« 衝撃! | トップページ | 5月25日のコドゥオンの朝の手紙について »

2009年5月25日 (月)

第32回ハングル検定2級受験票がきました

いよいよ・・・もうすぐとなりました

第32回ハングル能力検定2級受験票

準備じぇんじぇんですが、頑張ってきます~

2級の受験者は、少なそうです・・・

ところで・・・今日の朝の手紙なんか意味が通じないんですが・・・

皆様はお分かりになりましたか?

←私の訳はこんな感じです

간は”キモ”?最後の見えないは何が見えないのよ~crying

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 672.0 】時間
+1.0 朝の手紙を訳す。単語を覚える
合計+1.0
今日のモチベーション 【 70 】% -0肩こりました

|

« 衝撃! | トップページ | 5月25日のコドゥオンの朝の手紙について »

試験@ハングル検定2級」カテゴリの記事

コメント

私も最初読んだとき、なんじゃこりゃ~~~と思いました^^;
「青い奇跡をくれて」を私は「青い汽笛をぶら下げて」にしてみました
관통해 간は「貫通して行った」
아름다운 기차여! は「美しい汽車よ!」
それでも、意味が通じませんよね
ナゾです・・・この文章・・・

誰か教えて~wobbly

ハン検2級、是非頑張ってください!!!

投稿: ★honeybee★ | 2009年5月26日 (火) 00:19

詩なので完全に意味を把握するのは難しい気が…(しかも詩の一部分だし)。
タイトルが「初恋」なので、作者が山に登って、若き日の初恋を思い起こしてる詩じゃないかな。
相手の女性を汽車に例えて、初恋の息苦しさとか猛烈な感じ(?)が胸に迫ってくる…そんな詩ではないかと。
얼룩말が詩の中に出てこないので、どういうつながりがあるのかわかりません。
そもそも現代詩なら、なんのつながりもない(作者のインスピレーションの問題)ってこともありますからね;;
解釈の文は私もよくわかりませんでした。

投稿: nikka | 2009年5月26日 (火) 10:10

解釈の方は初恋を回想している詩の内容とは違ってシマウマをノムヒョン元大統領にたとえているんだと私は思いました。
「無理に手なずければ死んでしまう」は今回の事件を、「歴史のトンネル」は政治家としての人生を、「天登山の端に登ったら」は大統領としての地位と今回の事件現場を表しているのではないかと…。
なので「見えない」のはシマウマ=ノムヒョン元大統領ではないでしょうか?
勝手な妄想です(-_-;)

投稿: しのぶ | 2009年5月26日 (火) 13:59

■★honeybee★さま
■nikkaさま
■しのぶさま

3人の皆様のコメントで、
汽車が合えない彼女で、
シマウマがノムヒョン前大統領ということが分かりとってもスッキリしました。
個別にコメントを書いていたのですが、うまくかけませんでしたので、一括のコメントとなってしまい申し訳ありません。
また、アドバイスいただいたことを取り入れて記事にいたしました。
本当にありがとうございました!!wink

投稿: まろ | 2009年5月26日 (火) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13795/45130085

この記事へのトラックバック一覧です: 第32回ハングル検定2級受験票がきました:

« 衝撃! | トップページ | 5月25日のコドゥオンの朝の手紙について »