« お譲りします。 | トップページ | 水族館のエイ »

2010年1月30日 (土)

2010年01月25日~01月30日の朝の手紙

今週の朝の手紙を公開します。

2010年01月25日[楽しいことを作ろう]
2010年01月26日[転んでみなさい]
2010年01月27日[トスカニーニの記憶力]
2010年01月28日[涙の川]
2010年01月29日[田舎の子犬]
2010年01月30日[’この歳で’]

01月25日~01月30日の朝の手紙(PDF) 01月25日~01月30日の朝の手紙(テキスト)

[楽しいことを作ろう]もよかったのですが、今週一番良かったのは

넘어져 봐라
넘어져 봐라.
산악인 친구는 이렇게 말한다.
"한 번도 넘어지지 않고 정상까지 간 사람은 아무도 없다."
우리는 승진에서 미끄러지고, 실직을 하는 등 삶이
송두리째 뽑혀 나가는 경험을 하기도 한다.
그런 쓰라리고 아픈 경험은 어느 누구라도  
한 번씩은 겪게 된다. 하지만, 우리는
넘어져 봤으니 아는 게 있지 않은가.
그것만으로도 대단한 재산이 된다.
- 전경일의《아버지의 마음을 아는 사람은 결코 포기하지 않는다》중에서 -

* 넘어졌을 때
그 사람의 진면목이 나타납니다.
넘어지는 순간 한번에 무너져 버리는 사람이 있고,
툭툭 털고 다시 일어나 새롭게 도전하는 사람이 있습니다.
인생의 장애물도 마찬가지입니다. 장애물을 고통으로
여기는 사람이 있고, 다시없는 교훈과 축복으로
받아들이는 사람이 있습니다. 장애물을 만나
넘어지는 것을 조금도 두려워 마십시오.
엄청난 재산을 얻는 순간이니까요.


転んでみなさい
転んでみなさい
登山家の友人がこのように言った。
”一度も転ばす頂上まで行った人は誰もいない”
私たちは、昇進で滑って、失職をしたりなど人生が
根こそぎ抜かれていく経験をしたりする。
そんな、つらくて痛い経験は、誰でも
一度は、経験するようになる。しかし私たちは
転んでみて分かることがないだろうか
それ(気づくこと)だけでも、すばらしい財産になる。
- ジョン・ギョンイルの<父の心を分かる人は決してあきらめない>より -

* 転んだとき
その人の、真骨頂が現れます。
転ぶ瞬間、一度に崩れてしまう人がいて
とんとんと払い落として、また立って、新しく挑戦する人がいます。
人生の障害物も同じです。障害物を苦痛として
思う人がいて、またとない教訓と、祝福として
受け止める人がいます。障害物にあって
倒れることを少しも怖がらないで下さい。
とてつもない財産を得る瞬間だからです。

「転んだときにその人の真骨頂が現れる」

本当にそうなんですが、言われて初めて気づくことでした。

2月に私を含めて9人でソウルから水原華城に行って、焼き肉食おうとしてます。

失敗したらどうしようかと、不安でしたけど、失敗したらリベンジしよ

と思うととても楽になりました!

「失敗イヤだなー」って思うより、「失敗しても教訓を得ればいいか」と思うととても楽になりますね。

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 831.0 】時間
+2.0 朝の手紙訳!韓国語検定過去問頑張るよ!
合計+2.0(予定)
今日のモチベーション 【 30 】% -30のみすぎた…

|

« お譲りします。 | トップページ | 水族館のエイ »

韓国語@2010コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年01月25日~01月30日の朝の手紙:

« お譲りします。 | トップページ | 水族館のエイ »