« 読んでみよう!コ・ドウォンの朝の手紙「一度の抱擁」 | トップページ | 有田陶器市に行ってきました »

2009年5月 6日 (水)

土曜ドラマ「遥かなる絆」第3話見ました

NHKの土曜ドラマは結構好きで見ています。


ハゲタカ、監査法人、フルスイング、そして上海タイフーン


かなー見たのは・・・今回見たかったのは


実は、鈴木杏のファンだからです。


はじめてみたのはNHKの六番目の小夜子(マニアックかなぁ知らないですよねぇ)


でも・・・見てみたら、深い話で・・・


城戸久枝さんのノンフィクション「あの戦争から遠く離れて」をドラマ化した作品なんですね。


以下、ネタバレあります

物語は1997年。今から10年位前の設定で、


父が中国残留孤児。しかも1970年に自力で帰ってきた人。


その中国に留学し、父の歴史と、中国の血はつながっていない親戚


父の親友、自身の体験。。。通じて大きくなっていく、きっとそんな話だと思います。


中国での過去の歴史の怨念、暖かい人たち、残留孤児の人の境遇・・・


さすがにNHK濃いです。毎回涙も止まりません


ところで占い師の寧さんは、大地の子で、労働改造所の草原で一心に


「母国語を知らないことは恥ずかしいことだ」と日本語を教えてくれた


華僑の黄書海(こうしょかい)役の人じゃないかと検索してみたら、正解!


声楽家の薄宏(はくひろし)さんでした。


今回もいい役ですねぇ


この番組で2ついい言葉を頂きました


「車到山前必有路」


車、山前(さんぜん)に到りて必ず路(みち)有り、進めば必ず路は開けるという意味だそうです。


留学は出来ないかもしれないけれど、韓国語マスターへの路はきっと開かれているんだと勝手に解釈しました。


「葉落帰根」


葉は落ちて根に帰る。他郷をさまよっていても、心落ち着くのは故郷。


私の場合東京でてさえ、故郷が呼び寄せるんですから・・・


劉さんの「時代に抗えず犠牲になる人」という言葉が心に刺さりました。


まだまだ、日本人としてつらい話とかあるでしょうが、


目をそむけずじっくり見てみたいと思います。


========================== 

韓国語の勉強時間 合計【 658.0 】時間

+1.0 単語帳の間違いを修正。朝の手紙をやくします

合計+1.0

今日のモチベーション 【 80 】% +0ボチボチでーす


|

« 読んでみよう!コ・ドウォンの朝の手紙「一度の抱擁」 | トップページ | 有田陶器市に行ってきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜ドラマ「遥かなる絆」第3話見ました:

« 読んでみよう!コ・ドウォンの朝の手紙「一度の抱擁」 | トップページ | 有田陶器市に行ってきました »