« 2010年12月27日~2011年01月01日の朝の手紙 | トップページ | 2011年01月03日~01月08日の朝の手紙 »

2011年1月 7日 (金)

「それは愛だったのね」を読み始めました。

그건, 사랑이었네(それは愛だったのね)

ハンビヤ(한비야)さんの人生観がエッセイ風につづってあって、内容も心地よく、とてもするすると読めています。

とても素直でありながら、挑戦的で明るい考え方が描かれてるのですが

こういう話って、自慢ぽく見えたりするんですが・・・

ハンビヤさんの純粋さのようなものが文章に表れて、そんな感じはまったくなく、私の心まで明るくなるようですw

ハンビヤさんについて検索していたら

苦学の末、アメリカで修士課程終了後、外資系の広告会社でスピード出世したものの、長年の夢だった世界一周旅行する資金ができたところで退職。
その世界一周旅行の旅行記がヒットしてベストセラー作家・・・

すごい経歴の持ち主なんですね。

同じ外資系に勤めた勝間和代さんとは全然考え方が違うなぁ。。。

そうか・・・外資系で競争を勝ち抜いたからといって、バリバリの合理主義者とは限らないですよね

外的な影響を受けない、内面を持ってる人もいるわけでしょうし・・・

楽しんで読みたいと思います。

|

« 2010年12月27日~2011年01月01日の朝の手紙 | トップページ | 2011年01月03日~01月08日の朝の手紙 »

韓国語@書籍」カテゴリの記事

コメント

この本は私も読みました。とても面白く読めます。
世界旅行の本も面白いです。世界旅行は数年かけていて、旅行途中ですでにベストセラーになっているので、ときどき水戸黄門状態になって面白いです。「ええっ、あなたがビヤさんなの!」みたいな。
ハン・ビヤさんは全然、合理主義者じゃありませんね。直感的、宗教的な人で、勝間さんとはほとんど正反対ですね。結婚もしてませんし……
本にはお薦め読書リストもありますので、これを読むとまた買いたい本が増えます。私はこれを読んで李德懋と丁若鏞の伝記を購入しました。他にも買いたい本があって困っちゃいます。

投稿: akira | 2011年1月 9日 (日) 23:57

■akiraさま

もうお読みなのですねー
世界旅行の本も面白そうですね。私も読みたいと思います。
お勧め読書リストにも興味があります。貴重な情報ありがとうございます!!

投稿: まろ | 2011年1月10日 (月) 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「それは愛だったのね」を読み始めました。:

« 2010年12月27日~2011年01月01日の朝の手紙 | トップページ | 2011年01月03日~01月08日の朝の手紙 »