« ハイボール | トップページ | 韓国映画:「牛の鈴音」みてきました。 »

2010年3月13日 (土)

2010年03月08日~03月13日の朝の手紙

今週の朝の手紙訳を公開します。

2010年03月08日[道に迷ってさまよう時]
2010年03月09日[覚めている心で歩く]
2010年03月10日[新しく取り出し着る服]
2010年03月11日[適当なストレス]
2010年03月12日[心の筋力]
2010年03月13日[捨てて旅立とう]

03月08日~03月13日の朝の手紙(PDF) 03月08日~03月13日の朝の手紙(テキスト)
朝の手紙で覚えた単語:335個(H22年より)

適当なストレスは、チハルさんも翻訳されていましたね~

大体同じような訳でホッとしてしてます(笑)

今週気になった、朝の手紙は・・・

매주 토요일엔 독자가 쓴 아침편지를 배달해드립니다.
오늘은 이무경님께서 보내주신 아침편지 입니다.

버리고 떠나라
삶은 소유물이 아니라
순간순간의 있음이다. 영원한 것이 어디 있는가.
모두가 한 때일 뿐. 그러나 그 한 때를 최선을 다해
최대한으로 살 수 있어야 한다.
삶은 놀라운 신비요, 아름다움이다.

- 법정의《버리고 떠나기》중에서 -

가진 것은 잠깐 스쳐 지나거나
언젠가 반드시 소리 없이 떠나갑니다.
날마다 먹을 것과 건강만 있어도 행입니다.
짧은 인생인데 그 무엇에 너무 집착 해 살다보면
그 만큼 괴로움도 크고 삶의 질이 떨어집니다.
가진 걸 다 버리고 떠난 사람은 오래도록 향이 나고
하늘의 별처럼 빛나는 사람입니다.
좋은 글 주신 이무경님께
감사와 축하의 인사를 드립니다.
법정 스님의 입적 소식에 애도를 표하며
고인의 삶과 뜻이 오래 기억되길 기원합니다.
편히 영면하소서.
루마니아 시나이아에서...

毎週土曜日には、読者が書いた朝の手紙を配達いたします。
今日は、イ・ムギョンさまから、送っていただいた朝の手紙です。
捨てて旅立とう
人生は所有物ではなく
瞬間瞬間の存在だ。永遠なことがどこにあるだろうか
総てがひと時であるだけ、しかし、そのひと時を最善を尽くして
最大限で生きるべきである
人生は驚くべき神秘です。美しさだ。

- 法頂の<捨てて旅立つ>より -

持ったことは、ちょっとかすめて通りすぎたりとか
いつか必ず、音なく旅立ちます。
日ごとに食べることと、健康だけでも幸せです。
短い人生だが、その何かに、あまりに執着して生きていけば
それほどつらさも大きく、人生の質が落ちてしまいます。
持ったことを総て捨てて、旅立った人は、長い間香りを出して
空の星のように、光をはなつひとです。
いい文章を書いてくださったイ・ムギョンさまに
感謝と祝賀の挨拶をいたします。
法頂禅師の入滅の消息に哀悼を表し
故人の人生と意味が、長く記憶されることを祈ります。
安らかにお眠りください
ルーマニア、シナイアより・・・

先日★honeybee★さんに教えていただいた、「7つの習慣」をちょっとだけ、本屋さんで手にとって読んでみたら同じようなことが書いてありました。

まさに「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」ですね。

いつも目に付くところに貼り付けておこうかしら(笑)

今検索していたら法頂禅師の「無所有」は、イヨンエさんが座右の銘とされてる本とのことでした。

ネットにはほとんど在庫が無いようですが、いつか読んでみたいと思います。

私も法頂禅師の入滅に心より哀悼の意を表したいと思います。安らかにお眠りください。

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 859.0 】時間
+1.0 朝の手紙翻訳、単語暗記
合計+1.0
今日のモチベーション 【 40 】% -0バタバタ中です

|

« ハイボール | トップページ | 韓国映画:「牛の鈴音」みてきました。 »

韓国語@2010コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

私もまろさんと同じような訳でホッとしました^^;

朝の手紙って本当に心のビタミンになりますよね~^^
毎日訳したいところですが、目に通すだけに
なってしまってます^^:

投稿: チハル | 2010年3月15日 (月) 14:00

■チハルさま

>朝の手紙って本当に心のビタミンになりますよね~^^

本当にそうですよねー
私もいっぱい力を頂いていますよ~
お互い翻訳頑張りましょう!

投稿: まろ | 2010年3月16日 (火) 21:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年03月08日~03月13日の朝の手紙:

« ハイボール | トップページ | 韓国映画:「牛の鈴音」みてきました。 »