« 断捨離 | トップページ | 2011年01月17日~01月22日の朝の手紙 »

2011年1月22日 (土)

韓国語読書で多読

私なりに韓国語読書について頭の中で思い描いていたことが、

多読する ぶたさん ぶひママン さんのブログに書いてありました。

多読三原則
・辞書を引かずに読めるやさしいものを読む
・それでもわからない単語に出会ったら飛ばす
・あらすじもわからなくてつまらなかったら、その本は後回し

あ、こんな感じかもーとおもいました。

でも「お母さんお願い」辞書を引き引き読みましたが・・・次からは、ちょっと後回しにしてみます(爆)

私の場合は、たとえば○○が分からない単語だとしたら

今日は、○○さむい。ドアを開けて○○に入ろう

ああ、寒くてどこかに入ったのね。でとりあえずいいのかなーと思ってます。アバウト人間なので(爆)

どこかに入って、お母さんと話してケーキが出てきたり

とかしたら、あ、リビングにでも行ったのね

そんな感じで(それでいいのか分かりませんが)読んでいます(笑)

ちなみに「多読」って何だろうと思って検索したところ

多読とは
多読(Extensive Reading 略してER)とは、文章を分析しないで大意を把握する読書法です。SSS(Start with Simple Stories)の多読法は、従来不可能であると思われてきた英語初級者でも楽しく始められ、楽しく続けられる多読法です。

100年前から常識だった多読
昔から多くの英語教師が、「英語を獲得する一番良い方法は多読である」と主張しています。東京帝国大学の英語教師でもあった夏目漱石は、明治39年に『現代読書法』で多読のすすめを書いています。松本亨も、「英語を極めたけば、毎日数時間は英語を読め」と著書で主張していました。最近では、Stephen Krashen が "Extensive Reading is the only way to language acquisition." と主張しています。

あ~この方法わたしにあってるかも~

韓国語本で試してみよーっとおもいます。

|

« 断捨離 | トップページ | 2011年01月17日~01月22日の朝の手紙 »

韓国語@学習」カテゴリの記事

コメント

なるほど~。
やっぱり難しすぎたらまだダメな本なんですね~^^;

とりあえず私も棚に眠ってる韓国語書籍を引っ張り出してみようと思います!

投稿: チハル | 2011年1月22日 (土) 22:27

■チハルさま

自分にあっている本を読むってのがミソみたいですね~
ぜひ多読お試しくださーい

投稿: まろ | 2011年1月23日 (日) 15:03

まろさん
ご挨拶遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。


私も本を読むときは、まろさんとおんなじ感じの理解度です。
いちいち調べるのもめんどくさいし、内容がなんとなくわかるのであれば、あまり辞書は引かずに読んでいます。
その単語が何度も出てくる場合だけ調べるようにしています。

それでも、内容がさっぱりわからない場合は、自分には難しいとあきらめて他の本に入るようにしています。
読みかけの本は増えちゃいますが・・・
全部理解するには、まだまだのレベルなので、わかる範囲で楽しめたらOKと思ってます^^

投稿: サトコ | 2011年1月23日 (日) 16:19

■サトコさま

返信が遅くなりました。
申し訳ありません。こちらこそ今年もよろしくお願いします。

>内容がなんとなくわかるのであれば、あまり辞書は引かずに読んでいます

そうですねー私もそんな感じです~
一番肝心なのは、合わないのは深追いしないことでしょうね~なかなか踏み切れないですが・・・

私も分かる範囲で雰囲気をたのしみたいとおもっていますー

読書もがんばりましょう~

投稿: まろ | 2011年1月25日 (火) 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国語読書で多読:

« 断捨離 | トップページ | 2011年01月17日~01月22日の朝の手紙 »