« 大長今 | トップページ | 1万ウォン札 »

2004年9月20日 (月)

韓流ドラマ特集

 今日日テレ系で、特集していた!!相変わらず優しいかおりを醸し出しているヨン様ですが。いつの間にかヨン様がすごく日本語上達している!!!っていうかフラボノのCMで「好きです」っていうバージョンがあるなんて!しらんやった!没なのか?それとも見ることができるのだろうか?「好きです」と言う言葉が一番苦労したそうです。そのうち放送があるのかな・・

 そして、番組によれば今韓国ではフルハウスが人気なんだ。っていうか、撮影その日の朝に台本配るなんて有えないw。(視聴者の要望により台本を替えるらしい)そう言えば、水木(週2回の放送)ってドラマ有るから地獄の強行軍って言う話は本当だったのか。。。しかし放送10分前に完成したりとは。。。恐ろしい

 ああーあっとすっかり忘れてましたが、「ブラザーフット」と「シルミド」ですが、ある方が「シルミドの方がいい!!先にシルミド見たら、ブラザーフットはイマイチに見えた」っていわれてましたが、そんなこと私にはありませんでした。味方が一瞬の躊躇で死んでしまう戦争の非情さ、チャンドンゴン(兄)と、ウオンビン(弟)の葛藤、そしてディテールでは人民軍が使っている軽機関銃や手榴弾はちゃんとソ連製だし、韓国軍が使う拳銃は米軍仕様なので、韓国人にとっては極端にでかいところまでこってる(これは友人談)。後半で共産党義勇兵が参戦するんですが、その際驚異の人海戦術のさまをさらっと描いていたり、、確かにアクション有り、兄弟愛有り、そして歴史を考えされられるものがあり、私はブラザーフットがよかったなあ

朝鮮戦争についてはこれを参照
朝鮮戦争前半編
朝鮮戦争後半編

あ、そうそう、朝鮮戦争で韓国側に米軍を中心とした国連軍の派遣が国連で承認されたんですが、長年疑問に思ってました。だって、常任理事国にソ連と、中国が居るわけでしょう?拒否権で何故拒否しなかったんだろうって思ってました。誰がどう考えたって国連軍のお墨付きを敵に与えたりしないでしょう。。。そこでついでに調べたら。。こんなHP発見そこには、 「アメリカは直ちに国連に提訴し,中華人民共和国加盟問題でソ連欠席中の安保理事会において北朝鮮を侵略者と断定させ,国連軍による軍事制裁を決定し,17カ国が派兵したが大部分は米軍であった。」 あああーそうか当時の安保理は中華人民共和国ではなく中華民国(台湾)だったのね。それでソ連はボイコット中で通ったんだね。あー何かすっきりした。

|

« 大長今 | トップページ | 1万ウォン札 »

韓国@未分類」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流ドラマ特集:

« 大長今 | トップページ | 1万ウォン札 »