« ハングリッシュ | トップページ | Rさんの悲劇 »

2005年9月30日 (金)

悲願のチムジルパンレポート

目標に入っていませんでしたが、前回レジョテルまで行ってジムジルパンに入りそこなった私。

しかし!!!

思わぬところで、めぐり合わせがありました。

それは。。。東莱の虚心庁(허심청ポシムチョン)

総合温泉施設とは聞いていましたが、チムジルパンがあるとは思っていませんでした。

温泉施設用の服を、入れておく籠に。。。

「チムジル服入れ」ってハングルで書いて有って

もしかしてジムジルパン有るの?

これは入るしかない!!!

って、早速そのチムジル服を着て、探し回ったら下の階にありました。

私は床屋に行ってたので、皆様は大理石の上ですでに伸びてました(笑)

大理石のねっころがるところの横に・・・・

70度台、50度台、-1度のチムジルパンがありました。

おおーーこれが夢にまで見たチムジルパン!!

チムジルパンとは、まー平たく言えば、韓国式低温サウナです。

普通のサウナと違うのは、服を着て、男女関係なく入れることですね。

それと、通常のサウナは、階段みたいになってて、そこにそれぞれ素っ裸で座る感じですが・・

チムジルパンの場合は、床が平らです。基本スタイルは仰向けに寝ます。

ござみたいなのが敷いてあって、床からもぽっかぽかで、すんごく気持ち良いです。

サウナのように強烈な熱さではないので、サウナが苦手でも、チムジルパンならokっていうひともいるんじゃないでしょうか。

まずは50度に入りました。。。

早速寝ます。うわーー背中がぽっかぽかです。きむちエー(*°ρ°)

普通のサウナみたいに、息苦しい感じはまったくありません。。

うみょーーーーV(○⌒∇⌒○)

うとうとして寝てまいました。

15分くらいかと思いますが、汗だくだくです。

すると今度は、-1度のチムジルパンへ行きますw

そこはさすがに、いすみたいになってます。

壁になぜか水晶が埋め込んでありますw

おおおおおー意外と寒くないです。

見る見るうちに汗が引いていきいます。

寒くなって来ました・・するとまた温かいチムジルパンへ行く・・・

って言うのを何回も繰り返すのが良いそうですね。

70度台も入りましたけど・・・いいっすわー最高!

個人的には50度台が好きですね。

ねころばって、そのまま寝ちゃうってのが最高の贅沢です。

サウナより断然惚れました。사랑해요

実はこの後3日目に、ナンポチムジルパンにも行きました

プサンナビには昼間7000wってかいて有りましたが、6000wでした。

ここは、お風呂と、温かいチムジルパン、冷たいチムジルパン、とシンプルでしたが・・・

なんといっても、いいのが、地上10階で釜山港が見渡せることです!

ええ眺めジャー。
DSCI0061

慶州には行かなくて、美しい海を見れないかと思ってましたけど・・・・この眺めは最高でした。

せっかく目いっぱい汗出したのに、ビールを飲みたい気持ちになりました。

が・・抑えましたw

チムジルパン最高です! 日本にも欲しい!!!

以上渾身のレポートでした(笑)

=========================
韓国語の勉強時間 合計【 126.5 】時間 
△0.5 NHK講座を久しぶりに聞きましたw
今日のモチベーション【 63 】% △3なんかやる気が沸いて来てますw

|

« ハングリッシュ | トップページ | Rさんの悲劇 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まろさ~ん。念願のチムジルパンデビューおめでとうございます。
我が事のように嬉しいですよ(T-T )( T-T) ウルウル
虚心庁にナンポチムジルパンなんて。。うらやましいですね~。私もサウナは高温すぎてダメなのですが、チムジルパンは大好きです。
日本にも韓国みたいなチムジルパンが出来ればいいのに~。日本の岩盤浴はエステ感覚だし、お風呂もないので大衆向けではないように思います。
残念だな~。

投稿: juna | 2005年9月30日 (金) 21:51

■junaさま
ありがとうございます~
本当に嬉しいです。w(:_;)w
私もサウナは結構無理して入るんですが、チムジルパンは素直に入れます(笑)
本当に日本にも欲しいですよ~
私にお金が商売始めたいくらいです(笑)

投稿: 管理人 | 2005年10月 1日 (土) 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13795/6188812

この記事へのトラックバック一覧です: 悲願のチムジルパンレポート:

« ハングリッシュ | トップページ | Rさんの悲劇 »