« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月25日 (日)

2016年12月19日~12月24日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年12月19日[私は愛されるにふさわしい]
2016年12月20日[間違って見て、間違って聞いて]
2016年12月21日[私が病気の理由]
2016年12月22日[ただ見せてあげる]
2016年12月23日[さらに良いことに向かって]
2016年12月24日[人生を覚ます処方]

12月19日~12月24日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

더 나은 것을 향해
올바른 동기는
단순히 어떤 나쁜 것으로부터
벗어나고자 시도하는 것이 아니다.
그것은 더 나은 것을 향해 움직인다는 것을
의미한다. 사람들이 쉬운 출구를 찾고자 할 때,
그들은 대개 자신들을 바꾸지 않고
세상을 변화시킬 수 있다는
환상에 걸려 넘어진다.
- 킴 마이클즈의《빛을 향한 내면의 길》중에서 -
* 더 나은 것을 향해 걸어갑니다.
더 나은 세상을 향해 함께 걸어갑니다.
오늘보다 더 나은 내일을 위해 땀을 흘립니다.
그러기 위해 비우고 버리고 희생도 합니다.
쉬운 길은 결코 아닙니다. 어렵기 때문에
도전할 만합니다. 그 첫 출발점이
'올바른 동기'입니다.

さらに良いことに向かって
正しい動機は
単純にある悪いことから
逃れようと試すことではない
それはより良いことに向かって、動くことを
意味する。人々が簡単な出口を探そうとするとき
彼らは大概自分を変えず
世の中を変化させることができる
幻想にかかって躓く
- キム・マイケルズの<光に向かった内面の道>より -
* さらに良いことに向かって歩いていきます
さらに良い世の中に向かってともに歩いていきます
今日よりさらに良い明日に向かって汗を流します
そのために、空けて、捨てて犠牲もあります
簡単な道では決してありません。難しいから
挑戦する価値があります。その最初の出発点が
'正しい動機'です

私のお友達に、「あれがおかしい、これがおかしい。なんでそんなこと言うんだろうか」とよく言う人がいます。

昔は「そうだそうだ!」とおもってたんですが、

最近では、否定的な意見を聞いてると、聞いててなんかいやな気持ちになるんですよね。

事実は一つでも、当事者からそれぞれ話を聞くとみんな違うこと言ってたり、一方だけの意見で判断するのは拙速すぎる気がするんですよね。

特に、事実は一つでも、色んな解釈ができるし、背景もそれぞれ違うので、私は、いろんな意見があっていいと思っています。

最近特に思うのは、あらかじめ意見の違いを意識して摩擦を避けることも大切なのではと思います。

とくにSNSの中で発信することに対してそう思います。

私個人的な感想ですが、ネットの世界では自分勝手だと損をする部分があるようにおもいます。

ネットに触れだして、かなりたちましたが今ようやく気づけたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

2016年12月12日~12月17日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年12月12日[高い山から流れる水]
2016年12月13日[熟睡、おいしい眠り]
2016年12月14日[ちゃんと活用しなさい]
2016年12月15日[引き寄せられる話]
2016年12月16日[知恵を得る方法]
2016年12月17日['正直'と'謙遜'で]

12月12日~12月17日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

높은 산에서 흐르는 물
높은 산에서 시작된 물은
대지 깊은 곳으로 스며든다.
기적처럼, 그 물이 내게로 왔다.
내가 감사함으로 가득 찬다.
- 틱낫한의《모든 숨마다, 나》중에서 -
* 물은 흐르면서 정화됩니다.
깨끗하고 맑아지고 생명수로 바뀝니다.
역사도 흐르면서 정화됩니다. 

高い山から流れる水
高い山から始まった水は
大地深くに染み込む
奇跡のように、その水が私に来た
私が感謝でいっぱいに満たされる
- ティク・ナットハンの<すべての息ごとに、私>より -
* 水は流れながら、浄化します
きれいに、清く、生命水に変わります
歴史も流れながら浄化します

山に登ると、よく砂防ダムを見かけます。

下の写真のような施設です。

NHKのドラマ「山女日記」でも出てきました。

砂防ダム

砂防ダムは、川の土や砂をためて土石流を防ぎ、また川の流れを緩やかにして川底が削られるのを防ぎます。

川の流れが緩やかになることで、土石流が発生しても、スピードが弱まり、土石流の力を緩和させる働きも持っているとのことです。

下流に土石流が到達しないようにする大切な施設ですが、

私は、実際に土石流を経験したことがないので、なかなかありがたさを実感できていませんでしたが・・・

下流で土石流被害がないのは、この砂防ダムのおかげだとおもいます。

そんな縁の下の力持ちのような施設をあちこちで見かけます。

山奥にもちゃんと手を入れて、災害を防ぐ工事がなされている日本。

最近、さすが日本だなぁ!って私は思ってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

2016年12月05日~12月10日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年12月05日[中身]
2016年12月06日[私の子供の教育を話す]
2016年12月07日[習慣の奴隷、習慣の主人]
2016年12月08日[無知な人]
2016年12月09日['その程度くらいは']
2016年12月10日[新しく始めること]

12月05日~12月10日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

새로 시작하기
인간은 끊임없이 변화하는
과정의 연속선상에 있습니다.
매 순간 항상 새롭다는 사실이 얼마나
신선한 감동과 생동감을 불어놓아주는지요.
지나간 모든 것들을 뒤로한 채 다시금 새롭게
시작할 수 있는 기회가 주어지는 삶,
우리 삶은 늘 새로운 백지에
새 그림을 그리는 것입니다.
- 유시찬의《나는 지금 어디에 서 있는가》중에서 -
* 날마다 똑같은 일상의
반복 같지만 어제와 같은 오늘은 없습니다.
늘 같은 그림을 그리는 게 아니라 새로운 백지에
새 그림을 그리는 것입니다. 오늘도 새 백지에
새 그림을 그리는 마음으로 새로운 하루를
맞이해 봅니다. 새로운 역사가
시작되고 있습니다.

新しく始めること
人間は、絶えず変化する
過程の連続線上にあります
毎瞬間、いつも新しい事実がどれだけ
新鮮な感動と、躍動感を吹き込んでくれるでしょう
過ぎたすべてのことを、後に残したまま、もう一度新しく
始めることができる機会が与えられる人生
我々の人生はずっと新しい白紙に
新しい絵を描くことです
- ユ・シチャンの<私はどこに立っているか>より -
* 毎日同じ日常の
反復のようだが、昨日と同じ今日はありません
ずっと同じ絵を描くのではなく新しい白紙に
新しい絵を描くのです。今日も新しい白紙に
新しい絵を描く心で新しい一日を
迎えてみます。新しい歴史が
始まっています。

ゆっくり山を歩いたり、町の中を踏みしめてあるくと

鳥のさえずりや、美しい花、思わぬ石碑などを見つけて

車では、気づかない発見がたくさんあります。

20代ではこんなこと考えなかったのに(笑)

過ぎたことをそのまま残して、私も前を向ていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

HANA韓国語学習会in福岡に参加しました。

株式会社HANA営業のとんそく子さんの九州出張に合わせて、

実施された学習会。私も参加してきましたw

前日は熊本で、当日は午前中小倉で営業を済ませてからの福岡入りで、機動力に感服しました^^

最初に、どうして学習会を開催することにしたのか?ということについてお話がありました。

それは、ご自身の地方営業で、韓国語学習者さんからよく聞く声からだったということでした。

地方で韓国語を学習することは、語学学校が遠かったりして勉強をするにはなかなか厳しい環境にあります。

それは私も実感していることでありました。

そこで、地方で学習会を開催して、韓国語学習者にあつまってもらい

韓国語学習ジャーナルhanaをつかって、集まった人たちで自発的に勉強する方法をお伝えする。

そしてHANA韓国語学習会の後も、定期的に集まって学習を続けてほしい。

またおすすめ教材で、自分のレベル、学習したい方向に合わせて自分なりの勉強する方向をつかんでほしい。

そんな願いが込められたHANA韓国語学習会だったのかなとおもいました。

とんそく子さんが、勉強会が終わって

「私は、今日の勉強会で、自分が講師だとおもってしゃべってない。」

ともいわれてました。

同じ学習者として、同じ目線からのお話って初めて聞いたかも。。とその時はじめて思いました。

参加者は20数名いらっしゃったように思いますが、

2003年から学習を始めた冬ソナ1期生はもう少なくて

学習を始めてここ5,6年くらいの方が多いようでした。

学習者の世代交代が起きてるんですね。

沢山学びのある学習会を本当にありがとうございました

2017年も韓国語を頑張っていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

2016年11月28日~12月03日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年11月28日[正直に話すこと]
2016年11月29日[高山病]
2016年11月30日[呼吸を学ぶ]
2016年12月01日['オリジナル'アイデア]
2016年12月02日['小道の学校']
2016年12月03日[祈祷の部屋]

11月28日~12月03日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

솔직하게 말하기
거듭 말하지만
솔직함은 최고의 감동으로 가는
지름길이다. 당연히 그 내용에는 잘한 일만
포함되어선 안 된다. 실패의 사례도 있어야 하고,
부끄럽거나 쑥스러웠던 경험도 담겨야 한다.
그것이 진정으로 사람들의 마음을
움직일 수 있는 솔직함이기
때문이다. 
- 윤태영의《대통령의 말하기》중에서 -
* 솔직하게 말하기!
처음부터 솔직한 것이 가장 좋습니다.
첫 단추가 중요합니다. 첫 단추를 놓쳤으면
두 번째 단추, 두 번째 단추마저 또 놓쳤으면
세 번째 단추를 끼울 때 바로잡아야 합니다.
그렇지 않으면 '양치기 소년' 신세가 되어,
아무도 믿지 않는 고립무원의 골짜기에
스스로 굴러 떨어지게 됩니다.

正直に話すこと
重ねて言うが
正直さは最高の感動で行く
近道だ。当然、その内容にはちゃんとしたことだけ
含まれるのはダメだ。失敗の事例も入れなければならず
はずかしい、照れ臭かった経験も詰め込まなければならない
それが本当に、人々の心を
動かすことができる、正直さ
だからだ。
- ユン・テヨンの<大統領の話すこと>より -
* 正直に話すこと
最初から正直なことが一番いいです
最初のボタンが重要です。最初のボタンを落とせば
2番目のボタン、2番目のボタンもまた落としたら
3番目のボタンをはめて、直さなければならない
そうしないなら'羊飼いの少年'の身になって
誰も信じない、孤立無援の谷に
自ら、転げ落ちます。

以前宇宙飛行士の若田さんが、「(人に教えるときは)自分の失敗も交えて話す」というようなことを、インタビューで言われてました。

それをふと思い出しました。

失敗を自分の中で消化しているからこそ、ちゃんと話すことができるんですよね。

プライドが引っ掛かってればしゃべれないし、消化してないとひがみが入ってちゃんとは話せないです(私自身の経験談です)

それに最近思いますけど。。。取り繕うのは、とっても大変。

私とってもめんどくさがりなもので。。。最近めっきり苦手になりました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

2016年11月21日~11月26日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2016年11月21日[自分のへそばかり見つめるな]
2016年11月22日[私の体を私が分かって…]
2016年11月23日[アイデアと民主的活動]
2016年11月24日[白い鳥]
2016年11月25日[避けたい苦痛]
2016年11月26日[適切なタイミング]

11月21日~11月26日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

피하고 싶은 고통
고통의 가치...
얄궂게도 피하고 싶은 고통이
나를 성장시키고 발전시키는 바탕이 된다.
행복만이 우리를 만들어내는 것은 아니다.
불행도 우리를 만들어내는
중요한 재료다.
- 소노 아야코의《약간의 거리를 둔다》중에서 -
* 어떻게 이런 고통이 나에게...
어떻게 이런 불행이 우리에게...
정말 피하고 싶은 고통과 불행이 있습니다.
그러나 그 고통과 불행을 어떻게 잘 다스리고
넘어서느냐에 따라, 값으로 따질 수 없는 
행복의 재료가 됩니다.

避けたい苦痛
苦痛の価値…
皮肉にも避けたい苦痛が
私を成長させ、発展させる土台になる
幸せだけが我々を作り出すのではない
不幸も我々を作り出す
重量な材料だ
- 曽野綾子の<若干の距離を置く>より -
* どうしてこのような苦痛が私に…
どうしてこんな不幸が私たちに…
本当に避けたい苦痛と不幸があります
しかし、その苦痛と不幸をちゃんと治めて
切り抜けるかによって、値段を付けられない
幸せの材料になります。

以前、被害者意識が強いと、ストーカーの傾向になりやすいという話を聞きました。

そんな話をきいて、最近本当に強い人っていうのは、

自分の失敗や都合の悪いことも笑って話せる人なのかなぁ

と思うようになりました。

私自身がそうなれてるかといえば、道のりはなかなか長いですが(苦笑)

でも、せっかく生きるなら、苦労のせいで精神がひん曲がってしまうより、

苦労を熟成させてまろやかにして成長しながらしなやかに生きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »