« 粉瘤とは・・・こんなものです。 | トップページ | スピーチコンテストいよいよ今週末だぁぁ »

2008年2月17日 (日)

韓国語講座を実施してきました。

ホームステイを受け入れる皆様が、ちょっとは韓国語を話したい

ということで始まった、韓国語講座を私が引き受けることなりました。

その第1回の講座でした。(今週末いよいよ韓国講座を迎えましたを参照)

参加者は5名。皆様50台の男性。

時間は大体1時間半というわけで、

私「みなさんハングル覚えとんさーですか?」

皆さん「いや。すっぱい忘れてしもうた」

そうですか。

というわけで、教科書に沿って母音と子音の話をしていたんですが・・・・

30分ほど経ったところで・・・

Aさん「おいもうよか。わからん。覚えきらん

そうですよね。そうなりますよね。

Bさん「実は、韓国人の先生にも習ってたんですけど、ホームステイに子供たちと話すだけやけんが、実践的なとばてお願いしたとですよ」

Bさん「でもそいやぎイカン。ちゃんとハングルの文字を理解して、発音も出来て基本を抑えなければだめだといわれて・・・

Bさん「基本から脱出できなくて、先生にいつも怒られて・・・

Bさん「この教科書も本格的で、ハングルに振り仮名も振ってないでしょう

相手のニーズより、「韓国語学習はこうあるものだ」的、典型的韓国人思考ですね。

韓国の方は熱い方が多いですから、

その裏返しでとても厳しい先生だったようですね

皆さんのニーズを拾い上げると

・ハングルとかは、よか(知らなくていい)

・カタカナ韓国語で通じればよか

・多少発音おかしくたってよか。通じるのが一番

・テキストは、カタカナふってるやつがよか

・挨拶の資料が、全部丁寧語で子供にはつかえん(パンマルを覚えたい)

子供に聞きたいことは

「おいしいか?」、「味はどうか?」、「何が食いたい?」「のどが乾いた?」、「嫌いなものは?」、「それはダメ!」

確かに、韓国人にこんな感じの講座をお願いするのは無理あるっぽいですね。

韓国の方に基本を無視した韓国語を教えてもらうなんて、それこそ韓国人の自尊心を傷つけちゃうと思いますね

なるほど、それで私に白羽の矢がたったのかという気がしました。

しかし、基本を無視した実践的韓国語かあ・・・重い宿題だなぁ

「ひとり歩きの韓国語自由自在」を見てみるかな、よさそうだったら

パンマルに少しづつ変換してみようかな。

P.S.スピーチコンテストの原稿を翻訳してもらいました

今週末なので第4コーナーからのスタートですが頑張ります

========================== 
韓国語の勉強時間 合計【 480.0 】時間
+1.0 スピーチコンテスト頑張ります。
単語累計425語 小休止中 
慣用句175語暗記 目指せ五割
今日のモチベーション 【 50 】%+0 頭もやもや…なんでかな

| |

« 粉瘤とは・・・こんなものです。 | トップページ | スピーチコンテストいよいよ今週末だぁぁ »

韓国@2008ホームステイお手伝い」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です~。私もママ友達相手に教えたことがありますよ。やはり時間が足りなくてカタカナで簡単なフレーズだけ入れたらよかったかな、と思いました。

スピーチコンテストはどうでしたか?私も週末見学だけしてきました。

投稿: たま | 2008年2月18日 (月) 10:24

■たまさま
時間的な制約もあるので、カタカナ韓国語は実践的でいいかもしれませんね。
多分潜在的需要結構あると思います

スピーチコンテストは今週末です
全然用意していません。マジまずいです

投稿: まろ | 2008年2月18日 (月) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国語講座を実施してきました。:

« 粉瘤とは・・・こんなものです。 | トップページ | スピーチコンテストいよいよ今週末だぁぁ »