« 講座に通っている人々 | トップページ | 日本が解かれる日 »

2006年1月17日 (火)

かなりショック

うぇええーんw(:_;)w

また今日も残業で講座いけなかったよーこれで丸2ヶ月いけなかったス・・・

しかも今日は、リンクをたどりたどりしているうちに

マガジン9条

というHPにたどり着きました。

皆様お気づきと思いますが、私の頭の中は韓国に好きな部分と嫌悪している部分があります。

しかし今回私は以下に書いてあるページを読んで、私の頭の中の親韓と嫌韓のバランスが崩れてしまいました。

今日のエントリは、親韓の方は読まないほうが良いかもしれません。

ちょっと文章を離して書きます。

 

 

 

 

 

 

マガジン9条の中の「世界から見た今のニッポン」って言うページを読んだんですが、

ハン・ホング/歴史家
1959年ソウル生まれ。
聖公会大学教養学部助教授、同大学人権平和センター所長。
ベトナム戦争における韓国軍による民間人虐殺事件の真相究明や
その和解に向けての運動、平和博物館の建立運動、
良心的兵役拒否権実現運動などに関わる。
韓国のみならず日本でも注目を集める新進歴史家。

 

という方が、「韓国から見た日本と憲法9条」という文章を書いていました。そこには

韓国における原爆に対する考えはとてもストレートで、ひどい言い方になりますが「ざまあみろ」とか「そのおかげで私たちは解放された」 とかいったものが一般的です。

そして、そのあとに・・・

今年の10月、韓国の平和運動家たちと一緒に広島の原爆記念館を訪れたときのことです。日本の平和運動家と一緒に開いたシンポジウムで、 韓国からの1人がまず発言したのが、 「原爆が落とされる発端になったのは日本が起こした戦争なのに、記念館にはそれに対する責任と反省に関する記録がない」 ということでした。

※着色は私がしました。

一部を切り取ってるので、これだけ見るとさらに気分が悪いですね。

「ざまあみろ」発言は、はらわたが煮え繰り返るほどはらだだしく不愉快です。しかも一般的だとぉ?

あまりの怒りで美味く言葉になりません.....

今日は頭を冷やしたいと思います・・・

 

 

 

|

« 講座に通っている人々 | トップページ | 日本が解かれる日 »

私@日記」カテゴリの記事

コメント

立場を変えてみるといろんな見方があるということですね。けっしていい気分ではいられませんが、日本が朝鮮半島や中国を侵略したという歴史から考えると、致し方ないかもしれません。もちろん韓国の方の中には過剰反応な人もいるし、冷静な人もいるということではないでしょうか?
戦争や侵略、植民地化といった悲しい歴史上の事実は、被害者の側面と加害者の側面両方をあわせもっているので、日本は加害者でもあり被害者でもあるということです。韓国の方は日本に対して、被害者の意識がたいへん強いと思います。そのために日本人からすれば嫌な発言もされるのでしょう。でも、私はその壁は今のような韓流ブームとともに、相互理解がすすむ中で乗り越えられると期待しています。その力に私たちのような民間の韓流ファンもなれるのではないかと希望します。楽観的すぎるでしょうか?

投稿: ☆のまほう | 2006年1月18日 (水) 00:00

レスを書こうとして、言葉を選んでいる間にすでに1時間経ちました。ご批判は甘んじで受けますので私の素直な気持ちを書くことにします。

 まず、私は韓国が好きな日本人として、☆のまほうさんが言われていることは十分承知しているということは分かってください。また、相互理解が進めば「壁」が乗り越えられるとも思っています。

 ただ、韓国側のこのような不謹慎な発言は、植民地支配を申し訳なく思う気持ちに水を差します。心になんともいえないわだかまりをつくり、表面では植民地支配について謝れても、心のそこから謝るというのはそれこそ高尚な心の持ち主でないと無理のような気がします。

 私個人的な見解として、歴代首相は反省の気持ちをすでに何回も述べていますが、他の政治家が韓国に対して不謹慎な発言をしたりします。それを韓国の方は「心のそこから反省していないせいだ」といわれますが、まさに、上記のようなわだかまりが原因の一つではないかとも思っています。

 

投稿: 管理人 | 2006年1月18日 (水) 22:44

実際に韓国の人とつきあいがないので想像での発言ですが、韓国の国民全員がそういう考えではない…と思いたいです。
戦後(韓国では解放後、ですかね)60年が経っていて、歴代総理大臣が謝罪し、戦後保障もしているのに恨まれ続けなければいけないというのは解せません。
豊臣秀吉の朝鮮出兵の事に関しても未だに「日本はけしからん」という人がいるそうですが、
正直そういう人は理解できません。
忘れてはいけないことだとは思いますが、
いつまで相手を責めていても仕方ない。
水に流してお互い歩み寄ろうと言う動きがあってもいいのに…と思います。
(韓国だけでなく、中国に対しても思います。)
韓国はいつまで日本を責めれば気が済むんだろう?というのが一日本人の疑問です。
お互いの立場があるので、相手からそういう発言があるのはある意味仕方ないのかもしれません。…でもなぁ。ざまあみろってのは腹が立ちますね。

私は親韓派ですが、韓国人のこういう発言は複雑な気持ちになります。

投稿: chie77 | 2006年1月18日 (水) 23:40

率直な意見ありがとうございます。
私もまさに、同じような気持ちです。私の独断的見解を述べたいのですが、とても長くなりそうなので別にエントリしたいと思います。

投稿: 管理人 | 2006年1月19日 (木) 21:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かなりショック:

« 講座に通っている人々 | トップページ | 日本が解かれる日 »