« 夏と言えば | トップページ | ホームステイのお手伝い1日目その2<お食事会> »

2007年8月25日 (土)

ホームステイのお手伝い1日目その1対面して食事へ

本日の流れは、韓国の合唱団が合唱会に参加され、そのあと交流会があって、ホストファミリーと対面ということだけ聞いていました。


対面式の前には来ててねということだったので、合唱会の終わりのほうだけ聞くような感じで会場に行きました。


そしていよいよ交流会というときに思わぬ出会いがありました。


以前スピーチコンテストに出演した時の審査員の方がいらっしゃいました。


それ以来お会いしていませんでしたが、2年ぶりにお会いして、しかも覚えていただいててとても嬉しかったです。


そして、私と一緒で辞書を片手に通訳のお手伝いをされてる方を発見しまして、とても安心しました(爆)


ともにがんばりましょうと握手をしました。


どの子の担当かは事前に分かっていましたので、交流会のときに探していたら、とても元気のいい5年生の女の子2人と、
おとなしい2年生の女の子一人でした。


その5年生の女の子二人は、対面式の前からホストファミリーのお宅のお子様(男)幼稚園2人をさがしたし、
すごくかわいがっててました。


ホストファミリーの男の子は、すでに完全に2人の女の子にコントロールされちゃってたので、ポイントはこの二人だな~って思いました。


というわけで、一旦みなさん分かれていったんホストファミリー宅へ向かったんですが、


5年生の女の子二人は、男の子と家の中を走り回る回る。。。


そして、おとなしい女の子だけきょとんとしてました。


ホストファミリーのお母さん「それじゃあ、お風呂入りに行って、ご飯食べに行きますので、準備してと伝えてください。」


でたあ!最初の試練です。


お風呂行くので服を持っていかなければなりませんよね。


一番しっかりしてそうな女の子に言いました。


私「온천에 가는데 바꿀 옷 준비해요(温泉へ行くので帰る服準備して)」


女の子「네(はい)」


・・・大丈夫?っておもっていたらトランクを開けだしてごそごそしだしたので一安心。


でも、2年生の女の子を見ていたら、上の服とせっけんとかはもってるんだけでど、明らかに下着を持っていこうとしてない・・・


私「ええ、、と(辞書を見せながら)속옷 없어요?가지고 가지 않아?(下着ないの?持って行かないの?)」


2年生の女の子「・・・・」


そこで5年生の女の子に同じように言うと。。2年生の女の子のバックをあけてあげて


「잘 챙겨!!(ちゃんと、準備して!)」


って言ってくれて、下着らしきものを取ってあげてたので一安心。


ホストファミリのお母さん「この袋に(洋服、洗面道具)入れて!」


。。。!!入れる?ノオヨ(넣어요でした。そのときは分からなかったです。)かな


私「이게 ノオヨ」 


女の子「네(はい)」


おおーいれてるいれてるー。ふふーーー(;^ω^A


・・・・その後途中どたどた歩き回りながらも、終わった様子だったので


私「다 준비 끝났어? 출발합시다!(準備終わった?出発しましょう!)」


と出発しました。車の中も女の子二人の元気なこと!


私は手っきり先に温泉に行くのかと思ったんですが、地元の食材を使ったお店に到着しました。


ココで一度、すべてのホストファミリーと韓国の子供たち、先生が集まってお食事会をすることになってるということでした。


車を降りると会場が騒然…中に入ると韓国人男の子が泣いていました。


私「なんかあったとですか?」


ホストファミリー事務局長「うんにゃ、うんにゃ、けんかしただけさ」


続けて・・・


「殴りだしたけん止めたばってん。ダイジョブ何でもありやけんが。」


私「はぁ?・・・(か、かるいですね)」


・・・・むむ、場の雰囲気はとても飯を食うような雰囲気ではないよー


そんなに軽くて大丈夫なんですかー(;^ω^A


<つづく!>


|

« 夏と言えば | トップページ | ホームステイのお手伝い1日目その2<お食事会> »

韓国@2007ホームステイお手伝い」カテゴリの記事

コメント

ホームステーィの通訳は大変でしょうが、羨ましいです。私も韓国語を習い初めた昨年息子の大学の留学生を三日間預かる事に応募しましたところが、抽選は駄目でした。恐いもの知らずでした。来年はまた応募する予定ですから、アドバイスをお願いいたします。

投稿: サマンサ | 2007年8月26日 (日) 20:14

習い初めては習い始めてが、正しいですネ。すみません間違えました。

投稿: サマンサ | 2007年8月26日 (日) 20:17

外国人の子供達より、みそじっくすさんが
緊張されている様子が伝わって、
日記、楽しく読ませていただきました^^
でも通訳に限らず、お客様を迎える時は
気を遣いますから、仕方ないですよね。

日常生活の会話は勉強になりました。
大人になってからの語学って、難しい
単語は知ってるのに、意外に生活用語
って知らないんですよね。
色んなフレーズ覚えてください。

可愛い子供達でよかったですね♪

投稿: あーさん。 | 2007年8月27日 (月) 01:34

■サマンサさま
確かにとてもラッキーなことですね。終わってとても楽しかった。よかった。という気持ちでいっぱいです。
アドバイスは、せっかくですからエントリで書きます。

■あーさん。さま
最初だったので、とても緊張したんですよね。
でも少しづつ楽しくなりました。かわいい子供たちのおかげでしょうね。

フレーズは記事の中でボチボチ紹介しますねー

投稿: まろ | 2007年8月27日 (月) 20:23

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームステイのお手伝い1日目その1対面して食事へ:

« 夏と言えば | トップページ | ホームステイのお手伝い1日目その2<お食事会> »