« 韓国ドラマ「強敵たち-幸せなスキャンダル!」全16話視聴しました | トップページ | 韓国映画:「ラストプレゼント」見ました »

2010年3月17日 (水)

「不毛地帯」を読みました。

シベリア抑留は、不毛地帯の題名にふさわしいと思っていたんですが、全体として何で不毛地帯なのかなって思ってました

それはあとがきに答えが載っていました。

シベリア抑留後の出来事は、防衛庁の時期主力戦闘機をめぐる泥沼の商戦、自動車メーカの資本提携に伴う思惑、石油開発に伴う利権。。

それがまさに現代の不毛地帯というわけだったのですね。

最後大門社長が、投機的に買った綿花が、値を下げ売るに売れず含み損46億円の大やけどを負います。

社長の密命で取引を行っていた担当部長の伊原は、手じまいするように言っていたんですが、ずーーと、聞き入れてもらえず

ついに進退伺いを社長に提出するのですが、無残にも社長に破り捨てられます

・・・ドラマはココまででしたが・・・

原作ではこの後、伊原部長は本当に進退窮まって、自宅の布団に包まって1週間酒におぼれます。

会社から矢のような綿花関連のトラブルと思われる電話に、ばんやむを得ず重い腰を上げて、出社します・・・しかし、正気を保てず、部長席で酒を飲みだしました。

そこへ、大門社長がやってきて、伊原部長は最後に取り付かれたように、相場を手じまいするように進言するんですが、ゆっくり休め言う事実上の退職勧告を受け、結局相場を手じまいできず・・・

ぼろきれのように酷使された伊原部長は、無残に捨てられ、定年をあと5年のところで強度のノイローゼに・・・これも不毛地帯なのかと思いました。

***話は変わって、こんな言葉が載っていました

岩もあり 木の根もあれど
さらさらと たださらさらと 水の流れる

という歌があります、岩や木の根のような煩悩やしがらみの世界にありながら、その中に埋没せず、さりとて超然ともせず、空(くう)、無の境地で水が流れるように、あるがままの姿で生きるという意味です

朝の手紙のような言葉に、なんかすくわれました(笑)

それにしてもスケールの大きい作品でとても面白かったです。

「華麗なる一族」「運命の人」あたりを今度は読んでみようかなーと思っています~

==========================
韓国語の勉強時間 合計【 862.0 】時間
+2.0 朝の手紙翻訳、単語暗記、読書
合計+2.0
今日のモチベーション 【 40 】% -0花粉症(笑)

|

« 韓国ドラマ「強敵たち-幸せなスキャンダル!」全16話視聴しました | トップページ | 韓国映画:「ラストプレゼント」見ました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不毛地帯」を読みました。:

« 韓国ドラマ「強敵たち-幸せなスキャンダル!」全16話視聴しました | トップページ | 韓国映画:「ラストプレゼント」見ました »