« 私の壁紙・・ | トップページ | ニュース23「愛国心」 »

2005年10月26日 (水)

尊敬する方

実は。。昨日・・のみ会で、熱燗は飲むは、焼酎水割りは飲むは。。

案の定。。今日はすごく体が重く、仕事を強引に切り上げ、今まで寝てたまろです。(核爆)

いままで、ブログを書いてきたんですけど。。

実は、尊敬と言うか、文章をの書き方を参考にさせていただいてる方がいます。

それは、佐賀県古川知事のプライベートホームページ にある、毎週火曜日に書いてらっしゃる「週刊yasushi」というエッセイです。

(ホームページを開いて左側の週刊yasushiをクリックしてみてください)

知事自身が、ちょっとした日常の経験をとりあげて、

それから思いもよらない教訓をえたり、、、

文章は、とても読みやすいけど、知的な雰囲気が漂ってて

それに、知識をひけらかす感じじゃ全然ない。

あーーこんな文章ブログで書きたいなーってみるたびにおもっていました。

時々、その出来事の中で質問されているんですけど、

その質問自体が鋭く、帰ってくる答えも気持ちよかったりします。

例えばこんな感じです。。

平成17年7月5日(火)第111号 「あるライブ」より

実際に執刀していたのは友人のドクターの言によれば「日本一腕のいい」医師だったらしい。

「腕がいい、わるいってのはどこが違うの?」と彼に聞いてみた。

答えはこうだった。
「ある患者さんについて、こういう方法でやればいい、ってのは誰でも考える。それで70%の患者さんはOKだ。ただ、その方法ではうまくいかない場合もある。そのときにどうするか、ということなんだ。この患者さんの状態をよくわかった上で、これがだめならあれ、あれもだめならそれ、しかし、これだけは防がなくてはいけない、ということをどれだけ考えられるか、っていうことがポイントになる。できるだけたくさんの選択肢を考えられ、そしてそれを実行できる医師は手術の成功率が高くなり、それが結果的にはより多くの患者さんを救うことになる、ということだよ」。
この答え、はっとした。これは何も狭心症の手術のときだけにあてはまることではない。僕らが日々担当している仕事にも間通じるものがあるではないか。

言葉では、ちょっと表現しづらいのでちょっと読んでいただければ、

私の伝えたい雰囲気を分かっていただけると思います。

私も些細な日常から、韓国を語りたいですw

。。。すいません。。今日はスタミナが_| ̄|○

切れてしまったようです。。また、お会いしましょう

=========================
韓国語の勉強時間 合計【 140.5 】時間 
+0.0 すいませんもう寝ます
今日のモチベーション【 55 】% -12脳みそが。。死んでます

|

« 私の壁紙・・ | トップページ | ニュース23「愛国心」 »

私@日記」カテゴリの記事

コメント

まろさん、こんばんは。

お体、大丈夫ですか?
この古川知事の記事考えさせられますね。早速私もHP見てみました。(まだほんのちょっとですが…)日常の出来事、普通ならもしかしたら「ふ~んそうなんだ」で終わってしまうかもしれないことをそれだけでは終わらせず、洞察し、自分はどうなのかとフィードバックしているところがすごいですね…。私も見習いたいと思いました。

投稿: はっち | 2005年10月26日 (水) 22:55

体の方は。。中途半端に寝たせいで夜ねむれず帰って自爆しました。(笑)
古川知事の記事はとっても面白いですよ~
些細なことから教訓を得るところは、私も見習いたいです
毎週火曜日楽しみです。

投稿: 管理人 | 2005年10月27日 (木) 21:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尊敬する方:

« 私の壁紙・・ | トップページ | ニュース23「愛国心」 »