« シルミド vs Brother foot | トップページ | 韓国史上最悪の事件 »

2004年7月11日 (日)

曽我さん再会

 曽我さんが、ジェンキンスさん、娘さんと再会した。平壌での中継は、びっくりした。マルボロというアメリカ製のタバコを吸うジェンキンスさん、そして服はシルクのスーツ。ジェンキンスさんはVIP待遇だ。

 しかも7月11日の選挙を前にした再会。北朝鮮政府は、小泉首相が、政権を担い続けて欲しいと、考えているのだろうか。中継と言い、再会の日取りと言い。。。友好的な雰囲気を作り出してるようだ。

 それにしても、3人の北朝鮮政府随行員に対する取材がすさまじい。「ジェンキンスさんと連絡は取れましたか?」「ジェンキンスさんと連絡するルートは確保していますか?」ホテルから、エレベーター、そしてエスカレータは乗りすぎてストップするし。随行員が、無視し続けると、夜随行員のホテルの部屋へ電話。随行員がホテルを出たら、取材陣はバイクで追いかけ、随行員が北朝鮮大使館に入って、取材陣が閉め出されたらあきらめると思ったら、ヘリコプターで大使館上空を取材。

 さすがに「この国には、プライバシーというものがないのですか?」みたいな発言を、苦笑いしていっていた。どっかで見たこと有る光景だなぁと考えたら、パパラッチだった。ちょっとかわいそうなきがしました。

 これだけメディアの注目を集め、取材攻勢を受けていたら、確かにプライバシーは無いでしょうね。

 

|

« シルミド vs Brother foot | トップページ | 韓国史上最悪の事件 »

韓国@未分類」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曽我さん再会:

« シルミド vs Brother foot | トップページ | 韓国史上最悪の事件 »