« テレビでハングル講座平成20年11月25日放送分見ました。 | トップページ | 秋を満喫してきました~ »

2008年11月28日 (金)

全羅道と韓流の読み方について

以前、添乗員さんとお話していたときのことなんですが・・・


私「全羅道(チョルラド)に、行ったことありますよ」


添乗員さん「チョルラド?え?チョンラドじゃなくてですか?」


て言われたのを思い出しました。


そのとき


「韓国語では全はチョンで、羅はラなんですが、これが合わさると、チョルラって発音するんですよ」


って説明しようとしたんですが、


さらに「どうして?」って聞かれたら回答不能に陥りそうだったので止めました。


こんな話…私だって、韓国語知らなかったら納得できないですもの(笑)


そんな話をなぜ思い出したのかといいますと、 "http://hanuru-param.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-1d01.html"
target="_blank">なのはなさんのブログ
で・・・


韓流のことをふれてらっしゃったのです。

韓流ってなんの先入観も無く「ハンリュウ」って言ってますけど


これって、一応韓国語読みなんですよね。


しかも、日本人的に「ハンリュウ」のほうが語呂的にもしっくりくるので、


ハンリュウってしかきっといわないんでしょうけど・・・って言うことに気づきました。


でも、韓国人的発音なら、つづりが한류なのでㄴㄹはㄹㄹの発音となって


「ハルリュウ」にしか聞こえないはずなんです。


というわけで「ハンリュウ」は、カンペキな正解ではないですよね。


そんな読み方が正解ならカムサハプニダになっちゃいますし(爆)


いくら韓国の方が、「キンチだー」っていっても、日本では多分「キムゥチ」にしかきっとならない(爆)


たとえばパソコンですけど、ウインドウズXPの後継のビスタ。


性能はいいはずなのに、身の回りで全然普及していません。


パソコンの世界では、業界標準みたいなことをディファクトスタンダードって言うんですが、世の中も同じなんですね。


世の中って正しいことが、標準になってるんじゃなくて


満遍なく使われていることが、業界標準(ディファクトスタンダード)になっちゃうんだなぁーって言うことに気づきました。


そういう意味では、今日本語が乱れているとか言われていますけど、


いくら正しくても、うまく使ってもらえるように本気で業界標準と戦わないことには勝てないんじゃないでしょうかねぇ


ていうか、ながーい時がたてば、業界標準が正解になっちゃうのかなぁという気もしますけれども


とここまで書いて、ハンリュウって言う呼び方が、 "http://zokugo-dict.com/06ka/kanryu.htm"
target="_blank">中国語読みだというのを検索で発見しました
_| ̄|○


当初は、カンリュウとハンリュウが混在していたらしく、ハンリュウに次第に統一されていったみたいです。


でも、中国での”韓流”って言葉を日本に輸入したら、音読みするんじゃないの?


だって”毛沢東”は”モウタクトウ”だよ・・・っていうとやっぱり”カンリュウ”が正解?


んん?まてよ・・・上海は”シャンハイ”で中国語読み?


だけど重慶は”ジュウケイ”で日本語読み?


そういえば、ホンコンは北京語読みじゃないとか・・・


・・・頭が痛くなってきたっす(苦笑)


やっぱり、普及しているのが正解ていうか、標準なのですね。


全然まとまってないですが・・これ以上考えたら眠れなくなりそうです。。。

|

« テレビでハングル講座平成20年11月25日放送分見ました。 | トップページ | 秋を満喫してきました~ »

韓国語@未分類」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。
ハンリュウは、韓国語でも中国語でもない、いまや立派な「日本語」なんだと思ってます。
実は以前、僕も同じ疑問を持ったことがあって、かたくなにカンリュウって言ってたことがあります。
で、あるときふと思ったんですが、うちのオヤジ。
激辛ブームの時に、かたくなにゲキシンって言ってたんですよ。ゲキカラって読むのはおかしいって。
それを見て子供ながらに、ああいう頭の固い大人にはなりたくないって思って。
それを思い出したら、何の抵抗もなくハンリュウって言えるようになりました

投稿: 白ごはん | 2008年11月28日 (金) 12:08

■白ごはんさま
こちらこそ初めまして、ブログにご訪問いただきありがとうございます。

>ハンリュウは、韓国語でも中国語でもない、いまや立派な「日本語」なんだと思ってます。

なるほど!
確かにそうですね。盲点でした。
お父さんのお話を聞いて私も思い出しました。

かたくなな人をみて私もそれじゃダメだって思った一人です(笑)お父さんのお話と、日本語だというお話を聞いて私もなるほどと感じました今日からスッキリした気持ちでハンリュウといえます(笑)!!

投稿: まろ | 2008年11月29日 (土) 01:22

まろさん、こんばんは~

ニウンのリウル変換は、韓国語を勉強してないと理解不能な音変化ですよね(苦笑)

そういえば「韓流」の対抗馬?として「華流」ってのがありますけど...
これって「カリュウ」じゃなくて「ファリュウ」って言うんですってね。
昔は韓国の大統領でも「金大中→キン・ダイチュウ」だったのが、いつの間にか「キム・デジュン」と呼ぶようになったのに、相変わらず中国の主席は「胡錦濤→コキントウ」なのはナゼなのか...不思議に思ってます。

投稿: makoto | 2008年11月29日 (土) 20:17

■makotoさま
華流を「ファリュウ」と読むのですか(苦笑)

>昔は韓国の大統領でも「金大中→キン・ダイチュウ」だったのが・・・

私も長年疑問に思っていたのでちょっと調べたことがありました。レスを書いていたら長くなりましたのでエントリーにて回答に変えさせてください~

投稿: まろ | 2008年11月29日 (土) 21:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全羅道と韓流の読み方について:

« テレビでハングル講座平成20年11月25日放送分見ました。 | トップページ | 秋を満喫してきました~ »