« 今の時点で韓国語の単語をいくつ覚えてるんだろうか? | トップページ | 閔妃暗殺について »

2007年3月13日 (火)

ハゲタカ第4話「激震!株主総会」

onmousedown=
"return clk('http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B2%E3%82%BF%E3%82%AB_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)','','','res','8','')"
href=
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B2%E3%82%BF%E3%82%AB_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)"
target="_blank">ハゲタカ
(テレビドラマ) - Wikipedia
のページがもうできてました(;^ω^A


はやいですねw


ココを読んでますと


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

放送までの経緯

出演者の1人である柴田恭兵の肺がん手術・療養のため、当初の2006年9月2日~同年10月7日の放送日程から延期された。また、
当初出演予定であった中村獅童が飲酒運転で信号無視したため出演を辞退し、松田龍平が起用された。



そんなことがあったんですね。全然知りませんでした。


第4話では、ホライズンの標的は、年間800億円の赤字をだした大手総合家電メーカー「大空電機」


また、買収するようアメリカ本社からも指示を受ける。


その指示は、買収の後、レンズ部門をアメリカの軍事部門の会社に売却というもの。


大空電機には、ターンアラウンドマネージャー(会社再建請負人)になった、芝野(柴田恭兵)が登場し立ちはだかる。


ホライズンは、大空電機の8%の株を取得し筆頭株主となり、株主総会で、かき集めた委任状(プロキシファイト・委任状争奪戦)
で株主提案をおこない、息のかかった役員を送り込み事実上経営権を掌握をめざす。


まさに、会社は株主のものという考え方。


いままで、純粋に金だけだった鷲津(大森南朋)が銀行員時代につぶした会社が再建計画に関連しており、
初めて鷲津が苦悩するような側面が出ました。


なんか4話でちょっと流れが変わりましたが、それに大森南朋がすごいです。


菅原文太、中尾彬と引けを取らない。堂々と渡り合ってる。


NHKってこういう感じで、俳優をとってもうまく配役するよなぁって思います。


大森南朋さんてまだ透明なんで、鷲津役がすっと合うんですよね。


大地の子の上川隆也みたいです。


TBSの華麗なる一族だと木村拓哉なら引けを取らなくて当たり前・・・


だけど、本人のイメージがドラマを邪魔したりするんですよね。


NHKの挑戦的な配役は、営利なところと違う存在だからできるのかもしれませんね。


==========================

韓国語の勉強時間 合計【 380.0 】時間

+2.0 韓国語講座に行ってきました。 

今日のモチベーション【 70 】%

+0 やる気継続中です


|

« 今の時点で韓国語の単語をいくつ覚えてるんだろうか? | トップページ | 閔妃暗殺について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハゲタカ第4話「激震!株主総会」:

« 今の時点で韓国語の単語をいくつ覚えてるんだろうか? | トップページ | 閔妃暗殺について »