2007年9月 9日 (日)

エピローグ:ホームステイの反省会におよばれしました。

先週末は、いろいろ遭って落ち込んでいたんですけれども、

反省会に呼んでいただいて、だいぶ浄化??していただきました。

そうそう、ホームステイに参加しつつも、ばたばたして聞きそこなった

疑問があったんです。それを聞いてみました。

「今までも、ホームステイを受け入れられてて、今年からなぜ韓国語がわかる人がたくさん必要になったんでしょう?」

という疑問です。その答えはこうでした。

去年までは、泊まりだけ各家庭で、日中はいっしょに行動していたので韓国語がわかる人がそんなに必要なかったらしいんですが

今年は、各家庭で自由行動ということもあって韓国語がわかる方がたくさん必要だったということでした。

それと

ホームステイさきに、プロの通訳を配置することも考えたそうなんですが、そうするととてもお金かかっちゃうし、 それなりの待遇もしなきゃいけない。

それでは、アットホームな雰囲気になりにくいので、ボランティアに近い形でやっていただける人が必要だったって言うことでした。

なるほどですね。

韓国語が趣味だったのでこういう出会いがあったんですね。

本業だったら、たしかにボランティアというわけには行かないですよね(苦笑)

こういういい出会いを糧にしてさらに精進していきたいです。

アジャ!アジャ!ファイティン!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

ホームステイのお手伝い2日目その4<最終回>

最近どうも忘れポイうえ、よく単語を混同することが多くて・・・年のせいかな・・

記憶も曖昧になってきていますので、セリフは日本語の部分もありますが、ご了承ください。

・・・・・

県立宇宙博物館の近くに行きましたが・・・その近くの池に浮いてるスワンボートをみて

急に「乗りたい乗りたい」と女の子たちが騒ぎ出して、乗ることになりました。

しかし・・・ものの15分足らずで

女の子「아저씨~너무 더워요(おじさん~とても暑いよー)」

いわんこっちゃない。救命胴衣てあついんですよ意外と。

さすがにスワンボートの上で辞書開いて池に落っこちたら、一生後悔しそうなのでその場ではで確認しませんでしたが。。。

次回までに「참아라(我慢しろ)」という単語を覚えておこうと固く誓いました(笑)

スワンボートにのったあと、近くの公園で遊んでいたら、時間的にいい時間になったのでおうちに帰ることになりました。

夜はホストの事務局長宅で、3家族のホストと生徒とその先生(韓国人女性)たちも来てバーベキューということでした。

子供たちは嵐のように、食事をむさぼったかと思ったらクーラーの効いたお部屋に帰りお話をしだしました。

最初のほうは、あんまり先生たちと会話できなかったんですが、私も含めてビールもいただいて、

暑い外気のおかげでオイシさ倍増で、飲んでいるうちに、私も先生方もホストの方も口が滑らかになってきました。

先生方は、慶尚南道で釜山の近くの方で40台の女性で、すごくよくしゃべる方が2人いらっしゃって、

機関銃のようにしゃべられるのを、なんとか部分部分だけ訳して橋渡しをしました。

ホストの方「恐竜公園にいったんだけど、海が満潮で足跡が見えなかったんです。」

先生「それはとても残念です!とても足跡すごいんですよ!来るときはぜひ教えてください、私が絶対見せてあげます。」

ホストの方「先生たちはどこに住んでいるんですか?」

先生「この人はチネ、この人はヘウンデ、私はチャンウオン」

ホストの方「ヘウンデ?ヘウンデのホテル(名前忘れました)に泊まったよ。そのホテルの前の屋台の貝がうまかった。 忘れられないんです。」

先生「は?そのホテルの前のビルに住んでます。今度は私の家にホームステイしてください。いっぱい貝をご馳走しますよ。ハハハハハハ」

私「チネって”サクラ(日本語)”あ、サクラってなんだっけ」

先生「そうそう”サクラ””サクラ”とても美しいよ!行ったことあるのかい?」

私「いえ、まだなんです。」

先生「行くときは必ず、あの先生に連絡しなさいよ。よ~く案内してくれます。」

私「分かりました(*`▽´*)」

ホストの方「実は、先月釜山にいったんだよね。」

先生「え?そうなんですか。なぜ連絡しなかったんですか!」

ホストの方「(ちょっと恐縮されて)仕事だから、身動きが取れませんでした。すいません。

先生「謝ることありません。仕事なら仕方ありません。でも、ココにいらっしゃる皆さんはいつでも大歓迎ですよ!」

ホストの方「本日は会長が不在で・・・・申し訳ありません。」

先生「そんなことありません。あなたさえいれば大丈夫ですよ。」

ココで(爆笑)が起きました。今でもこの瞬間が忘れられません。

なんというか、韓国語冥利に尽きるというか・・・お手伝いしてよかったな~ておもいました。

ここで、私の疑問をぶつけて見ました。

噂では韓国で有名な化粧品は”資生堂”らしいのですが・・・・

私「お土産は何を買いましたか?」

先生「資生堂の化粧品をたくさん買いました。私の分、お土産の分。しわが消えて、つるつるになるんですよ!すごいんです。 知りませんか?」

私「私は男なので・・・カネボウはどうですか?」

先生「カネボウはファンデーション。ファンデーション!とてもなじむんです(身振り手振りを交えて)。 カネボウのファンデーションはたくさん買いましたよ。」

噂は本当だったんですね。(笑)

あ、ひとつだけ失敗したことがありました。

先生「私は、もう10年以上ボランティアで聖歌を教えているんですよ!」

って言われたので私は「信じられない!すごい!」って言うつもりで

「믿을 수 없어요」っていってしまったんです。

すると先生の顔が曇られたので、一瞬どもってしまい、そのあとの言葉がいえませんでした。

このあとちょっとむっとした先生は、「こんなことした、あんなことした」っていっぱい言われてしまい。。。「しまった」 って思いました。

なれない韓国語で冗談を言うのはいけないですね。肝に銘じます。

先生たちと話しているうちに

「話したもんがちですよ」

って、言われたことを思い出しました。こういうことだったのかと感じました。

出会いがあって、それが縁でまた出会い輪が広がっていく、

でも、その最初のきっかけは話すことなんですよね。

でも、私の場合お酒飲んで心が広くならないとちょっと無理かも(笑)。

普段からちょっとだけ心を広くするように心がけようと思いました。

とても楽しい、ホームステイのお手伝いでした。携われて本当に良かったです。

<おわり>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

ホームステイのお手伝い2日目その3<移動中の車の中で質問攻め>

移動中の車の中で…「ミッチゲンネ」の女の子にすごい質問攻めに会いました。

女の子「그런데, 아저씨 몇 살이에요?(ところで、おじさんいくつなの?)」

このあとよく聞こえなかったんですけど、

多分「正直に言いなさい、うそついても分るんだから」見たいな事をいわれました。

私「한국식은 잘 모르겠는데...기준이 달라니까(韓国式はよく分らないんだけど、基準違うから)」

こういうと彼女は、私がごまかしたと思ったんでしょうね。

女の子「구래도요!(そうだとしても!(年を言いなさい))」

そういわれてもなぁ本当に自信が無いんだけど、というわけで

私「73년생에요(73年生まれだけど)」

って言うと・・・

女の子「아!!진짜 미치겠네!제가 계산 힘들잖아요!직접 말해 봐(あーホント狂いそう、私が計算面倒じゃない! 直接言ってみてよ!」

このお嬢ちゃんと来たら!そんな言い方無いと思うんだけどな・・・

私「일본은 33살(日本では33歳)」

女の子「한국은?(韓国では?)」

私「아마35살(多分35歳)」

このあと「35歳?ふーん?髪の毛短いからもっと若く見えるよ」見たいに言われてたような気がしますが・・・

<続いて質問攻撃その2>

窓の外にスターバックスのロゴが見えた時の話ですが

女の子「Starbucks다! 왜 여기 있어요?(スターバックスだ、どうしてここにあるの?)」

_| ̄|○そんなこと知らないよ。

私「한국도 있잖아요 (韓国にもあるじゃない)」

女の子「한국은 없어요..(韓国にないよ)」

私「한국도 있어요!(韓国にあるよ)」

のあとしばらく

없어요..있어요!없어요..있어요!(あるよ、ないよ)。。。

と何回かいい合いをしたところで、

女の子「거짓말! 어디에 있어요(うそつき!どこにあるのよ)

この言葉で、大人気ないことに気づきました。(;^ω^A

私「서을 경복궁 근처에있어요.(ソウルのキョンボックンの近くにあるよ。)」

女の子「・・・・대도시 잖아요.그런데도 왜?(大都市じゃない、こんなところになぜ?)」

ううむ。

彼女は、どうやら、こちらより都会な彼女の街になくて、こんな田舎町にスターバックスが進出してるのが不思議なんですね。  

私「사람이 많이 오기 때문에 아니야?(人が多いからじゃないの?)」

女の子「왜 많이....(なぜ多い)」

って言ったところで、女の子が笑い出しました。助けてくれたんでしょう(笑)

なぜなぜって言うのは、万国共通なんですね。

・・・そんなコンナしながら、ずっと話をしていたところ、こんなこともありました。

<続いて質問攻撃その3>

女の子が、ばばばばー!って早口でしゃべった時聞き取れた単語は、오뎅 (おでん)우동(うどん)そしてセジェ。

セジェってなんかな?って思って電子辞書を貸すと、彼女は세제って入力。

洗剤???

おでん、うどんに洗剤が何の関係が_| ̄|○「わかんないわかんない」よ

もしかして電子辞書の入力ミス??って??悩んでると。。。 今度は

비누(石鹸)

って打ってくれました。

はあ??やっぱり洗剤は洗剤なのか・・・??ってかおをしていたら

「아!! 미치겠네!(あー狂いそう)」ていいながらもう一度言ってくれました。

そうの内容はというと、(韓国語でなんと言われたかははっきり覚えてないんですが)

「去年、日本のうどん食べたけど洗剤見たいな味がしてまずかった」

って言ってるようでした。うどんを洗剤と例えるなんて・・・

せめて食べ物は食べ物で例えてよ。_| ̄|○

大人だったら、たとえば「山に登って」って言う会話の次は

「きれいだ」「雨が降った」「雲がなく晴れ渡ってた」とか

最初の「山」っていう単語から関連した単語が次には必ず出てくるので、頭の中で受け入れやすいんですけど、

子供は違いますね。発想が自由です。

そんな感じで振り回されながら宇宙科学間の近くまでやってきました。

<つづく!!>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

ホームステイのお手伝い2日目その2<ショッピングへ>

ショッピングセンターにいくと「백엔숍(ペゲンショプ)」って言うのできっと100円ショップかな? って思って連れて行いったら

どどどーって女の子たちは、入って行きました。

ホストの方「そういえば、前回先生を100円ショップに連れて行ったら、外税なのをどうしても理解してくれなくてですね・・・」

私「あ、本当は105円やけんですね・・・」

たしか法律が変わってすべて内税方式に変わったんですが、100円ショップだけ外税なんですよね。

まさかこんなところで、それが問題になるとは…

一応聞いておこうかな

私「작년 백엔숍 왔어?(去年、100円ショップ来た?)」

女の子「네 그러니까 다 알았어요(はい、だから分かってるよ)」

ドタドタと走っていってしまいました。 ̄\(-_-)/ ̄

私「ちょちょちょちょ・・・・!チャンカン!」

ま、いいか。先生みたいにレジでごねたりはしないでしょうと思ってはいたんですが、 心配でレジ付いていくとでちょっとびっくりはしてたんですが素直にお金を払ってて一安心。

このあと女の子用のグッズショップ(髪飾り、ネックレス、指輪などなど)に行ったところ

すりすりと「テッソヨ」の女の子が擦り寄ってきました。

女の子「아저씨~ 사줘요(おじさん~ 買ってよぉ)」

どこから、そんな声を・・こういうときだけおねだりなのね。

見てみると、青い真珠みたいな丸いのが付いたピアスでしたが・・・540円。

買ってあげちゃいましたが・・・

私「그런데 귀는?(ところで、耳は?)」

女の子「뚫어졌어요(開けちゃったよ)」

私「え?진짜?(ほんとに?)」

というと見せてくれました。ほんとにピアスの穴が耳に開いてるよ。

小学校5年であけるんなんて・・・日本じゃありえないですよね?

そうこうしているうちにお昼。

お昼は「あんにょんのビビンバ」を食べることになりましたが・・・

あんにょんのビビンバ

あんにょんのビビンバは本場とはちょっと違うんですよね。

今度は「ミッチゲンネ」の女の子が聞いてきました。

女の子「왜 달걀 플라이가 없어요?(どうして玉子焼きがないの?)」

そうなんです。あんにょんのビビンバは自分で卵を割ってご飯に載せないといけないんです。

たぶんかき混ぜているうちに、自動的に玉子焼きになるからと思われますが・・・

私「여기 달걀이 있어요.일본식이니까...(ここに卵あるよ、日本式だから・・)

女の子「아저씨 왜 숟가락이 2개 있어요(おじさん!なぜスプーンが2つあるのよ?)

そうなのよ。それ私も前から思っていたのよ。

私「일본사람은 2개 없으면 비빌 수가 없어.(日本人は2つないと、混ぜられないの)

女の子「아저씨 할 수 있잖아요(おじさんは、できるじゃない。(ひとつで混ぜてるじゃない)」

そう来たか!

こうみえても、私は本場のビビンバなんかいもくったことあるんだってーの!

私「다른 사람을 보여 줘。。。(他の人見てよ。)」

女の子「장말이다!(本当だ!)」

・・・ヤット食べてくれだしました。

日本食にちょうど飽きたころだったのでしょう。目が輝いてます。

それにしてもうまく混ぜるなぁ。韓国の方ってそこまで混ぜるのかって言うほど混ぜるんですね。

そしてスプーンに山盛りご飯をよそって、器の石にくっつけジュウジュウ焼いてから食べてました。

なるほど、そうやって食べたら香ばしくなってうまい!と一心不乱に食べていたら・・

女の子「아저씨~너무 많아요(おじさーんとても多いです。。)」

私「あ、多かったの?・・・」

ホストの方「ああ、残して良いよ」

辞書を引くと「残す」は「남기다」でした。ということは。。

私「남겨도 돼(残して良いよ)」

って言うと申し訳なさそうに残してました。

おなかいっぱいになったところで、宇宙博物館へ行くこととなりました。

<つづく>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

ホームステイのお手伝い2日目その1「あー狂いそう!」

二日目は9時に待ち合わせでしたが、時間通りってことはないよねぇって思っていました。

とは思いましたが…9時15分を過ぎても連絡がありません…

というわけでお電話をしてみました。

RRRRR・・・

ホームステイのお父様「すいません。電話しようと思っていたんですが・・・いま、先生が泊まってらっしゃるホテルなんですよ。 これから打ち合わせを・・」

きっと昨日頭が痛くなった女のこのことで打ち合わせに行かれたのでしょう。

昨日もかわいそうだから、つれてってもいいのにって言われていましたから・・・とにかく、また連絡します。ということでした。

というわけで連絡があったのは10時ごろ、20分ごろに合流しホストの方のワンボックスカーに乗りました。

私「어디 가고 싶어?(どこか行きたい?)」

女の子「○×・・・・ユチオン」

は?ユチオン유치원って幼稚園?

私「は?幼稚園に行きたいの?유치원 가고 싶어?」

女の子「ああああああああああー진짜 미치겠네(ホント狂いそう)!!

私「あ?(-_-;)」

女の子「아이들이 왜 유치원 안 간다구 물어 봤어요(子供たちがどうして、幼稚園に行かないのかって聞いてみたのよ!)」

私「ああーそういうこと。(俺の言ったのは無視なのね)여름 방학(夏休み)」

女の子「여름 방학.우리도 같네요(夏休み!私たちと同じだね!)」

といって男の子とたちを抱きしめ、チュッチュしだしました。

ホストの方によれば、韓国の幼稚園は8月20日位までしか夏休みが無いそうです。

だから、韓国だったら幼稚園に通ってる日なので聞いたんじゃないかなってことでした。

それにしてもこの猫かわいがりぶりは・・小学生からなんですね。

日本人なら、こんなことしないよなぁ。手をつなぐ位でしょう。。

そうそう、この子に진짜 미치겠네(チンチャミチゲンネ) と何回言われたことか。

ドラマでよく聞く言葉ですけど、実際言われることになるなんて。

この女の子の口癖みたいですね「진짜 미치겠네」というのは

でも、彼女は「진짜 미치겠네」とは言うものの何回も聞くんですが・・・

もう一人の子といえば・・・二言目には

됐어요(テッソヨ)

って言うんですよね。テッソヨは日本語の「結構」って言う言葉に相当します。

たとえば、ビールをもう注がないでって言うとき、やんわりと断るとき、それでもういいよていうニュアンスでつかいます。

日本語の「結構」と使い方まで同じです。

というわけで、この女の子の質問を2、3回聞きなおすと浴びせられます。

「됐어요(もういいよ)(ノ`□´)ノ⌒┻━┻ 」

って。これがね・・これもまた凹みます。

そんな感じで、車の中でおちょくられながら(??)本日はショッピングにむかいました。

<つづく!>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

ホームステイのお手伝い1日目その3<お風呂>

ご飯を食べて汗びっしょりになったホームステイご一行は、みんなで近くの温泉に行くことになりました。

お風呂の時間は9時まで。ただいまの時刻7:45。

温泉に着くと、韓国の6人男の子たちは我先にと、腕を差し込んで測定する血圧計にむらがって測定中。

けんかした男の子二人はすでに仲直りしてます。

ホストの方「彼らの着替えの服は?」

私「ちょっと、聞いてみましょうか。바꿀 옷 없어?수건은??(着替えは?タオルは?)」

男の子たち。。首を振る

私「어디있어?(どこにあるの?)」

男の子たち「몰라..(わかんない)」

私「。。。(-_-;)。。すいません、タオルも着替えも持ってきてないみたいです・・・」

ホストの方「よか、じゃあタオルだけ借りてきて家で着替えさせよう。」

私「야!!목욕하자!!(おい!風呂はいるぞ!)」

男の子たち「네(はい!)」

というわけで、ホストの男性一人と私、そしてドタドタドタと男湯へ向かう6人の韓国人の子供たちで男湯に向かいました。

私「야 8시반까지! 알랐지?(おい!八時半までだぞ!分かったか?)」

男の子たち「네(はい!)」

返事はいいものの、走って風呂に入るは、お風呂の中で泳ぎだす小僧たち、うるせー!!しかも人多いのに

私「(○`ε´○) 시끄러워! 조용히 좀 해라(うるさい!ちょっと静かに!)」

お、意外と素直におさまった。

しかし今度は、風呂に飽きたのか、サウナ用の水風呂が気に入ったらしく6人してつかりっぱなし_| ̄|○

もう何やってるんだか。。。

水風呂に入っているおじさん「わーがどん、元気のよかなぁ。どっから来たとか?」

凍りつく子供たち

私「あ、韓国からです。」

おじさん「そうや、顔はいっちょん変わらんな。(といって子供に水をかける)」

子供「ギャ!○△■」

おじさん「ほんなごて、日本語じゃなかね。ガッハハハ」

私「。。。。(おじさんよ。。。信じとらんやったとかよ)(-_-;)」

そうこうしているうちに、時間は八時十五分。

ホストの方「コイたちの体を洗いましょう。」

ええ!体を洗うってなんだ。むむ。。しょうがない

私「샴푸!샴푸!(シャンブー、シャンプー)」

男の子たち「했어요(しましたよ)」

聞く子供、聞く子供口をそろえてみんなしたという・・・

私「したっていってますが。。。」

ホストの方「いや、絶対しとらんですよ。ほら!座れ!」

手を引っ張って片っ端から、座らせてます。

子供たちは座るとすぐに頭を洗い出しました。

・・・・こいつら

。。。確かに自分の小さいころも「体洗ったか?」って言われて「洗った」ってうそついてたなぁ。

そんなところは今も昔も、人種を超えても変わらないんですね。

子供「온도 조절은?(温度調節は?)」

私「イゴ(これこれ!)」

少し温かく40度くらいにしたら、熱い!って言われました。これくらいがいいって言われたのは、すごいぬるい温度。

体温より下かも、そんなもんなの?って思ってみんなの温度をみたら、みな低め。子供がそうなのか、韓国人だからそうなのか・・・

シャンプーが終わったところで・・・

ホストの方「おまえら、貸したタオルはどがんした?タ・オ・ル!」

どうやらみんなロッカーにタオルをおいてきたみたいです。

韓国ではお風呂にタオルを持っていかないんでしょうか。

というか、そういう文化がないのか・・・ちょっと分からないですけど。

すると子供たちは、ロッカーにタオルを取りに行って、そのタオルで体を洗い出しました。

みんなが終わったところを見計らって

私「끝났어?나가!(終わったか!出るぞ!)」

ばたばたと出だす子供たち、体を拭いたかと思ったら、服を着てみんな一斉にドライヤーをかけだしました。

むむ、いまどきの小学生はみんなこうなのか?でももう時間がありません。

私「집에서 해. 집에서 해.어서 나가자!!밖에 기다리고 있어(家でしろ、早く出よう。外で待ってるよ!!)」

しぶしぶぶーーーーってした顔であきらめる子供たち。

でも言うこと聞いてくれました。男の子は年上を意外と敬ってくれるんですね。

ココで私は、別行動となり、あわただしい一日目は終了しました。

明日は9時に待ち合わせ。一応電話をしてからということになりました。

電子辞書があれば意外と何とかなるかも、そんな思った一日目でした。

P.S.

体を洗う 몸을 씻다..ですよね(苦笑)

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 438.0 】時間
+1.5 講座に行って来ました。
今日のモチベーション 【 70 】%
+0 ホームステイ楽しかった!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

ホームステイのお手伝い1日目その2<お食事会>

前回までのあらすじ

ホームステイする韓国の小学生たち、先生、ホストファミリーが集い食事会をする会場に着きましたが、韓国の男の子2人の喧嘩が発生。

引き離しには成功したものの、殴られたと思われる男の子が泣きまくっていて現場は騒然<ここまで>

・・・ううむ。どうみてもすぐに食事会というわけじゃなさそう。

と思っている間に、私の携帯電話に電話が・・・

10分位か外に出て仕事のことを打ち合わせして、部屋に戻ってくると・・・

・・・あれ?みんな座って何事も無かったかのように食事が始まってるし。

すごい勢いで食べる少年少女。なんだったのかしら(苦笑)

あっけにとられてると

ホストファミリーの方「そこ空いとうけん、座って食べんしゃい。食べんぎもたんよ」

私「はいはい!」

といわれてオイシそうなおにぎりをほうばろうとした瞬間。

今度は別の女の子が泣きだしました。。隣の方に聞いてみました。

私「どうしたんですか?」

隣の方「あの女の子、熱のあるっごたですよ。そいで病院手配しんさったとけど、行かんてごねおるごたです。」

私「・・・まじですか。」

・・・彼女は韓国人なんで当然健康保険に加入していません。

時間外診療の上、実費(3割負担じゃなくて)の請求になるはずです。

そこを迷いもせず手配をされた事務局長に感激しました。万が一を考え絶対連れて行くぞという熱意すごかったです。

あとでお聞きした話では、以前具合を悪くして入院した子の病院代金をホストみんなで負担したことがあったそうです。

結局、彼女はごねまくって、行きませんでした。

しかし、ホームステイ宅には行かず、通訳(本物)もいて言葉も通じる先生たちとホテルにお泊りすることになりました。

おちついたかなっと部屋を見渡すと・・・いつの間にか大人ばかり(苦笑)

あれ?小学生たちが部屋にいない。

どうやら満腹になって外へ飛び出したみたいです。

ここぞとばかりにおにぎりを食べていると、部屋の隅で小さな女の子が泣いてます。

ホストワミリーの方「ちょと来てください!!」

ちかくにいってみると、右足の弁慶のあたりに青丹が・・・外でこけたのか?

私「여기 아파?(ここいたい?)」

首を振る女の子・・・なんだーなんで泣いてるんだ~

両手で太ももの外側を掻きだしました。・・・・もしかして、痒いの(;^ω^A??

「痒いて」なんだ?あああーーとりあえず、蚊のせいか!蚊は「모기」だ。

私「모기요???모기?(蚊?蚊?)」

女の子(うなずいて)「ノムカリョオ(누무 가려워!)」

回りの人たち「モギ!蚊ね。蚊にさされたとたい!・・しかし痒くて泣くね?」

私「・・・私も納得できないものを感じますが・・・そがんごたですよ!」

回りの方「おい!キンカンばもってこい!」

結局、担任先生持参の韓国のお薬を彼女に塗ってあげたら、泣き止みました。

痒いは「가렵다」ですね。忘れてたよ。「가려워」って言ったんですね。

彼女。電子辞書で確認して、納得なるほど。

ていうかとっさに出てくるわけないですね!!

「ドンガラガッシャン」「きゃーーーー!」

玄関のほうで爆音が・・・もう慣れてきたけど。

男の子が転んだらしく右のひじと、ひざから大きく流血。

小学校高学年だけあって「ケンチャナ(大丈夫)」を連発。

韓国の先生が消毒をし終えたところで

ホストファミリー事務局長「もうよかよ、よか!ちょうど風呂に行く時間ばい。薬湯に入ればちょうどよかろ。よーーーーーし! 風呂行くぞ!」

私「목욕에 가자(温泉に行くぞ!)!!!」

小学生たち「네(はーい)--」

ううむ。この元気な男の子たち。風呂でも元気なんだろうなぁ!

<つづく!>

P.S.

食事で「饅頭」が出てきました。あらかじめ、Ex-wordで辞書を引いたら「まんじゅう」がない!!

そんなときに限って女の子が聞いてきました。やめてー!

女の子「이것 뭐요?(これ何?)」

って聞くので思わず・・・・

私「일본 만두(日本饅頭)」

って答えてしまいました。

日本饅頭と聞いた女の子は、げらげら笑いながらみんなに「일본 만두」といいながら見せてました。_| ̄|○

韓国語で만두は(マンドゥと読みます)漢字で書くと「饅頭」ですが、意味はギョーザなんですよね。

あんまり気になるので、家に帰ってきてエッセンス日韓辞典をみたら「찐빵(蒸しパン)」って出てました。なるほど、これが近い。 この単語は絶対忘れません。

ちなみに「こんにゃく」も載ってませんでしたが、「こんにゃく(곤약)」で通じました(笑)

むむ、意外と日常品に弱いぞ、EX-word..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

ホームステイのお手伝い1日目その1対面して食事へ

本日の流れは、韓国の合唱団が合唱会に参加され、そのあと交流会があって、ホストファミリーと対面ということだけ聞いていました。

対面式の前には来ててねということだったので、合唱会の終わりのほうだけ聞くような感じで会場に行きました。

そしていよいよ交流会というときに思わぬ出会いがありました。

以前スピーチコンテストに出演した時の審査員の方がいらっしゃいました。

それ以来お会いしていませんでしたが、2年ぶりにお会いして、しかも覚えていただいててとても嬉しかったです。

そして、私と一緒で辞書を片手に通訳のお手伝いをされてる方を発見しまして、とても安心しました(爆)

ともにがんばりましょうと握手をしました。

どの子の担当かは事前に分かっていましたので、交流会のときに探していたら、とても元気のいい5年生の女の子2人と、 おとなしい2年生の女の子一人でした。

その5年生の女の子二人は、対面式の前からホストファミリーのお宅のお子様(男)幼稚園2人をさがしたし、 すごくかわいがっててました。

ホストファミリーの男の子は、すでに完全に2人の女の子にコントロールされちゃってたので、ポイントはこの二人だな~って思いました。

というわけで、一旦みなさん分かれていったんホストファミリー宅へ向かったんですが、

5年生の女の子二人は、男の子と家の中を走り回る回る。。。

そして、おとなしい女の子だけきょとんとしてました。

ホストファミリーのお母さん「それじゃあ、お風呂入りに行って、ご飯食べに行きますので、準備してと伝えてください。」

でたあ!最初の試練です。

お風呂行くので服を持っていかなければなりませんよね。

一番しっかりしてそうな女の子に言いました。

私「온천에 가는데 바꿀 옷 준비해요(温泉へ行くので帰る服準備して)」

女の子「네(はい)」

・・・大丈夫?っておもっていたらトランクを開けだしてごそごそしだしたので一安心。

でも、2年生の女の子を見ていたら、上の服とせっけんとかはもってるんだけでど、明らかに下着を持っていこうとしてない・・・

私「ええ、、と(辞書を見せながら)속옷 없어요?가지고 가지 않아?(下着ないの?持って行かないの?)」

2年生の女の子「・・・・」

そこで5年生の女の子に同じように言うと。。2年生の女の子のバックをあけてあげて

「잘 챙겨!!(ちゃんと、準備して!)」

って言ってくれて、下着らしきものを取ってあげてたので一安心。

ホストファミリのお母さん「この袋に(洋服、洗面道具)入れて!」

。。。!!入れる?ノオヨ(넣어요でした。そのときは分からなかったです。)かな

私「이게 ノオヨ」 

女の子「네(はい)」

おおーいれてるいれてるー。ふふーーー(;^ω^A

・・・・その後途中どたどた歩き回りながらも、終わった様子だったので

私「다 준비 끝났어? 출발합시다!(準備終わった?出発しましょう!)」

と出発しました。車の中も女の子二人の元気なこと!

私は手っきり先に温泉に行くのかと思ったんですが、地元の食材を使ったお店に到着しました。

ココで一度、すべてのホストファミリーと韓国の子供たち、先生が集まってお食事会をすることになってるということでした。

車を降りると会場が騒然…中に入ると韓国人男の子が泣いていました。

私「なんかあったとですか?」

ホストファミリー事務局長「うんにゃ、うんにゃ、けんかしただけさ」

続けて・・・

「殴りだしたけん止めたばってん。ダイジョブ何でもありやけんが。」

私「はぁ?・・・(か、かるいですね)」

・・・・むむ、場の雰囲気はとても飯を食うような雰囲気ではないよー

そんなに軽くて大丈夫なんですかー(;^ω^A

<つづく!>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

ホームステイ・・・以外と大役かも

今日ちょっと外出している間に、事務局の方がホームステイの書類が入った封筒をを机の上に置いていただいてました。

封筒を開けてみると。。。うわああー

「통역(通訳)」 という文字の入った私の名札が

ままま、マジですか。・・・これは責任重大です。

予定表をみますと、御一行はすでにこちらにこられてて、佐賀、長崎、ハウステンボスを回られてるようです。

そして、私の出番は、というと

夕方からそれぞれの家庭に一泊二日ホームステイすることになっていて、

小学生3人が泊まるおうちに行ってお手伝いすることになってました。

しかもそのお宅の通訳担当は私だけ(火暴)

次の日は朝から自由行動、各家庭に対応を任されてます。

丸一日・・・

例をみると「ショッピング、バーベキューなどしています」となってます。

そしてよるまたお泊り。

ううむ~通訳リスト見たら韓国人の方もいらっしゃる様子。。

素人わたしだけじゃないんだろうか…これはハードル高そうです。

とりあえず!このために買った電子辞書を絶対持っていかないといけませんね。

いざとなったら

「입력 해! (入力して!)」

って言って、お願いしたいと思います。

そうそう「입력 해! (入力して!)」で思い出しましたが

小学生と話をしたことがないんですが、話すときはいきなり반말(ため口)でよかとでしょうか?

でも、반말なんてつかったことないから敬語になりそう…ですが。

<閑話休題>

佐賀北高校優勝おめでとうございます!

기타코 축하해!!

広陵高校にはかなわないと思っていたのですが、ミラクルでした。

甲子園の神様がついていてくれてたのかもしれません。

がばいばあちゃんで有名な島田洋七さんは、佐賀で育った後、

広島の広陵高校に野球特待生で進学されてます。

今日は、きっと複雑な気持ちで応援をされてたんでしょうね。

きっと明日から、インタビューとかでワイドショーにでずっぱりでまた佐賀を有名にしてくれるんでしょうね~

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 436.5 】時間
+0.5 ぼちぼち単語帳作っています
今日のモチベーション 【 70 】%
+0 今日は祝杯だ!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

ホームステイのお手伝いをすることになりました。

最近、気づくとブログのお話になるような韓国の話題・出来事もなく就寝時間

という日々が続いていましたが、本日雲の隙間からこぼれ日が射しました。

同僚の方「あの嫁さんのさ、ホームステイの(韓国語)通訳さがしおるとばってんが紹介すっよ(すでに決定事項)」

私「えぇ!・・・つつつ、通訳は無理です(TωT)ブヒー。私ができるのはホントホント、日常会話ぐらいやっけんが・・・・」

同僚「でも韓国人来たとき、しゃべっとったやんか」

以前韓国人の方が来られたときの話だと思うんでうすが

そばから見えると、ちょっとでも会話していたらすばらしく見えるんでしょうか・・・

それはそれで語学冥利に尽きるんですが・・・

私「そいは、そがんばってんがですね・・・・(そがんいうほど、実のある会話しとらんとですけど)」

同僚「あん?(まさか断るのか?という雰囲気)」

私「!!・・・・がんばります。やらせていただきます。・・・でもほんとに、ちょっと会話できるだ・・・(会話途中)」

同僚「よっしゃ!詳しくは、直接電話してもらうごとすっけん!じゃ!」

・・・・・

まさかほんとに通訳なんてさせられないよな・・・と一瞬と思いましたが、

それはないかと思いなおしました。

いくらなんでも、通訳兼コーディネータはいらっしゃるでしょう。

そんな方がいないといくらなんでも無謀すぎますし。。。

サポート位なら何とかなるかもと考えていたところ、その後事務局の方が来られちょっと打ち合わせしました。

お話を聞くと20人ほどの小学生ががそれぞれの家庭でホームスティするので、

通訳の方はいるにはいるんですが、カバーができない部分があって、

少しでも良いから「韓国語ができる人」がいれば助かるのでを探してるとのことでした。

まさに猫の手も借りたい状態なんだということでした。

そういうわけで、お引き受けすることにしました。いい勉強の機会だと思ってがんばります。

ホームスティの日が楽しみです(*`▽´*)この際、重たいアナログ辞書だと不便なので、 ホームスティに引っ掛けてデジタル辞書買っちゃおうかな!

それにしても、ホント続けていれば良いことがあるんですね。

それと、韓国語って言うのが意外とミソなのかもしれません。

英語、中国語(北京語)では正直ライバルが多すぎるので、こういう機会にとても声をかけていただく存在には、まずなれないでしょうね。

でも、韓国語の場合一般の方にはハングルの敷居が高く記号にしか見えないのに、傍からみるとあやつっている(ようにみえる) ってうのがみそなのでしょうね。

久しぶりにとても元気になりました!

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 434.0 】時間
+1.5 久しぶりに韓国語講座にいきました。
今日のモチベーション 【 70 】%
+60 ホームステイに向けてがんばるぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

DPRK | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | パソコン・インターネット | ブログ@カスタマイズ | ブログ@リンク元ランキング | ロシア語 | 旅行・地域 | 旅行・地域@台湾 | 旅行・地域@東北 | 旅行・地域@長崎 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 私@Androidアプリなど | 私@PrayforJapan | 私@ご挨拶 | 私@アンケート | 私@ジョギング | 私@人生の楽園計画 | 私@日帰り登山 | 私@日記 | 私@目標と反省(汗) | 私@私自身 | 私@花 | 私@農業 | 試験@ハングル検定2級 | 試験@ハングル検定準2級 | 試験@ハングル検定3級 | 試験@韓国語能力検定中級 | 試験@韓国語能力検定高級 | 部活動@おいしいもの | 部活動@ビリーズブートキャンプ | 韓国旅行@2007ソウル旅行記 | 韓国旅行@2007韓国旅行記 | 韓国旅行@2007韓国旅行記(速報) | 韓国旅行@2010.02ソウル編 | 韓国旅行@2010.05釜山編 | 韓国旅行@2010.12釜山・全州・鎮安編 | 韓国旅行@2011.05釜山編 | 韓国旅行@2011.12釜山・慶州編 | 韓国旅行@2012.05釜山編 | 韓国旅行@youtube | 韓国旅行@情報 | 韓国語@2009までコ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2010コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2011コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2012コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2013コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2014コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2015コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@PodCast | 韓国語@とりあえず翻訳 | 韓国語@ぽにょっ会 | 韓国語@カフカの会 | 韓国語@シンポお手伝い | 韓国語@スピーチコンテスト | 韓国語@ハングル日記 | 韓国語@会話でハングル | 韓国語@学習 | 韓国語@書籍 | 韓国語@書籍@hana | 韓国語@書籍@ハンビヤ | 韓国語@書籍@学習書籍 | 韓国語@書籍@韓国語ジャーナル | 韓国語@未分類 | 韓国語@発音 | 韓国語@考察 | 韓国語@説明会 | 韓国語@講座 | 韓国語@講座@NHK | 韓国語@講座@ミレ韓国語学院 | 韓国@2007ホームステイお手伝い | 韓国@2008ホームステイお手伝い | 韓国@K-POP | 韓国@当選の品 | 韓国@未分類 | 韓国@韓国ドラマ