2010年12月26日 (日)

2010年12月20日~12月25日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年12月20日[とりあえずやって見ることだ]
2010年12月21日[善循環、悪循環]
2010年12月22日[幸せの瞬間は前にある]
2010年12月23日[歳をとるから]
2010年12月24日[森の中の赤ちゃん]
2010年12月25日[心ときめく人生]

12月20日~12月25日の朝の手紙(PDF)12月20日~12月25日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

'일단 저질러 놓고 보는 거야'
모든 여행은 즐겁다.
그래, 여행은 일단 저질러 놓고 보는 거야.
'살까 말까 망설이는 물건이 있으면
사지 말아야 하고, 갈까 말까 망설이는
여행이 있으면 가야 한다' 라는 말은
언제나 명언이다.
- 박혜란의《다시, 나이듦에 대하여》중에서 -
* 저도 일단 저지르는 사람의 하나입니다.
아픈 사람의 눈물을 닦아주는 일, 책을 사는 일,
좋은 사람들과 함께 여행을 떠나는 일, 망설임 없이
저질러 온 이런 좋은 일들이 저의 삶을 더욱
풍요롭고 의미있게 만들어 주었습니다.
일단 저질러야 회한도 없습니다.

とりあえずやって見ることだ
全ての旅行は楽しい
そう。旅行はとりあえずやってみることだ
’買うかどうか迷う物があれば
買ってはいけなくて、行くかどうか迷う
旅行があれば行かなければならない’という
いつも名言だ
- パク・ヒョランの<もう一度、年齢のために>より -
* 私も一応やってみる人の一人です
傷ついた人の涙をぬぐってあげること、本を買うこと
いい人々と共に旅行に旅立つこと、迷うことなく
やってきたこのようないいことが、私の人生をさらに
豊かに、意味有るようにしてくれました
一応やってみると後悔もありません

私もとりあえずやってみます~(笑)

買うかどうか迷ったら・・韓国での出来事なら、迷わず買います買います(爆)

今日はとっても寒いのでコタツで猫のように丸くなりまーすw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

2010年12月13日~12月18日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年12月13日[その瞬間にシャッターを押す]
2010年12月14日[ごみの山から歌が聞こえてくるとき]
2010年12月15日[私はまた感謝する]
2010年12月16日[不死鳥]
2010年12月17日[ゆっくりよくなる]
2010年12月18日[心の速度を緩めなさい]

12月13日~12月18日の朝の手紙(PDF)12月13日~12月18日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

느리게 좋아진다
시간이 흐르면서
어떤 문제들은 자꾸 쳐다보고
해결하려 애쓰는 것과 상관없이 아주 느리게,
눈에 띌 듯 말 듯 좋아진다는 것을 깨달았다.
또 그 문제에의 처방은 기다림과 되풀이 외에
달리 없다는 것도 터득했다. 이 모든 과정은
아이에게도 내게도 시간과 성숙을
필요로 했다.
- 오소희의《바람이 우리를 데려다주겠지》중에서 - 
* 대개는 빨리 좋아지는 것을 바랍니다.
그러나 빨리 좋아지는 것이 다 좋은 것은 아닙니다.
오히려 더 나쁜 결과를 낳고 화를 불러올 수도 있습니다.
조급함을 내려놓고 천천히, 느리게 가는 참을성과
기다림도 필요합니다. 기다리고 참으면서
사람은 더욱 성숙해 갑니다.
꿈도 영글어 갑니다.

ゆっくりよくなる
時間が流れながら
ある問題はよくながめて
解決しようと気を使うことと関係なくとてもゆっくり
目に触れるか触れないようによくなっていくことを気づいた
さらに、その問題への処方は待機と繰り返しのほかに
他が無いことも悟った。この全ての過程は
子供にも私にも時間が成熟を
必要とした
- オ・ソヒの<風が私たちを連れてってくれるだろう>より -
* 大概は早くよくなることを望みます
しかし早くよくなることが、全てよくなることでは有りません
むしろさらに悪い結果を生み、怒りをよぶこともあります
早急さをおろして、少しづつ、ゆっくりいく忍耐と
待機も必要です。待って耐えながら
人はさらに成熟していきます
夢も実っていきます

仕事はほったらかしておくと火を噴くけど

人間関係って、時間が解決することばかりかも知れません。

急いだら、逆に無理が生じて、足元すくわれたりとかするんですよねぇ・・・気をつけたいです。

**メモメモ**
楽器たちの図書館発注しました。遅れましてスイマセンでした。
・残旅行記は、鎮安(馬耳山)と、楽しい人物の話をかきまーす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

2010年11月29日~12月11日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年11月29日[微物と霊物]
2010年11月30日[その日心を決めた]
2010年12月01日[空間があって、使い道がある]
2010年12月02日[絶対均衡]
2010年12月03日[三十二歳]
2010年12月04日[夢見ることと行動すること]
2010年12月06日[少しとまって、終止符を打つ]
2010年12月07日[霧に閉じ込められる]
2010年12月08日[お茶一杯いかがですか?]
2010年12月09日[代わりにお辞儀すること]
2010年12月10日[問い詰めない]
2010年12月11日[あなたの感じ、あなたの感覚]

11月29日~12月11日の朝の手紙(PDF)11月29日~12月11日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・溜め込んであせって訳したせいもあるのか、訳すのが難しい文章が多かったきがしますw

그날 마음을 정했다
중요한 건
내가 그날 마음을 정했다는 것이다.
이 세상은 그런대로 살 만한 곳이라고,
좋은 사람들이 있고, 선의와 사랑이 있고,
'괜찮아'라는 말처럼 용서와 너그러움이 있는
곳이라고 믿기 시작했다는 것이다.
* 무언가 마음을 정한 날이 있습니다.
용서, 사랑, 좋은 인연, 새로운 꿈, 꿈너머꿈...
그날 정한 마음이 오늘의 나를 있게 했고
앞으로 내가 걸어갈 길을 열어줍니다.
그 한 번의 결정이 세월이 갈수록
나를 빛나게 해줍니다.

その日心を決めた
重要なことは
私がその日心を決めたということだ
この世はそれなりに生きる価値があるところで
いい人がいて、善意と愛があって
'大丈夫'という言葉のように許しと寛大さがある
ところだと、信じ始めたのだ。
- チャン・ヨンヒの<我慢しないで大丈夫>より -
* ある心を決める日が有ります。
許し、愛、よい縁、新しい夢、夢を超えた夢
その日決めた心が、今日の私をあるようにして
これから私が歩いていく道を開いてくれます
その1回の決定が、月日が過ぎるほど
私を輝かせます。

今回旅に出て、この世も捨てたもんじゃないなぁと私も思いました。

コメ、牛、野菜も国産(韓国産)を使って、消費税も10%くらいのはずなのに

あんなに安くて、楽しく、大声で、お酒が飲めるところがあるんですもの~(爆)

明日からケンチャナヨー(大丈夫)でがんばりまーす

******

さて旅行記ですが、
次はこのまま食べ物にしようか、カメリアで出会った外国の方の話にしよか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

2010年11月22日~11月27日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年11月22日[私をすっかり展示する]
2010年11月23日[腹ばいになって頭を下げれば、たくさんのことが見える]
2010年11月24日[人は感情から年をとる]
2010年11月25日[きちんきちん]
2010年11月26日[人はたまに試験を受ける必要がある]
2010年11月27日[正答は…まさに…]

11月22日~11月27日の朝の手紙(PDF)11月22日~11月27日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

차근차근
현대 사회엔 자극이 너무 너무 많아요.
그런 게 정신의 평안을 빼앗아 가지요.
집에선 텔레비전이 '왕왕'거리고, 자동차에선 라디오가
떠들어 대고, 광고로 도배된 버스와 시도 때도 없이
울리는 휴대 전화... 그러니 시간을 갖고
차근차근 생각을 하는 게 불가능해요.
사람들의 생각은 짧게 '툭 툭'
끊어져 버리지요.
- 티찌아노 테르짜니의《네 마음껏 살아라》중에서 -  
* 어수선한 때일수록
덩달아 왕왕대면 안됩니다.
그럴수록 차근차근 생각을 가다듬으며
더욱 차분하고 냉철하게 대처해 가야 합니다.
툭 툭 끊기는 것들에 맥없이 끌려다니면
자기 인생도 툭 툭 끊기게 됩니다.
차근차근 걸어가십시오.
그게 빠른 길입니다.

きちんきちん
現代社会には刺激がとても多いです
そのようなものは精神の平安を奪います
家ではテレビが’がんがん’して、自動車にはラジオが
騒ぎたて、広告で壁塗りされたバスといつも
なる携帯電話…だから時間を持って  
きちんきちんと考えるのは不可能です
人々の考えは短く'ぽつりぽつり'
断ち切られてしまうでしょう
- ティツィアーノ・テルツァーニの<君の心行くままに生きろ>より -
* 慌しいときほど
付和雷同して、騒いだらいけません
そうするほど、きちんきちんと考えを取り直しながら
さらに沈着で、冷徹に対処していかなければなりません
ぷつりぷつり切れていることをわけもなく引き込まれれば
自分の人生もぷつりぷつり切れてしまいます
きちんきちんと歩いていってください。
それが早い道です。

そうですね~落ち着いてしっかりと歩いていきたいですね。

慌しいほど平常心。なかなか難しいけどそうありたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

2010年11月15日~11月20日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年11月15日[もう一度新しくなる]
2010年11月16日[私たちは会うために生まれた]
2010年11月17日[愛する間にだけ]
2010年11月18日[右往左往せず・・・]
2010年11月19日[感動するのも才能だ]
2010年11月20日[心を交わす人]

11月15日~11月20日の朝の手紙(PDF)11月15日~11月20日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

갈팡질팡하지 말고...
"그동안은
정신 못 차리고 갈팡질팡했어.
이제야 진짜 사진을 할 수 있을 것 같다.
비로소 나만의 화두를 발견했어.
느낄 수 있으나 설명될 수 없는
그 무엇을 표현할 거다."
- 김영갑의《그 섬에 내가 있었네》중에서 -
* 셔터를 누른다고
모두 사진이 되는 것은 아닙니다.
초점을 맞추지 못하고 셔터를 눌러대면
엉터리 사진만 나올 뿐입니다. 초점이 잘 맞아도
어디에 초점을 맞추느냐에 따라 사진은 또 달라집니다.
일도, 삶도 마찬가지입니다. 초점이 중요합니다.
갈팡질팡하지 말고 초점을 잘 맞추세요. 
그래야 인생의 좋은 작품이
나올 수 있습니다.

右往左往せず・・・
”その間は 
正気でなく、右往左往した
いまや、本当の写真をできるようだ
ようやく私だけの話の糸口を発見した
感じることができるが、説明できない
その何かを表現するのだ”
- キム・ヨンガプの<その島に私がいた>より -
* シャッターを押して
全て写真になるのではありません
焦点を合わせることができず、シャッターを押せば
貧弱な写真ができるだけです。焦点をよくあわせて
どこに焦点をあわせるかによって、写真はまた変わります
仕事も、人生も同じです。焦点が重要です。
右往左往せず、焦点をよくあわせてください
そうしてこそ人生のよい作品が
できます。

ちなみに私は、

@nifty:デイリーポータルZ:写真を美味しく撮る方法

を参考に接写写真(食べ物、花)を撮ってます。

これがすばらしいんですよ~何でもコツがあるんですね~

ま、今は最悪失敗しても、ある程度は修正出来ちゃうんですけれど・・・(汗)

でも、ピントだけはどうにもならないので「焦点をあわせて撮る」ことが大切なんですよね。

ホントそう思いました。

ちなみに最近のお気に入り写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

2010年11月08日~11月13日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年11月08日[世界的話し手]
2010年11月09日[呼びかけと呼応]
2010年11月10日[知りたい、突き止めたい心]
2010年11月11日[私のする分]
2010年11月12日[体を任せて流れること]
2010年11月13日[心の香り]

11月08日~11月13日の朝の手紙(PDF)11月08日~11月13日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

몸을 맡겨 흐르는 것
열정은
강 하나를 사이에 두고
건넌 자와 건너지 않은 자로
비유되고 구분되는 것이 아니라,
강물에 몸을 던져 물살을 타고 먼 길을 떠난 자와
아직 채 강물에 발을 담그지 않은 자,
그 둘로 비유된다.
열정은 건너는 것이 아니라,
몸을 맡겨 흐르는 것이다.
- 이병률의《끌림》중에서 -
* 몸을 맡긴다는 것은
전체를 맡긴다는 뜻입니다.
함께 흐른다는 것은 더불어 끝까지 간다는 뜻입니다.
오로지 발만 살짝 담그지 않고 강물에 풍덩 들어가,
때로는 거칠고 때로는 고요한 물살을 따라
운명을 맡겨 흐르는 것, 그것이 열정이며
열정을 가진 사람만이 흐르는 강을
내 안에 품을 수 있습니다.

体を任せて流れること
熱情は
川ひとつを間において
渡った私と渡れない人で
喩えられて、区分されるのではなく
川の水に体を投げ出して、水流に乗って遠い道に旅立った人と
まだ、そのまま川の水に足を浸していない人
この二人の比喩になる
熱情は、渡っていくことではなく
身を任せて流れていくことだ
- イ・ビョンユルの<魅力>より -
* 体を任せることは
全体を任せるという意味です
ともに流れるということは、ともに最後まで行くという意味です
ひたすら、足だけをちょっとつけず、川の流れにどぼんと入って
時には荒々しく、時には静かな川の流れにあわせて
運命に任せて流れること、それが熱情であり
熱情を持った人だけが流れる川を
私の中に抱くことができます

尖閣諸島の一連の顛末を見て

公開を要望されている情報(データ)を、途中から統制しようとするのはとても難しい時代になったのかなぁと思いました。

昔の記録媒体は、ビデオテープだったでしょうからコピーするには、

マスター(原本)を持ち出して、デッキ2台使ってコピーしたりするんでしょうけど、マスターを外に持ち出すなんて普通はできないし、

やっとこさ持ち出しても、普通のデッキ使うなら早おくりコピーもできないから、再生時間の45分はみっちりかかるんですよね。

というわけで、ホントにコピーしようと思うととても手間がかかり、それ自体に見えない情報流出抑制効果があったのだと思います。

今はファイルなんで、USBにすっと、それこそ5分もかからずコピーできるんですよね。

コピーしたUSBなら、もちだそうとおもえば簡単に外に持ち出せちゃいます。(推奨しているわけではありませんよ)

その上、昔は世の中に知らしめるにはテレビ局か、新聞に送るということになるんでしょうが

おくったからといって、新聞テレビが記事やニュースにするかはまた別の話で、それぞれの判断で記事にしないかもしれません。

新聞テレビにも情報が世の中にさらされる抑制効果があったと思います。

しかし今はyoutubeがあって、見えない垣根がだいぶ低くなって、一人で流出させ世の中に公開することまでできてしまいます。

今回の出来事は、情報化社会が生んだ出来事のように思いました。

強く公開を要望された時点で、すでに映像がある程度組織の中で拡散していたのでしょうから、それをすべて隠し通すのは・・・

すごく大変で、もうできない世の中なのかも知れませんね。

でも上のほうの方はデジタルに弱い場合が多く分かってくれないでしょうね~(苦笑)

でもそれが日本なので(爆)

ま、身を任せて流れてみれば浮かぶ瀬もあるでしょう~

本日はハングル検定試験でしたね!受験された皆様お疲れ様でした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

2010年11月01日~11月06日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年11月01日[内面の美しさ]
2010年11月02日[ぴったり3年だけ]
2010年11月03日[そのときは分からなかった]
2010年11月04日[ふざける友達]
2010年11月05日[私一人で生きているのではない]
2010年11月06日[私の心はいつも]

11月01日~11月06日の朝の手紙(PDF)11月01日~11月06日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

그때는 몰랐다
그때는 몰랐다.
길을 걷는다는 것과
길을 낸다는 것이 얼마나 다른 일인가를.
사람들은 간혹 내게 묻는다. 이런 아름다운 곳에
사니까 정말 행복하겠다고. 정말 보람있겠다고
얼마나 좋으냐고. 근심걱정이 없겠다고.
얼추 맞는 말이다. 행복하고, 보람있다.
하지만 '세상에서 가장 평화롭고 행복한' 길을 내면서도,
나는 종종 외로워하고, 때로 분노하고, 절망한다.
사랑에 대한 갈증으로 고통스러워한다.
- 서명숙의《꼬닥꼬닥 걸어가는 이 길처럼》중에서 -
* 결코 남의 이야기 같지가 않아
저도 코끝이 시큰해집니다. 오로지 꿈 하나로
'제주올레' 길을 처음으로 낸 사람의 보람과 행복,
그러나 그에 못지 않은 고독과 고통을 누가 죄다 알겠습니까?
아침편지를 쓰고 옹달샘을 꿈꾸면서도 그때는 잘 몰랐습니다.
꿈을 꾼다는 것과 꿈을 이룬다는 것이 얼마나 다른 일인가를.
보람과 행복도 크지만 외로움과 고통도 크다는 것을. 
함께 가는 동반자의 힘이 얼마나 크고
감사한 일인지를...

そのときは分からなかった
そのときは分からなかった
道を歩いていることと
道を見つけることがどれだけ違うかを
人々は時々私に問う。こんな美しいところに
住んでいるから本当に幸せだと。本当に価値があると
どれだけいいかと、心配がないと
大方あっている。幸せで、価値がある。
しかし'世界で、一番平和で、幸せな'道をつくりながら
私は、時々つらく、たまには怒り、絶望する
愛にたいする渇きで苦痛になる
- ソ・ミョンソクの<かつかつと歩いていくこの道のように>より -
* けっして他人の話のようではなく
私も鼻先がずきずきします。ひたすら夢ひとつで
'済州オーレ(済州島ウォーキング)'道を始めて作った人の価値と幸せ
しかし、彼に劣らない孤独と苦痛を、誰がみな分かるでしょうか?
朝の手紙を書いて、小さな泉を夢見ながらも、そのときにはよく分かりませんでした
夢見ることと、夢をかなえることがどれだけ違うことかを  
価値と幸せも大きいが、つらさと苦痛も大きいことを
一緒に行く同伴者の力がどれだけ大きく
感謝することかを・・・

私もこのブログをやっていなかったらここまでは来てなかったと思います~

ここまで来たからにはせっかくですから、もうちょっと上まで行きますよー(爆)

화이팅!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

2010年10月25日~10月30日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年10月25日[未来を見る]
2010年10月26日[母の懐のように]
2010年10月27日[よく気をとめて聞く人]
2010年10月28日[旅行の贈り物]
2010年10月29日[眠る時間]
2010年10月30日[すぐに逢いなさい]

10月25日~10月30日の朝の手紙(PDF)10月25日~10月30日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

여행 선물
선물 가운데
최고는 역시 여행이다.
시간과 돈 그리고 가족의 협력까지
모두 제공되어야 하는 다소 어려운 선물이기도 하다.
자기 자신이 가장 대견한 순간, 주저 없이
여행을 선물해 보는 것은 어떨까?
- 최영선의《마돈나, 결혼을 인터뷰하다》중에서 -
* 열심히 사는 사람일수록
이따금 자신에게 '여행 선물'이 필요합니다.
여행 그 자체도 좋은 선물이 되지만, 더 중요한 것은
함께 동행한 좋은 사람들을 선물처럼 얻게 된다는 사실입니다.
열심히 살아왔고, 앞으로 더 열심히 살고자 하는
사람들과의 만남, 그것이 '여행 선물'의
또 다른 의미입니다.

旅行の贈り物
贈り物の中で
最高はやはり旅行だ
時間とお金、そして家族の協力まで
すべて提供しなければならない多少難しい贈り物だったりします
自分自身が一番大切に思う瞬間、躊躇なく
旅行を贈り物にしてみるのはどうでしょうか?
- チェ・ヨンソンの<マドンナ、結婚をインタビューする>より -
* 熱心に生きる人であるほど
たまには自分に'旅行の贈り物'が必要です
旅行それ自体もいい贈り物になるが、さらに重要なことは
同伴したいい人々を贈り物のように得るようになる事実です
熱心に生きてきた、これからもさらに熱心に生きようとする
人々との出会い、それが'旅行の贈り物'の
もうひとつの意味です

旅行いいですよね~今からうきうきしています♪

いつの間にか10月は本日までですねー

あんなに暑かったのにもうコタツが恋しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

2010年10月18日~10月23日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年10月18日[きれいな人]
2010年10月19日[笑いの処方]
2010年10月20日[穏やかな愛]
2010年10月21日[中途半端な社員]
2010年10月22日[なぜ、離してあげなければならないのか?]
2010年10月23日[私の心をときめかせるからですよ]

10月18日~10月23日の朝の手紙(PDF)10月18日~10月23日の朝の手紙(テキスト)

"왜 놓아주어야 하는가?"
칼턴은 눈물을 흘리면서
괴로움과 분노가 뒤섞인 어조로 내게 물었다.
"그런데 왜 내가 그녀를 놓아줘야 하죠?"
칼턴의 물음은 우리 모두가 살면서
종종 던지는 물음이기도 하다.
우리는 왜 놓아야 하는가?
이미 나를 떠나간 여인을
왜 마음에서 잊어야 하는가?
- 대프니 로즈 킹마의《인생이 우리를 위해 준비해 놓은 것들》중에서 -
* 왜 놓아주어야 할까요?
아마도 그것이 인연의 끝이기 때문입니다.
어쩌면 그것이 하늘의 뜻일 수 있기 때문입니다.
안되는 인연의 끝자락을 붙들고 사는 것보다
아름답게 떠나 보내는 것이 서로 좋습니다.
나를 떠나 더 잘 살기를 바라는 마음으로,
가는 길에 행운이 있기를 빌어주면서...
그것이 곧 자기를 잘 놓아주는 것입니다.

"なぜ、離してあげなければならないのか?"
カールトンは、涙を流しながら
つらさと、憤怒が混ぜ合わさった口調で私に聞いた
”しかし何故、私が彼女を離してあげなければならないのでしょう?”
カールトンはの問いは、私たちみなが生ながら
時々投げかける問いでもある
私たちは何故離さなければならないか?
すでに私を離れた女性を
何故心から忘れなければならないのか?
- ダフニ・ローズ キングマの<人生が私たちのために準備しておいたこと>より  -
* なぜ離してあげなければならないか?
多分それが、因縁の終わりだからです。
ひょっとして、それが神様の意思かもしれないからです。
無理な因縁の端っこをつかんで生きることより
美しく去って、送り出すことがお互いによいです
私が去って、さらによく生きることを望む心で
行く道に幸運があるように祈りながら・・・
それがまさに、自分自身をよく離してあげることです

この親知らずの因縁も早く終わってほしい(笑)

もう少しのところまで来てるんですけどね~(^^)

これで12月に韓国にいけることになってもオーケーだ~い♪

P.S.先週、先々週分でファイルが開けない状態でした。この場をお借りしてお詫びいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

2010年10月11日~10月16日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します

2010年10月11日[切磋琢磨]
2010年10月12日[いい種]
2010年10月13日[外から来る苦痛]
2010年10月14日[ただ楽にに対処してください]
2010年10月15日[最悪の場合]
2010年10月16日[ある誕生日祝賀]

10月11日~10月16日の朝の手紙(PDF)10月11日~10月16日の朝の手紙(テキスト)
H22.10.24 ダウンロードできない状態でしたので修正しました。

気になった手紙は・・・

최악의 경우
지금도 나는
강연이 시작되기 전에
언제나 최악의 경우를 예상합니다.
이를테면, 아무도 없는 텅 빈 강당에서
단상 앞에 홀로 서 있는 내 모습이나 사람들의 호응을
제대로 얻지 못하는 광경을 상상하는 것입니다.
그렇게 하면 사람들이 '뜻밖에' 나를 환대해줄 때
나는 그 반응을 더한층 '깊이' 음미하게 됩니다.
그리고 정말로 청중석이 텅 비었다 해도
깜짝 놀라거나 당황하지 않을 겁니다.
- 알랙상드르 졸리앙의《고마워요 철학부인》중에서 -
* 최악의 경우를 가정하면
모든 것이 좋은 것이고 잘된 일입니다.
하나하나가 다 덤이고 최선의 결과인 것이지요.
지금 주어진 결과를 '최악의 경우'에서 얻어낸
'최선의 것'이라 생각하면, 삶의 모든 것이
감사의 조건으로 바뀝니다.

最悪の場合
今も私は
講演が始まる前に
いつも最悪の場合を予想します
例を挙げれば、誰もいない空っぽの講堂で
壇上の前に一人で立っている私の姿や、人々の呼吸を
まともに得ることが出来ない光景を想像します
そのようにすれば、人々が'案外'私を歓待にしてくれる時
私はその反応を、もう一階'深く'吟味するようになります
そして本当に聴衆席が空っぽだったとしても
びっくり驚いたり、あわてたりしないでしょう
- アレキサンダー・ジュリアンの<ありがとう、哲学夫人>より -
* 最悪の状況を仮定すれば
全てことが、いいことで、よく出来たことです
一つ一つが、全ておまけで、最善の結果でしょう
今与えられた結果を'最悪の場合'から得られた
'最善のこと'と思えば、人生の全てのことが
感謝の条件に変わります

いろんな本でも出てくるのですが、実際に詰まった状況や、思いもよらない状況になると・・・飛んでいってしまいます(笑)

事前に最悪の状況を受け入れておくというのが大切なんでしょうねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DPRK | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | パソコン・インターネット | ブログ@カスタマイズ | ブログ@リンク元ランキング | ロシア語 | 旅行・地域 | 旅行・地域@台湾 | 旅行・地域@東北 | 旅行・地域@長崎 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 私@Androidアプリなど | 私@PrayforJapan | 私@ご挨拶 | 私@アンケート | 私@ジョギング | 私@人生の楽園計画 | 私@日帰り登山 | 私@日記 | 私@目標と反省(汗) | 私@私自身 | 私@花 | 私@農業 | 試験@ハングル検定2級 | 試験@ハングル検定準2級 | 試験@ハングル検定3級 | 試験@韓国語能力検定中級 | 試験@韓国語能力検定高級 | 部活動@おいしいもの | 部活動@ビリーズブートキャンプ | 韓国旅行@2007ソウル旅行記 | 韓国旅行@2007韓国旅行記 | 韓国旅行@2007韓国旅行記(速報) | 韓国旅行@2010.02ソウル編 | 韓国旅行@2010.05釜山編 | 韓国旅行@2010.12釜山・全州・鎮安編 | 韓国旅行@2011.05釜山編 | 韓国旅行@2011.12釜山・慶州編 | 韓国旅行@2012.05釜山編 | 韓国旅行@youtube | 韓国旅行@情報 | 韓国語@2009までコ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2010コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2011コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2012コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2013コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2014コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2015コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@2016コ・ドウォンの朝の手紙 | 韓国語@PodCast | 韓国語@とりあえず翻訳 | 韓国語@ぽにょっ会 | 韓国語@カフカの会 | 韓国語@シンポお手伝い | 韓国語@スピーチコンテスト | 韓国語@ハングル日記 | 韓国語@会話でハングル | 韓国語@学習 | 韓国語@書籍 | 韓国語@書籍@hana | 韓国語@書籍@ハンビヤ | 韓国語@書籍@学習書籍 | 韓国語@書籍@韓国語ジャーナル | 韓国語@未分類 | 韓国語@発音 | 韓国語@考察 | 韓国語@説明会 | 韓国語@講座 | 韓国語@講座@NHK | 韓国語@講座@ミレ韓国語学院 | 韓国@2007ホームステイお手伝い | 韓国@2008ホームステイお手伝い | 韓国@K-POP | 韓国@当選の品 | 韓国@未分類 | 韓国@韓国ドラマ