« 第14回韓国語能力試験の問題と解答が公表されています。 | トップページ | するめです(その2) »

2008年10月11日 (土)

するめです(韓国語発音のお話です)

突然ですが「するめです」って声に出していってみると、何か気づきませんか?


気づく方は、発音に相当敏感な人だと思います。


これは、確か「ダーリンは外国人」のラズロさんが言っていたんですが


最初の「す」と最後の「す」って書くと同じ「す」なんですが、


発音してみると微妙に音が違うんです。


だから、それをちゃんと理解しているラズロさんの日本語はとってもきれいなんです。


で・・・それをちゃんと区別して発音しないとぎこちない日本語に聞こえるんですね。


それと同じように”パッチム”の「ん」も日本人は使い分けているんですよ

以前 "https://kazumaro.cocolog-nifty.com/corean/cat20721240/index.html"
target="_blank">「日本人的韓国語のなまりについて」
にも書きましたが


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
style=
"WORD-SPACING: 0px; FONT: 13px/22px 'MS PGothic'; TEXT-TRANSFORM: none; COLOR: rgb(51,51,51); TEXT-INDENT: 0px; WHITE-SPACE: normal; LETTER-SPACING: normal; BORDER-COLLAPSE: separate; TEXT-ALIGN: left; orphans: 2; widows: 2; webkit-border-horizontal-spacing: 0px; webkit-border-vertical-spacing: 0px; webkit-text-decorations-in-effect: none; webkit-text-size-adjust: auto; webkit-text-stroke-width: 0">
○日本語はリエーゾンしないように「ん」の発音を変えている

たとえば、先ほどの「アンパン」は「암빵」でも同じ「あん」でも安東(あんどう)は「안도」に近いし(あんとう)なら「앙토」
見たいに日本語では発音します。日本語でもいつの間にかパッチムをうまく使い分けるんですよね。



"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
というわけで、意識はしてないんですけど、日本人もちゃんとパッチムを使い分けているんです。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
また韓国語も同じで、


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
(ココからは、韓国語ジャーナル26号vol3ココがポイント!
ネイティブ発音を参考に書いています)


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
たとえば친구ですが、パッチムの後のㄱが口を開く音なので、


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
ㄴパッチムが口を開いた感じで”ん”ってなっちゃうので、
칭구に近い発音になっちゃうんですよ。
多分韓国の方も


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
だから語中でㄴパッチムはあまり意識しないでいいと思うんです。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
(ㅇパッチムは「口をあけて”ん”」って音ですよね)


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
でも、ㄴパッチムが語尾に来たときちゃんとㄴの音だす。ってのがポイントだとおもいます。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
ㅇパッチムは、いつでもちゃんと「口をあけて”ん”」って発音するとそれっぽく聞こえます。
(韓国語ジャーナルにもそうありました)


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
ㅁパッチムは、引用で申し訳ないですけど


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
style=
"WORD-SPACING: 0px; FONT: 13px/22px 'MS PGothic'; TEXT-TRANSFORM: none; COLOR: rgb(51,51,51); TEXT-INDENT: 0px; WHITE-SPACE: normal; LETTER-SPACING: normal; BORDER-COLLAPSE: separate; TEXT-ALIGN: left; orphans: 2; widows: 2; webkit-border-horizontal-spacing: 0px; webkit-border-vertical-spacing: 0px; webkit-text-decorations-in-effect: none; webkit-text-size-adjust: auto; webkit-text-stroke-width: 0">
それは「あんぱん」なんです。

ハングルで書くと「암빵」な感じの発音になるんですよね。

だから、アンパンのあんのほうの「ん」の発音を意識して

「イムニダ」「ハムニダ」を練習すると、すぐできるようになります。



"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
って感じで発音すれば問題ないと思います。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
ですからパッチムは結論として、


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
「語尾に来るㄴパッチムをちゃんと上の歯ぐきに下をつけて”ん”っていう」

「ㅇパッチムは口をあけて”ん”」

「ㅁパッチムは口を閉じて”ん”」


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
って言えばいけそうなんじゃないのかなと思います。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
우と으について


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
正直私はあんまり気にしていせん。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
だって、慶尚道の人は区別してないって聞いたことがあるんですもの。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
それで通じるのならいいならいいんじゃないって思ってます。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
style=
"WORD-SPACING: 0px; FONT: 13px/22px 'MS PGothic'; TEXT-TRANSFORM: none; COLOR: rgb(51,51,51); TEXT-INDENT: 0px; WHITE-SPACE: normal; LETTER-SPACING: normal; BORDER-COLLAPSE: separate; TEXT-ALIGN: left; orphans: 2; widows: 2; webkit-border-horizontal-spacing: 0px; webkit-border-vertical-spacing: 0px; webkit-text-decorations-in-effect: none; webkit-text-size-adjust: auto; webkit-text-stroke-width: 0">
○어と오について(また引用で失礼します。)


style="MARGIN-RIGHT: 0px">

"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
韓国の方は明確に区別している!

って言われますけど、今まで話した方の感じだとそれほど意識していないようです。

ただ、日本語の「お」の発音とは区別しているようです。

日本語の「お」については、오に近いけど韓国の方は、오とはちょっと違う音だと認識しているようです。

裏技みたいになっちゃうんですが、日本語の「お」のように口を狭めず

「あ」と「お」を発音するときの中間くらいで口を開いて「お」というと

어と오の中間ぐらいの音になって、

普通に話す分には、相手の韓国人の頭の中で自動的に어か오に振り分けられ認識されるみたいです。



"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
これは日本語の”お”と”を”に似ていますよね。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
書くと”これとってよ”
って書きますけど、私たち”を”を意識して発音しないですよね。それと同じような気がします。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
という感じで私の発音に気をつけているのは以上です。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
日本人だから発音が少ないと言うのはまちがいなんですよね。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
その先入観がとれて、自分が意外と発音を使い分けているのに気づきました。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
それを応用して韓国語の発音もうまくできるようになるんじゃないのかあってかんがえて、
今の私に至っています。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
ですから、韓国語を学ぶ初期段階で、日本人の先生にその辺を教えてもらえば、
すんなり発音できるようになったのになぁとも思います。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
発音は技術ですが、単語とか文法は積み重ねで愚直にこつこついくしかないようです。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
近道なんてないなぁ。って感じています。。


"FONT-WEIGHT: normal; FONT-SIZE: small; COLOR: rgb(51,51,51); LINE-HEIGHT: 150%; FONT-FAMILY: 'MS PGothic', 'Hiragino Kaku Gothic Pro W3', Osaka, sans-serif; TEXT-ALIGN: left">
(おいしい日本酒を飲みながら書いたのでちょっと日本語がおかしいかもしれません、
そんなときはボチボチ訂正させていただきます。)





スイマセン、一番上の選択肢”00%”になってますが正解は”100%”です


|

« 第14回韓国語能力試験の問題と解答が公表されています。 | トップページ | するめです(その2) »

韓国語@考察」カテゴリの記事

コメント

まろさん、おはようございます。

長文の説明ありがとうございます。
私の場合、焦って読むからダメだと思います。

また、コメント入れます。^^
練習します。

どうしても、韓国語を上手に読みたいんです。

投稿: けぃ。 | 2008年10月11日 (土) 09:22

>安東(あんどう)は「안도」に近いし(あんとう)なら「앙토」みたいに

名古屋出身の私の発音の癖なのかわかりませんが、後者も前者みたいに「안토」と発音しています。無意識に「앙토」とはならないです。
方言により差が大きいようです。

私はもう鼻濁音を一切使わない世代なので、イウンパッチムには相当苦労しましたね。

ところで、表題の「するめです」の「す」は、どのように違う発音なのですか?自分で発音しても同じにしか感じられません。まさか、後者が濃音?

投稿: bibi | 2008年10月11日 (土) 12:27

今気づきましたけど、100%が0%になってますね・・・でも修正できないんですよね参ったなぁ

■けぃ。さま
コツは自分の持っている日本語の発音を生かす。ってかんじです。
いろんな日本語を発音してると、パッチムに近い音見つけますよ~

■bibiさま

>方言により差が大きいようです。
確かにそれはあるでしょうね~。
スイマセンこれは、あくまでも私の実感の話ということでご了承ください。

>「するめです」の「す」は、どのように違う発音なのですか?自分で発音しても同じにしか感じられません。

濃音というか、かすれた感じの”す”になると思いますが・・・(先ほどのけんでちょっと自身がないですが、でもこれは、「ダーリンは外国人」の本にも書いてあって、作者の小栗左多里さんも実感してたので私だけではないとは思いますが・・・)
録音してアップしてみたいともいます。

投稿: まろ | 2008年10月11日 (土) 23:47

「するめです」の件、わかりました(^^)
最後の「す」の母音が抜ける現象ですね。

これは、日本語の方言と大きな関係があると聞いています。

東京地区とにた発音をする東日本と九州の一部では母音が抜け、関西や西日本地区では母音が抜けません。

家電メーカーの「VICTOR」をどう発音するか、東京出身の方と大阪出身の方で比較するとわかるでしょう。

投稿: bibi | 2008年10月12日 (日) 10:44

■bibiさま
分かっていただけて安心しました。
私の回りには、大阪出身者がいないのですが、いらっしゃったらぜひ「VICTOR」といってもらいたいと思います。

投稿: まろ | 2008年10月12日 (日) 19:10

相互リンクのお願いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: 韓国語教室 | 2008年10月18日 (土) 11:05

■韓国語教室さま
大変申し訳ありませんが、相互リンクは遠慮させていただきます。また、これ以上のコメントも差し控えさせてください

投稿: まろ | 2008年10月18日 (土) 18:21

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: するめです(韓国語発音のお話です):

« 第14回韓国語能力試験の問題と解答が公表されています。 | トップページ | するめです(その2) »