« 韓国映画:ラジオスター みました | トップページ | 2009年を振り返る~韓国語編~ »

2009年12月22日 (火)

韓国映画:シュリみました

シュリ [DVD]
カン・ジェギュ
B00005V1CO

私の韓国映画、というより韓国との出会いの原点「シュリ」。

南北の分断、ラブストーリー、アクション、俳優もかっこよく

総てが詰って、たった制作費3億円。

韓国やるじゃないか・・・そう映画館で思った2000年でした。

当時印象的だったのは、北朝鮮特殊8軍パクムヒョン役のチェミンシクが、鬼のような顔で、韓国特殊機関のユジュンウォン(ハン・ソッキュ)に言った

”餓死した子の肉を食う、母親と父親を見たことあるのか?”

という台詞です。

21世紀を迎えようとしているのに、本当にそんなことがあるのかと・・・当時は信じられませんでした。

しかしその鬼気迫る台詞が、リアルさを物語っているようで当時も今も、心に突き刺さりました。

気になったので調べてみたら、検索できました。

”굶어 죽은 지 새끼의 인육마저 뜯어먹는 그 애미 그 애비를 넌 본 적이 있어? 썩은 치즈에 콜라 햄버거를 먹고 자란 니들이 알리가 없지”

でした。

”飢え死にしたガキの人肉さえ、貪り食うその両親をお前は見たことあるのか?腐ったチーズ、コーラ、ハンバーガーを食って育った、お前たちに分かるのか?”

굶다 
<1> [자동사][타동사] 飢える;食事を欠かす。
<2> [자동사][타동사] (娯楽などで)自分の番を飛ばす。
뜯어-먹다 
<1> [타동사] (歯で)かじって食べる;(手で)ちぎって食べる;(牛馬が草を)
食む;食べる;(野獣が獲物を)咬み取って食べる。
<2> [타동사] (金品などを)せびり取る。

9年経って、こうやってハングルが分かるようになってるなんて・・・

思いもしなかったなぁ

でも”굶어 죽은 ”は出てこないなぁ、私だったら「굶어 죽은 새끼」 てなっちゃいますね。

チェミンシクさんはこのために8キロ痩せたとか。かっこいいっす。

|

« 韓国映画:ラジオスター みました | トップページ | 2009年を振り返る~韓国語編~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も「猟奇的な彼女」の次に見た映画が「シュリ」で、これで韓国にすごく興味を持った、思い出の作品です。

何度見ても好きです(o^-^o)

投稿: mauchangm | 2009年12月29日 (火) 13:56

■mauchangmさま
猟奇的な彼女もいいですねぇ
私も当時シュリで韓国に興味を持ちました。
その後結構韓国ドラマを見るようになったんですよ~

年末年始の間にもう一回見ようかな(笑)

投稿: まろ | 2009年12月30日 (水) 12:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画:シュリみました:

« 韓国映画:ラジオスター みました | トップページ | 2009年を振り返る~韓国語編~ »