« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月20日 (月)

九州オルレ唐津コースを歩きました。

パウロ・コエーリョの星の巡礼を読んでから、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路のようにずっと続く1本の道を歩きたいなーと思っていました。

巡礼路はいくらなんでも難しいので(苦笑)

九州オルレはちょうどいいなと思っていて、今回九州オルレ唐津コースをめぐってきました。

DSCF1229

道の駅桃山天下市に九州オルレ唐津コースのスタート地点があります。

DSCF1286

堀秀治陣跡。とても広大で能舞台もありました。

すごく気持ちのいい場所でした。

朝鮮出兵の際、当時の日本の名だたる武将が名護屋に集結したんですね。

人が増えると食料は何とかなるんですが、その際水事情がとても悪くなったそうで、武将間でいざこざがあったみたいです。

前田利家と、徳川家康の間で起きた水争いがあって、

それを伊達政宗が収めたとか。伊達政宗の名前があちこちでます。

DSCF1306

こちらは立ち寄り所の茶園海月。

かいげつと読みます。一瞬クラゲ??って思っちゃいました(笑)

この日本庭園が素晴らしかったです。海や名古屋城址が借景になっていて、お茶をいただきながら見るお庭が最高!

季節を変えてまた来たいです。

DSCF1321

名護屋城址のど真ん中にある石碑。

名護屋城址の横に「元帥伯爵東郷平八郎書」と書いてあります。

きっと史跡に指定された当時に書かれたものでしょうから

1926年(大正15年)からここにあって、今もなおどっしり変わらず鎮座してることに驚きました。

DSCF1324

名護屋城の天守があった個所から眺める玄界灘。

見晴らしがよく一望できるところに本丸がありました。

この海を埋め尽くす船が出港したのを秀吉も見たのかと思うと、

感慨深かったです。

DSCF1363

唐津コース後半の波戸岬遊歩道。

海か透き通ってました。そして崖になっている柱状節理。

溶岩が急激に冷やされた柱上にひびが入ったものです。

波戸岬は火山活動でできたのですね。

遊歩道からずっと海が見えてとてもきれいで癒されました。

DSCF1391

ゴール地点のトルハルバン。

済州オルレの発祥の地、済州島西帰浦市と唐津市の姉妹都市締結20周年を記念して送られたものだそうです。

歩く前は、自分探しでもするのかなっとおもっていましたが

実際九州オルレ唐津コースを巡ったら、戦国武将の陣跡、名護屋城址の歴史のすごさ、波戸岬遊歩道からの絶景に癒されて

実際自分の足で歩いてみて、唐津を再発見したそんな旅でした。

40代になって、自分探しは完全に終了したようです(笑)

九州オルレは、ほかにもたくさんあるので、近いところから(笑)

また回ってみたいと思います。

参考リンク:九州オルレ唐津コース/唐津市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

2017年03月06日~03月11日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年03月06日[一人でいる方法を学びなさい]
2017年03月07日[偉大な孤独]
2017年03月08日[本当の経験]
2017年03月09日[生豆腐]
2017年03月10日[喉が痛い]
2017年03月11日[創造の時間]

03月06日~03月11日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

진짜 경험
행복하기 위해서는
진짜 경험에 자신을 던져야 합니다.
기분 좋은 느낌은 현실 속 경험의 축적에서
비롯됩니다. 몸에서 일어나는 그 느낌,
지금 이 순간의 경험에 충분히
빠져들 수 있어야 합니다.
- 김병수의《감정의 온도》중에서 -
* 껍데기에 머문
가짜 경험이 너무 많습니다.
깊은 경험, 경이로운 경험. 인생을 바꾸는 경험은
진짜 경험의 축적에서 비롯됩니다. 여기에는
얼마쯤의 자기 희생과 용기, 몸을 던지는
깊은 몰입이 요구됩니다. 진짜 경험이
진짜 공부입니다.

本当の経験 
幸せのためには
本当の経験に自分をぶつけなければなりません
気分の良い感じは、現実の中の経験の蓄積から
始まります。体から起きるその感じ
今この瞬間の経験に十分に 
浸かることができなければなりません
- キム・ビョンスの<感情の温度>より -
* カラにとどまった
ニセの経験がとても多いです
深い経験、驚くべき経験、人生を変える経験は
本当の経験の蓄積から始まります。そこには
いくらくらいの自己犠牲と勇気、体をぶつける
深い没入が要求されます。本当の経験が
本当の勉強です

3/11は、東日本大震災から6年でした。

もう6年も経ってしまったのですね。時の流れは本当に早いです。

震災がなければ私は東北に行くこともなくて、

今きっとこうしてジョギングもしてなかっただろうな。。

と思うと・・・何とも言えないめぐり合わせの妙を感じました。

最近は、今の普段の生活もめぐり合わせの妙の中にいるんだなと思うようになりました。

いつもすぎて慣れちゃってるけど、めぐりあわせで、たまたま人生が交わってるんですよね。

うまく表現できてるか自信ないですが(^^;)

普段のめぐり合わせの妙に感謝したいとおもった、もすぐ桜が咲きそうな頃ですww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

2017年02月27日~03月04日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年02月27日[懐かしがりなさい]
2017年02月28日[見える人、見えない人]
2017年03月01日[戦場と監獄で文字書き]
2017年03月02日[よく怒るなら]
2017年03月03日[心のシャワー]
2017年03月04日[治癒のカギ]

02月27日~03月04日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

보이는 사랑, 보이지 않는 사랑
"언제나 보이는 세계와
보이지 않는 세계를 잇는 다리 위에 있어야 해."
유칼리나무 숲속을 함께 걸으며 위카가 말했다.
"우주 만물은 모두 생명을 지니고 있어.
항상 그 생명들과 만나려고 노력해야 해.
그 생명들은 당신의 언어를 알아들어.
그러면 세상은 당신에게 전혀
다른 의미를 띄게 될 거야."
- 파울로 코엘료의《브리다》중에서 -
* '빙산의 일각'이란 말처럼
보이는 것은 한 조각에 불과합니다.
보이지 않는 세계가 훨씬 크고 넓습니다.
사람의 아름다움도 외면보다 내면이 더 깊고,
사랑도 보이는 사랑보다 보이지 않는 사랑이
더 크고 깊습니다. 그것을 잇는 다리가
언어입니다.

見える人、見えない人
"いつも見える世界と
見えない世界をつなぐ橋の上にいなければならない"
ユーカリの森の中を歩きながら、ウィッカが言った
"宇宙の万物は、すべて生命を持っている
いつもその生命と、会おうと努力しなければならない
その生命はあなたの言語を理解する
そうすれば、世の中はあなたに全然
違う意味を目覚めさせるのだ"
- パウロ・コエーリョの<ブリーダ>より -
* '氷山の一角'という言葉のように
見えることは、ひとかけらに過ぎません
見えない世界が、いっそう大きく広いです
人の美しさも外面より、内面がさらに深く
愛も見える愛より、見えない愛が
大きく深いです。それをつなぐ橋が
言語です

そうそう。。。

CAが、着陸時に「窓のシェードを開けてください」っていうのは、テロ対策か何かと思っていたのですが・・・

ということだったんですね。

不測の事態にも対処できるようにとの配慮だったんですねぇ

何気ない日常に大切なものが詰まってるんだなぁと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

益城町~南阿蘇~日向に行ってみました。

週末、ちょっと足を延ばして日向まで行ってきました。

途中益城町、西原村、南阿蘇村と通ったのですが、県道28号線が途中通行止めでう回路になっていました。

当初、グリーンロードがう回路とされていましたが、グリーンロードは標高が高く凍結に伴う通行止が発生します。

そこで、損傷した俵山トンネルを復旧して12月に俵山ルートが開通し現在を迎えていました。

DSCF1098

これは俵山ルート途中で撮った写真です。

DSCF1102

俵山トンネルを抜けたところにある駐車場から撮影した阿蘇山。

祖母山を登った時も南阿蘇村から眺めましたが、

今回は全然違って見えました。

被災された皆様の一日も早い復興をお祈りいたしました。

そしてそれから100kmほど先にある日向灘。

DSCF1110

この日も、穏やかに水平線が見えました。

私は、太平洋というとこの穏やかな印象です。

でも、ひとたび東南海地震で大津波が発生すれば

この景色が一変するはずですが。。私にはとても想像できないです。

太平洋を見ながらずっと綺麗で穏やかであってほしい。

心からそう思いました。

改めて熊本地震で被災された皆様の一日も早い復興を心からお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »