« 11月23日~11月28日の朝の手紙 | トップページ | 「あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅」読みました。 »

2009年11月29日 (日)

釜山火災の治療費、日韓政府動き鈍く 雲仙市が再度保証

あまりにも過酷な現実に、言葉がありません・・・

韓国釜山市の射撃場火災で、同市のハナ病院に入院していた原田洋平さん(37)=雲仙市吾妻町=が27日に死亡したのに伴い、病院は遺体を家族に引き渡す条件として、先に死亡した中尾和信さんのケースと同様に雲仙市に対し、約1500万円の治療費の保証を要求した。市は日韓両政府が対応するよう求めたが、両政府は「病院と遺族の間の問題」とし、積極的に解決に動かなかった。市は最終的に保証に応じた。
雲仙市によると、保証せずとも遺体を引き渡すよう日韓両政府を通じて求めたが、病院は拒否。さらに市は「治療費には原因者負担の原則があり、出火元の射撃場が支払うべきだ」として、現地の釜山市や韓国政府が保証するよう要求。しかし、韓国側は「日本のツアー会社が加入する日本の保険から死亡補償金2500万円が支払われ、それが治療費に充てられる」として拒否したという。
保証に応じた奥村慎太郎雲仙市長は「嘆き悲しんでいる家族がすぐそばにいるのに、『市は保証する義務はありません』と突っぱねられない」と話した。

|

« 11月23日~11月28日の朝の手紙 | トップページ | 「あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅」読みました。 »

私@日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釜山火災の治療費、日韓政府動き鈍く 雲仙市が再度保証:

« 11月23日~11月28日の朝の手紙 | トップページ | 「あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅」読みました。 »