« 韓国朱蒙ツアー記1日目その2~KTXで光州を目指す!~ | トップページ | 韓国朱蒙ツアー記1日目その3~光州の夜に繰り出す~ »

2007年11月29日 (木)

韓国朱蒙ツアー記~番外編~

今回の旅では、韓国語と日本語はとても似ているんですが

ニュアンスが違うなーってとても感じました。

たとえばアシアナ航空の空港に到着してからの機内放送ですが

(便宜上日本語で)

韓「本日の登場ありがとうございました、アンニョンヒガシプシオ」

をそのまま、韓国語のアナウンスに続けて、日本語アナウンスで

日「本日の登場ありがとうございました。さようなら」

って言ってたんですけど、そのまま訳すととってもさびしい気になりません?

日本語だったら

日「本日の登場ありがとうございました。またのご搭乗をお待ちしております。」

って感じが、自然に聞こえますよね。
(H19.12.1修正しました。館内の日本語アナウンスで「さようなら」って言われたんですが、その部分が明確ではありませんでしたので修正しました。)

トイレの注意書きも、日本では大体「いつもきれいにお使いいただき、ありがとうございます」ってかいてありますけど

韓国では「あなたの心がけが、トイレをきれいにします」みたいに書いてあったりします。

ドラマを見てても字幕が「韓国語本来のニュアンスを尊重派」の場合と

「自然な日本語に置き換える派」があるような気がします。

ま、どちらでも楽しめるんですけどね(苦笑)

・・・・

たとえばですが、以前韓国人ガイドさんと話したときなんですが、

私「ロッテ免税店行かずに、百貨店行きたいんですが」

ガイド「だめです。」

私「は?」

ガイド「10時半から開店です。(まだ9時でした)」

韓国の方は、最初にきっちり、はっきりさせますよね。

でも日本人のときはきっとこうだと思います。

私「ロッテ免税店行かずに、百貨店行きたいんですが」

ガイド「開店は10時半からなんですよ・・すいませんけど、まだ・・・」

こういう、あたりを避けるような、しとやかな方は

あまりないなかったような気がしますね。(実感的なもので正確な数字ではありません)

そういうところに逆に韓国の男性が、日本人女性に引かれるのかもしれませんね。

と、ちょっと話題がずれちゃいましたけど、

ニュアンスの違いは、言語が似てるだけにちょっと難しいなぁと感じた旅でした。

|

« 韓国朱蒙ツアー記1日目その2~KTXで光州を目指す!~ | トップページ | 韓国朱蒙ツアー記1日目その3~光州の夜に繰り出す~ »

韓国旅行@2007韓国旅行記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

日「本日の登場ありがとうございました。さようなら」
と、訳すとそれは寂しいですよ~(^_^;)

でもこの場合はそうではないですね。
元々、「アンニョンヒガシプシオ」は「安寧にお行きください」という意味なので、日本語の「さようなら」よりもよほど心がこもった表現だと思います。

トイレの表示も日本のは誰が誰にへりくだっているのか、なんか違和感のある表現で・・・韓国式の方が好きです。

投稿: rin | 2007年11月29日 (木) 22:52

■rinさま
投稿ありがとうございます。

>と、訳すとそれは寂しいですよ~(^_^;)

本文に言葉足らずの部分がありました。申し訳ありません。
アナウンスで「さよなら」って言われたんですよ。

確かに日本語の場合気を使いすぎてるんじゃないの?見たいなのありますよねーー

投稿: まろ | 2007年12月 1日 (土) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13795/17225813

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国朱蒙ツアー記~番外編~:

« 韓国朱蒙ツアー記1日目その2~KTXで光州を目指す!~ | トップページ | 韓国朱蒙ツアー記1日目その3~光州の夜に繰り出す~ »