« 韓国朱蒙ツアー記3日目~エピローグ~ | トップページ | Gyaoで白い巨塔(韓国版) »

2007年12月22日 (土)

韓国大統領選で李明博候補当選

前回(2002)、前々回(1997)は大接戦だったんですが、 今回は李明博候補の圧勝でした。

慶尚道が地盤のハンナラ党、全羅道が地盤の統合民主党。

その地盤だけでは過半数に足りないので、

浮動票の多い首都圏(ソウル特別市・京畿道・仁川広域市) で勝った候補が大統領になる・・・

という感じなんでしょうね。

大統領選:得票率の分布に「地域差」はっきり朝鮮日報

第17代大統領選挙で李明博(イ・ミョンバク)氏が圧勝したのは、 地元の慶尚道地域だけでなく、韓国全土の有権者の半数が集中している首都圏で強みを発揮したことが功を奏したからだった。

 ソウル特別市・京畿道・仁川広域市の首都圏において、李明博氏の得票率は49‐53%だったが、大統合民主新党の鄭東泳 (チョン・ドンヨン)候補はその2分の1程度の23‐24%にとどまった。1987年以降の大統領選挙では、 常に首都圏で接戦が繰り広げられていた。

 97年の大統領選では、国民会議の金大中(キム・デジュン)候補(42.0%)がハンナラ党の李会昌(イ・フェチャン)候補 (38.3%)にわずか3.7%差で勝利した。2002年の大統領選では、民主党の盧武鉉(ノ・ムヒョン)候補(50.9%) がハンナラ党の李会昌候補(44.6%)を 6.3%差で退けた。今回の大統領選までは、02年の1・2位の得票差が最も大きかった。

記事入力 : 2007/12/21 10:21:50

 

金泳三大統領も元は野党系で民主化運動の闘士

そして、金大中大統領も元民主化運動の闘士

ノムヒョン大統領は元人権派弁護士

いずれも国会議員の経験はありますが首長の経験はありません。

そして李明博氏は、中堅企業だった現代建設を一流企業にした経営者としての実績もある。

スキャンダルより実績に皆さん期待されたのでしょうね。

ココ15年にない全く違ったタイプの方なので期待したいです。

そしてウォンが安くなって韓国に行きやすくなるようにしてください♪

これが一番ですね(笑)

大統領選投票率

首都圏で半分の有権者ということは、韓国4800万人位なわけだから・・・

首都圏だけで2400万人近くいるわけですね。

========================== 
韓国語の勉強時間 合計【 464.5 】時間
+0.5 ハングル検定準2級単語累計404語暗記!
今日のモチベーション 【 50 】%
0 今度はお酒のみ過ぎです(苦笑)

|

« 韓国朱蒙ツアー記3日目~エピローグ~ | トップページ | Gyaoで白い巨塔(韓国版) »

韓国@未分類」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国大統領選で李明博候補当選:

« 韓国朱蒙ツアー記3日目~エピローグ~ | トップページ | Gyaoで白い巨塔(韓国版) »