« ホームステイのお手伝い1日目その1対面して食事へ | トップページ | ホームステイを受け入れる側からのアドバイス »

2007年8月27日 (月)

ホームステイのお手伝い1日目その2<お食事会>

前回までのあらすじ


ホームステイする韓国の小学生たち、先生、ホストファミリーが集い食事会をする会場に着きましたが、韓国の男の子2人の喧嘩が発生。


引き離しには成功したものの、殴られたと思われる男の子が泣きまくっていて現場は騒然<ここまで>


・・・ううむ。どうみてもすぐに食事会というわけじゃなさそう。


と思っている間に、私の携帯電話に電話が・・・


10分位か外に出て仕事のことを打ち合わせして、部屋に戻ってくると・・・


・・・あれ?みんな座って何事も無かったかのように食事が始まってるし。


すごい勢いで食べる少年少女。なんだったのかしら(苦笑)


あっけにとられてると


ホストファミリーの方「そこ空いとうけん、座って食べんしゃい。食べんぎもたんよ」


私「はいはい!」


といわれてオイシそうなおにぎりをほうばろうとした瞬間。


今度は別の女の子が泣きだしました。。隣の方に聞いてみました。


私「どうしたんですか?」


隣の方「あの女の子、熱のあるっごたですよ。そいで病院手配しんさったとけど、行かんてごねおるごたです。」


私「・・・まじですか。」


・・・彼女は韓国人なんで当然健康保険に加入していません。


時間外診療の上、実費(3割負担じゃなくて)の請求になるはずです。


そこを迷いもせず手配をされた事務局長に感激しました。万が一を考え絶対連れて行くぞという熱意すごかったです。


あとでお聞きした話では、以前具合を悪くして入院した子の病院代金をホストみんなで負担したことがあったそうです。


結局、彼女はごねまくって、行きませんでした。


しかし、ホームステイ宅には行かず、通訳(本物)もいて言葉も通じる先生たちとホテルにお泊りすることになりました。


おちついたかなっと部屋を見渡すと・・・いつの間にか大人ばかり(苦笑)


あれ?小学生たちが部屋にいない。


どうやら満腹になって外へ飛び出したみたいです。


ここぞとばかりにおにぎりを食べていると、部屋の隅で小さな女の子が泣いてます。


ホストワミリーの方「ちょと来てください!!」


ちかくにいってみると、右足の弁慶のあたりに青丹が・・・外でこけたのか?


私「여기 아파?(ここいたい?)」


首を振る女の子・・・なんだーなんで泣いてるんだ~


両手で太ももの外側を掻きだしました。・・・・もしかして、痒いの(;^ω^A??


「痒いて」なんだ?あああーーとりあえず、蚊のせいか!蚊は「모기」だ。


私「모기요???모기?(蚊?蚊?)」


女の子(うなずいて)「ノムカリョオ(누무 가려워!)」


回りの人たち「モギ!蚊ね。蚊にさされたとたい!・・しかし痒くて泣くね?」


私「・・・私も納得できないものを感じますが・・・そがんごたですよ!」


回りの方「おい!キンカンばもってこい!」


結局、担任先生持参の韓国のお薬を彼女に塗ってあげたら、泣き止みました。


痒いは「가렵다」ですね。忘れてたよ。「가려워」って言ったんですね。


彼女。電子辞書で確認して、納得なるほど。


ていうかとっさに出てくるわけないですね!!


「ドンガラガッシャン」「きゃーーーー!」


玄関のほうで爆音が・・・もう慣れてきたけど。


男の子が転んだらしく右のひじと、ひざから大きく流血。


小学校高学年だけあって「ケンチャナ(大丈夫)」を連発。


韓国の先生が消毒をし終えたところで


ホストファミリー事務局長「もうよかよ、よか!ちょうど風呂に行く時間ばい。薬湯に入ればちょうどよかろ。よーーーーーし!
風呂行くぞ!」


私「목욕에 가자(温泉に行くぞ!)!!!」


小学生たち「네(はーい)--」


ううむ。この元気な男の子たち。風呂でも元気なんだろうなぁ!


<つづく!>


P.S.


食事で「饅頭」が出てきました。あらかじめ、Ex-wordで辞書を引いたら「まんじゅう」がない!!


そんなときに限って女の子が聞いてきました。やめてー!


女の子「이것 뭐요?(これ何?)」


って聞くので思わず・・・・


私「일본 만두(日本饅頭)」


って答えてしまいました。


日本饅頭と聞いた女の子は、げらげら笑いながらみんなに「일본 만두」といいながら見せてました。_| ̄|○


韓国語で만두は(マンドゥと読みます)漢字で書くと「饅頭」ですが、意味はギョーザなんですよね。


あんまり気になるので、家に帰ってきてエッセンス日韓辞典をみたら「찐빵(蒸しパン)」って出てました。なるほど、これが近い。
この単語は絶対忘れません。


ちなみに「こんにゃく」も載ってませんでしたが、「こんにゃく(곤약)」で通じました(笑)


むむ、意外と日常品に弱いぞ、EX-word..


|

« ホームステイのお手伝い1日目その1対面して食事へ | トップページ | ホームステイを受け入れる側からのアドバイス »

韓国@2007ホームステイお手伝い」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームステイのお手伝い1日目その2<お食事会>:

« ホームステイのお手伝い1日目その1対面して食事へ | トップページ | ホームステイを受け入れる側からのアドバイス »