« 韓国およめいりレビュー | トップページ | 玉ねぎ除草作戦 »

2006年3月 5日 (日)

講座の先生に必要なもの

最近気が付いたんですが、ネイティブ先生に必要なのは以外と「なまりのない日本語」かも知れません。


こんなことがありました。


Kさん「先生、パッチムがむずかしかー美味く発音できんですよ。」


先生「そんな事ないですよ。皆さんじつはちゃんと使ってるんですよ(^ー^)」


Kさん「え?そうですか?Σ( ̄ロ ̄|||) 」


先生「ハンバーガーって言って見てください。」


Kさん「ハンバーガー・・・」


先生「ハンバーガーの「ん」ってㅁ(m)
パッチムに近い音なんですよ」


先生「だから、ハンバーガーのつもりで감사합니다(カムサハムニダ)というといいですよ。」


 


なるほどなぁ たしかにそうですね。


mに近い音ですよね。


それにこういう教え方をしていただけると頭に入りやすいんですよねぇー


先生は


「日本人は「ん」はㄴだけだと思っているけど違うんだよ。」


とも言ってました。


 


以前習ってた先生は・・・


日本人は発音数が少ないので外国語の発音がわるい!!

~凸(-~~- )


って言ってましたが、これって、裏を返せば、日本語の本質を理解していないってことですよね~


だから、この方はいつまでたってもなまりのない日本語をしゃべることが出来ないんだと思います。


そういうわけで(?!)


ネイティブ先生の日本語能力ってのは結構重要な要素に入ると思いました。


確かに今の先生はなまってないんですよねぇ


厳しい方ですけど・・


それと、目標の進行状況ですが。。。


中トレは最初に戻って単語を攻めなおそうか、それとも最後まで突っ走ろうか思案中のままここ一週間してないきが・・・


NHK講座は応用編だけ2月途中まで復習中です


日記は先週忘れましたけど・・今週は頑張りたい・・って仕事でいけないかもしれないんだよなぁ


ううーーーん。


あんまし勉強してないきがするなぁ

==========================

韓国語の勉強時間 合計【 207.0 】時間 

+0.5 NHKラジオを復習中。

今日のモチベーション【 40 】%

+0体調が戻りません


|

« 韓国およめいりレビュー | トップページ | 玉ねぎ除草作戦 »

韓国語@未分類」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講座の先生に必要なもの:

« 韓国およめいりレビュー | トップページ | 玉ねぎ除草作戦 »