« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

2017年06月26日~07月01日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月26日[霊的休息]
2017年06月27日[6月、君の思い]
2017年06月28日[アイデアの力]
2017年06月29日[争い]
2017年06月30日[ダイヤモンドの畑]
2017年07月01日[夢見る勇気]

気になった朝の手紙は・・・

바꾸는 용기
철학자: 있는 그대로의
           '이런 나'를 받아들이는 것.
           그리고 바꿀 수 있는 것은 바꾸는 '용기'를 낸다.
           그것이 자기 수용이야.
청년: 음,그러고 보니 
        전에 커트 보네거트라는 작가가
        이와 비슷한 말을 인용했더라고요.
       "신이여, 바라옵건대 제게 바꾸지 못하는 일을 
        받아들이는 차분함과 바꿀 수 있는 일을 바꾸는 용기와
        그 차이를 늘 구분하는 지혜를 주옵소서"라고요.
- 기시미 이치로의《미움받을 용기》중에서 -
* 불안하고 급변하는 세상속에서
무언가에 쫓기듯 정신없이 살아갑니다.
때론 허황된 기대와 현실 사이에 좌절도 하고
중심을 잃고 흔들리기도 하지요. 그래도 저에게
차분함과 용기와 지혜만 있다면 이 험한 세상
잘 헤쳐 나갈 수 있을 것 같아요.

夢見る勇気
哲学者:あるがままの
'この私'を受け入れること
そして変えられることは変える'勇気'を出す
それが自己受容だ
青年:そういえば
前にカート・ヴォネガットという作家が
それと同じ言葉を引用していました
"神よ、願わくは自分が変えられないことを
受け入れる冷静さと、変えることができることを変える勇気と
その違いをいつも区別する知恵をください"と
- 岸見一郎の<嫌われる勇気>より -
* 不安で、急変する世の中で
何かに追われるように、夢中に生きていきます
時には荒唐無稽な期待と、現実の間に挫折して
中心を失い、揺られるでしょう。それでも私に
沈着さと勇気と知恵だけあれば、その険しい世の中に
ちゃん乗り切れるでしょう。

7月が終わりそうなのにやっと7月分に入りました(-_-;)

ちょっと、バタバタで遅れ気味ですが、コツコツと続けていきたいと思います。

変えられないことに未練もあったりしますが、なるべく未練を薄めて

私も変えられることに、集中していきたいと思います。

シギンカラマツ

休日の山登りで、大変希少なシギンカラマツを見つけました。

暑いですけれども、こういう花に出会うとめちゃ嬉しいですね。

しばらくして見に来たら、ほかの花が咲いてるかなと

楽しませてもらってます。

来週も頑張ろうと力をもらえます。

体力づくり、お花の鑑賞とまさに一石二鳥w

そして何といってもお酒がおいしいです。

ま、体重は以前として減らないですがw

楽しんで過ごしていきたいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

2017夏オニユリが咲きました

オニユリ

オニユリは韓国語で、참나리。나리はリリーの意味なんですね。

そして漢字では、百合。韓国語も同じように백합という呼び方もあるみたいです。

それにしても暑い!九州には完全に夏が来ました!

派手なオニユリを見ると、南国のような暑さも感じます

今年は、水分ばかりじゃなく塩分も補給して暑さに上手に付き合いたいです^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

2017年06月19日~06月24日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月19日[ヴィノバ・バーヴェ]
2017年06月20日[輝く悟りの光]
2017年06月21日[氷のない世の中]
2017年06月22日[ちょっとまどろんだら…]
2017年06月23日[無報酬]
2017年06月24日[愛は望まない]

気になった朝の手紙は・・・

사랑은 바라지 않는다
사랑을 하면 부드럽게 속삭인다.
두 가슴의 거리가 매우 가깝다고 느끼기 때문이다.
그래서 서로에게 큰소리로 외칠 필요가 없는 것이다.
사랑이 깊어지면 두 가슴의 거리가 사라져서 아무 말이
필요 없는 순간이 찾아온다. 두 영혼이 완전히
하나가 되기 때문이다. 그때는 서로를
바라보는 것만으로도 충분하다.
- 류시화의《새는 날아가면서 뒤돌아보지 않는다》중에서 -
* 사랑이 멀어진다고 느껴지면,
계속 원하고 바라게 됩니다. 사랑이 가깝다면,
말이 필요 없게 됩니다. 바라봅니다.
손을 잡습니다. 살며시 입맞춥니다.
더 이상 바랄 것이 없습니다.
마음이 하나가 됩니다.

愛は望まない
愛すれば、柔らかくささやく
二人の胸の距離が、とても近く感じるからだ
だから、お互いに大きな声で叫ぶ必要がないのだ
愛が深くなれば、二人の胸の距離がなくなって、何も言う
必要がない瞬間が訪れる。二人の魂が完全に
一つになるからだ。その時お互いを
眺めることだけでも十分だ
- リュ・シファの<鳥は飛び立ちながら振り返らない>より -
* 愛が遠のいたと感じれば
続けて望めばよいです。愛が近くなれば
言葉が必要ではなくなります。眺めて見ます。
手をつかみます。そっと、口を合わせます
これ以上望むことはありません。
心が一つになります

まだまだ手紙がたまって申し訳ございません(^^;)

ちょうどこのツイッターを見かけた後でしたので、心に響きました。

執着は愛じゃないですよね。そう思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

2017年06月12日~06月17日の朝の手紙を翻訳しました。

朝の手紙の翻訳を公開します。

2017年06月12日['どう'がさらに重要だ]
2017年06月13日[私の体をわかろう]
2017年06月14日['絵のよう]
2017年06月15日[創造作業]
2017年06月16日[魂の成長、魂の旅行]
2017年06月17日[夢がある妻は…]

気になった朝の手紙は・・・

내 몸을 알자
자신의 몸에 대해 아는 것은
자신을 사랑하는 일의 시작과 다르지 않습니다.
그리고 더욱이 그것은 사람을 표현하고,
사람들에게 희망과 깨달음을 안겨줄
의무를 지닌 예술가들에게는
필수적인 일이죠.
- 석정현의《석가의 해부학 노트》중에서 -
* 몸이 사람입니다.
몸이 없으면 사람이 아닙니다.
그 몸 안에 마음과 정신과 영혼이 깃들어 있고
그것을 공부하고 표현하는 것이 예술입니다.
몸 공부가 곧 예술 공부입니다.
내 몸을 제대로 아는 것이
그 시작입니다. 

私の体をわかろう
自分の体について知ることは
自分を愛することの始まりと変わりありません
そして、しかもそれは人を表現して
人々に希望と悟りを抱かせてくれる
義務を持った芸術家たちは
必須的なことでしょう
- ソク・ジョンヒョンの<釈迦の解剖学ノート>より -
* 体が人です
体がなければ人ではありません
その体の中に、心と精神と魂が宿っていて
それを学んで表現することが芸術です
体の勉強が、すなわち芸術の勉強です
私の体を、ちゃんとわかることが
その始まりです

今回から、PDFのみの公開とさせていただきます。^^;

先日は大雨が降ってホント慌てふためきましたが

本日は、スカッとはれ上がってすごい蒸し暑さでした(^^;)

若いころはあまりクーラーを入れず過ごしていましたが、

もう年齢的に無理。命の危険を感じます(^^;)

健全なる精神は健全なる身体に宿る

と言います。

お酒を控えて、これからも運動に励みたいと思います。

今週末は山に登っていっぱい汗をかこうかなww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

2017年梅雨桔梗が咲きました。

桔梗

今年は、真っ青な桔梗の花がみたいなーと思っていたら、

桔梗って意外と近くにあるんですね。

あちこち目に入ってきました。

しかもすごい強くて、庭植なら水はいらないし、

切って水につけておけば根っこが生えて来るらしいです。

そして桔梗は韓国語で도라지。

トラジと言えば、焼肉屋や飲み屋の名前になっていたりします。

桔梗の根はナムルとして食べたりもしますよね。

そういうことから、私は桔梗をみると、韓国を連想してしまいます。

ムクゲも私に韓国を連想させますがそうですが、

どちらも暑い中涼しく咲いてますねー

しかも、咲いて咲いて咲きまくります。そういうところも韓国を連想させます。

私も見習って、これから暑くなる夏を涼しくりりしく過ごしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »