« 麻生総裁誕生 | トップページ | マインドマップを作ってみました。 »

2008年9月24日 (水)

韓国語能力試験中級向けて作った作文を公開します。

お友達に添削していただいたので、せっかくですから公開します~


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

제가  하고 싶은 일은 통역안내사입니다.

안내사가 되어 일본을 소개하고 싶다고 생각하고 있습니다.

그것을 목표로 한  계기는 처음의 해외 여행으로 갔을 때입니다. 대한항공 한국인 객실 승무원이 매우
예쁘고 일본어도 매우 능숙해 멋있었습니다.

제가 예뻐지는건 무리이지만, 다른 나라 말을 구사하는 바이링걸이 되고 싶다고 생각했습니다.

한국에 살고 있는 일본 친구가, 한국어는 일본어와 문법이 같아, 배우기 쉽다고 말하는걸 듣고  영어가
전혀  안되었던 나는 꼭 한국어를 마스터 하고 싶다고 생각하게 되었습니다.

그 후, 한국어 뿐만 아니라 한국 영화 드라마를 보게 되었습니다. 대장금를 봐 역사에도 흥미를  갖고
한국 역사를 공부하는 과정에서,일본의 역사는 어떠한지 다시 돌아보게 되어, 일본의 역사에 대해서도 재인식하게
되었습니다. 통역안내사는 일본을 소개하는 직업이기 때문에 일본의 역사 지리에 대해서도 지식이
필요합니다.

일본 지식외에 한국인적 예의를 몸에 익혀 “일한의 다리” 역할을 하는 일본 사람이 되고 싶습니다. 아직 길은
멀지만 앞으로도 또 노력하겠습니다



以下日本語訳です

私のしたい仕事は、通訳案内士です。 案内士になって日本を紹介したいと考えています。その目指すきっかけは、初めての海外旅行で、 大韓航空の韓国人客室乗務員が、 とてもきれいで、日本的礼儀も完璧な上、日本語もとても上手で、かっこよかったんです。 私もきれいは無理だけど、 他国の言葉を操るバイリンガルになりたいとおもいました。
また、韓国に住む日本の友人が、韓国語は日本語と文法が同じで、学びやすいということを聞いて、英語が全くだめだった私は、 ぜひ韓国語をマスターしたいと思うようになりました。その後、韓国語だけではなく韓国の歴史にも興味がわき、 韓国の歴史を勉強する過程で、日本の歴史はどうなんだろうか?と見つめなおすきっかけとなり、 日本の歴史についても再認識させられました。
通訳案内士は、日本を紹介する職業ですから、日本の歴史、地理についても知識が必要です。日本の知識のほか韓国人的礼儀を身につけ、 日韓の架け橋を一人の日本人として支える存在になりたいです。私には韓国語も不足な上、日本の歴史地理についても疎いですが、 通訳案内士を目指して韓国語、日本についても勉強を日々続けています。

ま、これは夢の夢のお話…

韓国に住み込みたいという夢も別にあるのですが(苦笑)

で、せっかくですので読んでみました。

韓国語能力試験中級の作文

Caspee終了に伴いケロログに移行しました(H21.1.25)

編集ソフトで、 途中黙り込んだところを切りまくったらおかしくなっちゃいました。

録音も難しいですが編集も難しいのですね・・・ たまーに公開したいと思います

|

« 麻生総裁誕生 | トップページ | マインドマップを作ってみました。 »

試験@韓国語能力検定中級」カテゴリの記事

韓国語@PodCast」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私は韓国に住んでいる韓国人です。
韓国は日本語を勉強している人が多いので日本語が上手な人はおおいんですが、あなたのように韓国語が上手は日本人はあまり見ていません。
gooで「韓国」と検索したらあなたのブログが最初に出たのでついクリックしてしまいました。
韓国語の勉強がんばって下さい!!
応援しますよ。

投稿: ダヨンのママ | 2008年9月24日 (水) 21:54

「通訳案内士」の夢、すばらしいです。
まろさんなら、きっとなれると思います。
応援してます。頑張って下さい。(^-^)

投稿: Onion | 2008年9月25日 (木) 05:41

■ダヨンのママさま
ありがとうございます。
ブログを通じて色々な方との出会いがありますが、今の日本には韓国語上手な方増えてきていますよ~
>韓国語の勉強がんばって下さい!!
>応援しますよ。

ありがとうございます。これからも頑張っていきます。

■Onionさま
「通訳案内士」はとおーい夢なんですけどね~
少しづつ頑張っていきたいと思います~

投稿: まろ | 2008年9月25日 (木) 22:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国語能力試験中級向けて作った作文を公開します。:

« 麻生総裁誕生 | トップページ | マインドマップを作ってみました。 »