에 의한 사건, 그리고 시시로
찾아오는 질병 등 그 수는 이루
헤아리기도 어렵다.
- 김선화의《포옹》중에서 -
* 사람이 살다보면
뜻하지 않는 일들이 앞길을 가로막는 경우가
허다합니다. 그것은 인간이 살아가는 한 겪어야 하는
하나의 과정이기도 합니다. 삶을 괴롭히는 수많은 사건과
고통, 역경을 이겨내는 방법은 강인한 정신과 인내,
믿음과 용기, 그리고 자신의 의지에 달렸습니다.
모든 힘은 자신으로부터 나옵니다.

苦痛の荷
人生の道では
一寸先の障害物も、気づくのが難しい
そこそこを塞ぐ、巨大な壁の前に数えきれず動揺して
時には挫折しながら、またたじろぐようになります。貧乏で経験した
難しさや、災害による事件、そしてしばしば
やってくる疾病など、その数は到底
測りがたい
- キム・ソナの<抱擁>より -
* 人が生きてみれば
思いがけないことが、前の道を塞ぐ場合が
あまたです。それは、人間が生きていく一つの経験しなければならない
一つの過程でもあります。人生を寂しくさせる数多くの時間と
苦痛、逆境に勝つ方法は、強靭な精神と忍耐
信頼と勇気、そして自分の意思にかかっています
全ての力は自分からでます

どうやったら困難やイライラに打ち勝てるだろうと思ってましたが、

考えても分からないことが、ジョギングのおかげでかなり軽減されてます(笑)

どうもジョギングをすると脳内麻薬が出るそうなので、

ドンドン長く走りたくなって、足が痛くてもやめられなくらしいです。

なので私は最近距離を抑えてゆっくり走っています。

蒸し暑い中で、汗をいっぱい出してお風呂に入れば

多少の困難は消えてなくなります(笑)

また明日頑張ろうって思えます。

突きつめても、答えが出ないことは忘れるに限ります(笑)

というわけで7月も走りますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

2017年05月29日~06月03日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年05月29日['日々新しく変わっただけだ']
2017年05月30日[新しい時代を開いていく人]
2017年05月31日[人生最初の軸]
2017年06月01日['ぼろ車がいってベンツが来る']
2017年06月02日[ただ一人だけいても]
2017年06月03日[人生はずっと工事中です]

05月29日~06月03日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

삶은 늘 공사 중입니다
이제 회사에 갓 들어간 신입,
이직을 준비하는 분들, 결혼생활을
시작하거나 이제 그만 함께 살고 싶은 분들,
새로운 도전을 하고자 하는 분들께
저는 말하고 싶습니다. 삶은
늘 공사 중이라고요.
- 김창옥의《당신은 아무 일 없던 사람보다 강합니다》중에서 -
* 일하는 곳이
나와 맞지 않는다고 너무 흔들리지 마세요.
지금 이곳이 아닌 다른곳이 더 나아 보일지라도
그곳 또한 공사 중일 겁니다. 완벽한 회사, 완벽한 사람은
없습니다. 삶이 보다 더 만족스럽고 완전해지기 위해서
우리는 늘 서로 보듬고 힘껏 안아주며
계속 다듬어 가야 합니다.

人生はずっと工事中です
現在、会社にたった今入った新人
離職を準備する方、結婚生活を
始めたり、もう一緒に暮らしたい方
新しい挑戦をしようとする方に
私は言いたいです。人生は
ずっと工事中だと
- キム・チャンオクの<あなたは何もなかった人より強いです>より -
* 職場が
私と合わないと、とても振られないでください
今この場所ではない、違う場所がよく見えても
そこもまた工事中です。完璧な会社、完璧な人は
ありません。人生がより満足で、完全にするために
我々はずっとお互い、力いっぱい抱いて
ずっと整えていかなければなりません。

小さいころ私の故郷は何もないって思ってました。

それで、東京に行ったりしたわけなのですが、

いろんな経験をしまして結局しっくりするのは故郷でした。

いまそんな故郷で、色んな自然がすぐ手が届くところにあることにとても感謝しています。

DSCF2414

こちらは、湿原で見つけたトキソウ。

絶滅危惧種でしたが、たくさん咲いていました。

DSCF2485-2

こちらは、近接種のヤマトキソウ。

こちらも絶滅危惧種。こちらは探して探して見つけました(笑)

今日も、山野草の控えめな感じに癒されておりますww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

長崎県雲仙市絹笠山から国見岳、妙見岳、平成新山を眺めました。

絹笠山からみた雲仙岳三峰

雲仙岳は、国見岳、妙見岳、普賢岳の三峰と野岳、九千部岳、矢岳、高岩山、絹笠山の五岳からなる山体の総称です。

そのうちの絹笠山に登りました。

山頂からは、雲仙岳の三峰とそのふもとに雲仙温泉街が広がっていました。

雲仙をこの方向から見たのは初めてでした。

明治時代は、箱根のように外国人の避暑地だったとか。

戦前、日本最初の国立公園に指定され、現在に至っています。

東北で、色々湯治場を巡ったのですが、こんな近くに湯治場があったなんて(苦笑)

引退したらしばらく暮らしたいです(笑)

ここから眺める、雲仙岳の三峰はとても素晴らしく、雲仙普賢岳もいつか登ってみたくなりました^^。

(人の多いところは苦手なんですけどw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

2017年05月22日~05月27日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年05月22日[生物と無生物]
2017年05月23日[隠れている鉱脈発見]
2017年05月24日['百聞は一見に如かず']
2017年05月25日[アーリーアダプター]
2017年05月26日[ちょっと遅れても大丈夫で、戻っても大丈夫]
2017年05月27日[体が痛い時]

05月22日~05月27日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

좀 늦어도 괜찮고 돌아가도 괜찮다
그러니 남보다
좀 늦어도 괜찮고 돌아가도 괜찮다.
삶이 너무 지치면 그런 것은 과감히 내려놔라.
그리고 내려놓았으면 미련 두지 마라. 그러나
희망은 절대 버리면 안 된다. 청춘이란
희망이 살아 있다는 것이다. 희망이 있는 한
꿈은 결국 이루어지게 되어 있다.
- 임관빈의《청춘들을 사랑한 장군》중에서 -
* 속도보다
방향이 더 중요합니다.
속도를 방해하는 실패와 시행착오는
젊은 시절, 청춘만이 갖는 위대한 특권입니다.
조금 늦게, 그리고 조금 돌아가는 과정에서
올바른 방향을 찾게 되고, 올바른 방향이
더 좋은 꿈을 낳게 합니다. 그것이
청춘의 희망입니다.

ちょっと遅れても大丈夫で、戻っても大丈夫
だから、他人より
ちょっと遅れても大丈夫で、戻っても大丈夫
人生がとてもくたびれたら、そんなことは思い切って降ろしてください
そして、降ろしたら未練を持たない。しかし
希望は絶対捨てたらいけない。青春とは
希望が生きているのだ。希望がある限り
夢は結局かなうようになっている
- イム・クワンビンの<青春を愛する将軍>より -
* 速度より
方向がさらに重要です
速度を妨害する失敗と試行錯誤は
若い時節、青春だけがもつ偉大な特権です
ちょっと遅く、そしてちょっと戻る過程で
正しい方向を探すようになり、正しい方向が
さらに良い夢を生みます。それが
青春の希望です

ふと朝のニュースで、ゲルニカ爆撃の体験者ルイス・イリオンドさんが言われていました。

「(ドイツの人たちが)ゲルニカに来るようになりました。戦争中はできなかったが、いまは手を広げて歓迎します。ともに平和の道を歩みましょう。」

小さいことから、戦争体験をたくさんお聞きしましたが、

このようなお話を聞いたのは初めてでした。

未来には希望があるというメッセージにとても心を打たれました。

変えられない過去には、なるべく未練をうすめて、

私も未来に目を向けてこれからの人生過ごしていきたいです^^。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年05月15日~05月20日の朝の手紙を翻訳しました。