« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月26日 (土)

2016年11月14日~11月19日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年11月14日['子供たちが笑えば世の中が幸せです']
2016年11月15日[心から心へ]
2016年11月16日[原因と結果]
2016年11月17日[私の心の外的な影]
2016年11月18日['平均寿命'より'健康寿命'がさらに重要だ]
2016年11月19日['お金'より重要なこと]

11月14日~11月19日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

'평균수명'보다 '건강수명'이 더 중요하다
평균수명과
건강수명의 차이가 14년이다.
이 격차를 줄이지 않으면 행복은
멀어질 수밖에 없다. 말하자면 아프면서
90살을 살기보다는 아프지 않고
76살을 사는 게 낫다는 얘기다.
- 이응석의《노인이 살아야 나라가 산다》중에서 -
* 맞습니다.
'100세 시대'를 말하지만
병실에 누운 채로 100세를 산들
무슨 즐거움과 행복이 있겠습니까.
한 살이라도 젊고 건강할 때 열심히 노력해서
아프지 않는 몸을 만들어가는 것이 행복의 길입니다.
'평균수명'보다 '건강수명'이 더 중요합니다.

'平均寿命'より'健康寿命'がさらに重要だ
平均寿命と
健康寿命の差異が14年だ
この格差を減らさないと幸せは
遠ざかるしかない。言わば痛がりながら
90歳を生きるより、痛くなく
76歳を生きるのがよいという話だ
- イ・ウンソクの<老人が生きて国が生きる>より -
* そうです
'100歳時代'を言うが
病室で横になったまま100歳を生きる
何の楽しさと幸せがあるでしょうか
1歳でも若く健康な時に一生懸命努力して
痛くない体を作っていくことが幸せの道です
'平均寿命'より'健康寿命'がより重要です

ほんとですわ。平均寿命まで健康には生きられないですよね。

その前に健康寿命が来るんですよね。

当たり前のことですけれども(^^;)

人生の後半戦、やっぱりいまから運動しとかなきゃです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

2016年11月07日~11月12日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年11月07日[ロープひとつ]
2016年11月08日[幼い時の経験が一生をいく]
2016年11月09日[前と後、表面と中が違えば]
2016年11月10日[汗と涙と血の川]
2016年11月11日[魔法の場所]
2016年11月12日[切実な心]

11月07日~11月12日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

간절한 마음
원하는
무엇을 찾지 못한다면
눈을 감고 손을 내밀어 보자.
다시 눈을 뜨고 팔을 천천히 저어 보자.
모든 것들은 손을 뻗으면 닿을 수 있는곳에 있으니까.
하지만 손을 뻗어도 찾지 못한다면
그것은 잃어버린 것이 아니라
떠나버린 것이다.
- 심승현의《파페포포 메모리즈》중에서 -
* 위기가 곧 기회입니다.
그 어떤 위기 상황도 '바른 방향'으로 이어지기를
간절한 마음으로 팔을 뻗으면 더 좋은 기회로 다가옵니다.
그러나 간절하지도 않고, 노력도 하지 않는다면
좋은 기회조차도 더 큰 위기로 바뀝니다.
지나고 나서 후회하는 일들이 없기를
간절한 마음으로 바라봅니다.

切実な心
望む
何かを探せないなら 
目を閉じて手を伸ばしてみよう
もう一度目を空けて、腕をゆっくり振ってみよう
すべてのことは、手を伸ばせば触れることができるところにあるから
しかし手を伸ばしても、探すことができないなら
それは失われたのではなく
去ってしまったのだ
- シン・スンヒョンの<パペポポメモリーズ>より -
* 危機がすなわち機会です
そのどんな危機状況も'正しい方向'につながるかを
切実な心で腕を伸ばせば、さらにいい機会が近づきます
しかし、切実でもなく、努力もしないなら
いい機会さえも、さらに大きな危機に変わります
過ぎてみて、後悔することがないかを
切実な心で眺めます

今日、新年のご挨拶を辞退するお手紙が来ました。

てっきり、親御さんがお亡くなりになったのか。。。と思ってました。

しかしよく見ると、亡くなったのは友人本人で、

お父様から挨拶を辞退する旨のはがきでした。

心から冥福をお祈りするとともに、

亡くなった友人のためにも悔いのない毎日を送りたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

2016年10月31日~11月05日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年10月31日[幼い時節を奪われた子供]
2016年11月01日[言葉と文字と魂]
2016年11月02日[奇跡の真の意味]
2016年11月03日[間違ってあった人]
2016年11月04日['私の名前はリンカーンです']
2016年11月05日['あなたのため明日'に向かって]

10月31日~11月05日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

기적의 참된 의미
보이지 않는 눈이
갑작스레 보이게 되었다는 건
기적의 참된 의미가 아니다. 보이지 않는
불행 속에서 그 불행을 이겨내고도 남을 만큼의
축복을 발견해내는 것, 그것이
진짜 기적이다.
- 소노 아야코의《약간의 거리를 둔다》중에서 -
* 기적도 발견입니다.
이미 존재하고 있는데도 그동안 보지 못했던 것을
새롭게 발견하는 것이 기적입니다. 행복의 자리에서
행복을 찾는 것이 아니고, 불행의 자리에서
행복을 찾아내는 것이 기적입니다.
우리 일상의 모든 곳에 기적이
숨어 있습니다.

奇跡の真の意味
見えない目が
突然見えるようになったことは
奇跡の真の意味ではない。見えない
不幸の中で、その不幸を乗り越えて余りあるほどの
祝福を発見すること、それが
本当の奇跡だ
- 曽野綾子の<若干の距離をおく>より -
* 奇跡も発見です
既に存在しているのに、その間見ることができなかったことを
新しく発見するのが奇跡です。幸福の場所から
幸福を探すのではなく、不幸の場所から
幸福を探すことが奇跡です。
我々の日常のすべてのことに奇跡が
隠れています

見えていても認識できないことってありますよね(笑)

紅葉

こんなきれいに紅葉する木が近くにあるなんて

全然気づいてませんでした(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

2016年10月24日~10月29日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年10月24日[ぐるぐる回る船]
2016年10月25日[人生が変わる経験]
2016年10月26日[私の人生最大の幸運]
2016年10月27日[正直]
2016年10月28日[日光不足]
2016年10月29日[限界を制限しないこと]

10月24日~10月29日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

햇빛 부족
여러분의 눈과 피부가
햇빛에 민감하다면 내부의 독성 물질을
제거해야 한다. 지나치게 축적된 독성을
씻어내야 하는 것이다. 태양을 피하려는 노력은
심각한 햇빛 부족을 초래하고, 이것이 더 심각한
건강 문제를 일으킬 수 있다. 햇빛을 쬐면
산소의 사용량이 증가하지만, 햇빛을
쬐지 못하면 우리의 세포는 산소
부족으로 고통을 겪는다.
- 안드레아스 모리츠의《햇빛의 선물》중에서 -
* 햇빛이 몸에 닿는 것을
애써 피하려는 사람들이 의외로 많습니다.
외출할 때도 얼굴을 온통 가리고 마치 외계인 같은
모습으로 걷는 사람이 많습니다. 햇빛은 우리 몸에
꼭 필요한 비타민D를 만들어 주는 '은인'입니다.
넘치는 것도 좋지 않지만 부족한 것은
더더욱이나 안 좋습니다.
햇빛을 사랑하세요. 

日光不足
皆さんの目と皮膚が
日光に敏感なら、内部の毒性物質を
除去しなければならない。度が過ぎて蓄積した毒性を
洗わなければならないのだ。太陽を避けようとする努力は
深刻な日光不足を招き、それがさらに深刻な
健康問題を引き起こすこともある。日光を浴びれば
酸素の使用量が増加するが、日光を
浴びることができなければ、我々の細胞は酸素
不足で苦痛を経験する
- アンドレアス・モリッツの<日光の贈り物>より -
* 日光が体に触れることを
努めて避けようとする人が意外に多いです
外出するときも顔をすっぽり覆いまるで宇宙人のような
姿で歩く人が多いです。日光は我々の体に
必要なビタミンDを作ってくれる'恩人'です
過ぎるのもよくないが不足することは
より一層よくないです 
日光を愛してください。

11月に入っちゃいました(^^;)

寒かったり暑かったりする日が続いておりますが

日々、日が沈むのが早くなっています。

もう冬間近ですね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »