« 韓国人最大級のお土産それは「高麗人参」 | トップページ | 心が温まるはなし »

2006年11月25日 (土)

高麗人参をちょっと調べてみました。

気になったので、ちょっと調べて見ました。


onmousedown=
"return clk('http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3','','','res','8','')"
href=
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3"
target="_blank">オタネニンジン -
Wikipedia
より


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

根を天日で乾燥させたものを白参(はくじん、ペクサム、백삼)、湯通ししてから乾燥させたものを紅参(こうじん、ホンサム、홍삼)
ということもある。なお、日本薬局方においては、根を蒸したものを紅参としている。他に、
濃い砂糖水に漬け込んでから乾燥させる糖参もあり、白参に分類される。


江戸時代には大変に高価な生薬で、庶民には高嶺の花だった。このため、分不相応なほど高額な治療を受けることを戒める
「人参飲んで首括る」のことわざも生まれた。


韓国では煎じたものを人参茶(高麗人参茶)として飲用したり、サムゲタンなどの料理にも利用するほか、乾燥させる前の「水参」
(スサム、수삼)をスライスして蜂蜜につけて食べたりもする。



なるほど。。。いただいたのは紅参なわけですね。


ネットで、「紅蔘眞」を検索していたら、こんな写真を発見しました。


height="245"
alt="gsginseng_209"
src=
"http://kazumaro.cocolog-nifty.com/corean//media/img_20061125T135319390.jpg"
width="300" class="emoji"/> 

よく見ると「紅蔘天果」って書いてあります。どうやら商品名みたいだな。。。って再検索すると。


target="_blank">ネット販売のページを発見しました。
(表示→エンコード→韓国語を選ばないと韓国語が多分見えないと思います。)


そこには、


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

홍삼정과(紅蔘正果) 골드 B 450g/70,000원

고려홍삼진과(紅蔘眞果) 골드 450g/65,000원

고려홍삼천과(紅蔘天果) 골드450g/65,000원



正果、真果、天果ってあるみたいですね。これがどういう区別なのかは。。。


成分含量を見ると


「正果がほぼ蜂蜜のみでつけたもの」


「紅蔘眞果が蜂蜜と砂糖でつけたもの」


「紅蔘天果は、蜂蜜砂糖のほかに、冬虫夏草などが入った混合濃縮液につかってるもの」


ぽいですね。(でも前回の訳の中には混合濃縮液なんてなかったような・・・)


ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてくださいm(__)m


|

« 韓国人最大級のお土産それは「高麗人参」 | トップページ | 心が温まるはなし »

韓国語@学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高麗人参をちょっと調べてみました。:

« 韓国人最大級のお土産それは「高麗人参」 | トップページ | 心が温まるはなし »