« こんな出来事がありました。私は何で怒ったのでしょう? | トップページ | 「がばい」って言う言葉 »

2007年7月29日 (日)

社会のルール

ユーチューブでこんな動画を発見しました。


横浜高校準決勝で、振り逃げ3ランで敗北⇒ "http://jp.youtube.com/watch?v=SiS2-t5s4ig"
target="_blank">動画はこちら


4回表、東海大相模の攻撃。2アウト、ランナー一塁三塁。


カウントは2ストライク2ボール。


ピッチャーの投げたボールは、バッター空振りのあとワンバウンドでキャッチャーミットへ。


守っていた横浜高校の選手がベンチに引き上げる中、


東海大相模の二人のランナーは走り出し、バッターも塁を回って


結局全員ホームイン。


"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%AF%E3%82%8A%E9%80%83%E3%81%92"
target="_blank">ウィキペディア
によりますと・・


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

第3ストライクの投球を捕手が正規に捕球しなかった場合、打者は直ちにアウトにはならず、
打者走者となって一塁への進塁を試みることができる。そのため守備側が打者をアウトにするためには、打者に触球するか、
打者が一塁に到達する前に一塁に送球するかしなければならない。打者がアウトにならずに一塁に到達すると、
走者として一塁を占有することができる。



....中略


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

振り逃げとアウトカウント・一塁走者との関係

無死または一死の時に一塁に走者がいる場合は振り逃げは成立せず、第3ストライクを宣告されれば、
捕手が正規の捕球をせずとも打者はアウトとなる。これは第3ストライクの時に捕手が故意に正規の捕球をせず、
一塁走者に進塁義務を発生させ、フォースプレイでの併殺を試みることを防ぐためである。


二死の時は併殺は起こりえないので、一塁に走者がいても振り逃げを試みることができる。



ウィキペディアにもあるように、今回のケースはバッターはアウトになってない。


審判団が協議しましたが、いわゆる振り逃げが成立し、3点追加。


結局これが決勝点となり、東海大相模は6対4で横浜を下しました。


見ていてすごいなと思ったのは、アナウンサーがすぐ、振り逃げ成立の可能性に触れ、3点入る可能性が大きいと言及すること。


プロだと思いました。


そして、走れ!というベンチの指示。


これは15年前に逆の立場で負けてしまった経験があると思うのですが、


「走れ」って指示を出したベンチもすばらしい。


横浜に絶対勝ちたいという勝利への執念を感じました。


・・・・・・


こういう時よく思うんですけど、「ルールが悪い(おかしい)」のでしょうか?


しかし、「悪法も法」とか「法令順守(コンプライアンス)」という言葉もあるんですよね。


社会的な正義を法が実現してくれるような雰囲気を感覚的に持っているんですが、


実はそうではなくて、法はそういうものとはまったく別のところに存在しているんじゃないのかな・・・と、
こういう事柄を見るたびに感じます。


もしも自分がそういう状況に陥ってしまったとき、「そりゃあ、ルール(法律)がおかしい」といっても


今回のように結果は変わらないわけで、ルールが悪いとルールのせいにしていたら、また同じ間違いをしてしまうような気がします。


15年前にまけた原因を、今回、勝利に結びつけた東海大相模のように


なかなか難しいことですが、ルールが悪いと思いたくなるのを押さえ、


心に刻み、教訓としていかしていけるような・・・


そんな人間になりたいと、この動画を何回も見るたびに感じました。


|

« こんな出来事がありました。私は何で怒ったのでしょう? | トップページ | 「がばい」って言う言葉 »

私@日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会のルール:

« こんな出来事がありました。私は何で怒ったのでしょう? | トップページ | 「がばい」って言う言葉 »