« 2010年06月14日~06月19日の朝の手紙 | トップページ | 韓国語ジャーナル 第33号買いました »

2010年6月22日 (火)

少数民族ナナイ人の村とデルス・ウザーラ

録画したテレビでロシア語講座を見ていたら、少数民族ナナイ人の村が紹介されていました。


より大きな地図で シカチ=アリャン を表示

皆さん一見するとモンゴル系のような顔立ちで、とてもロシアとは思えない独自の文化でした。

ハバロフスクから近くて今では観光地になっているそうです。

そして、あの世界の黒澤監督が、ナナイ人画主人公の映画を撮っていることが紹介されてました。ビックリです!

デルス・ウザーラ モスフィルム・アルティメット・エディション [DVD]
B000EQIT6C

20世紀の初頭に、シベリアと中国・東北地方の国境地帯の地図を作成した帝政ロシア時代の探検家アルセーニエフ(ユーリー・サローミン)と、その際に彼のガイドを務めた老猟師デルス・ウザーラ(マキシム・ムンズク)。ふたりの終生変わることなかった厚い友情の育みを、広大なシベリアの大地を背景に描いたロシア(当時はソ連)映画超大作。

また本もあるみたいでした。

デルスウ・ウザーラ―沿海州探検行 (東洋文庫 (55))
アルセーニエフ 長谷川 四郎
4582800556

レビューを見ていたら、「ミュータント・メッセージ」のような感じもあって高評価!

読みたい&見たい映画に入れておこう♪

テレビだけですが、ほーそーくロシア語も続けていますよw

|

« 2010年06月14日~06月19日の朝の手紙 | トップページ | 韓国語ジャーナル 第33号買いました »

ロシア語」カテゴリの記事

コメント

これ、本をまず読み(面白いです)映画を見たのですが、自分の頭の中で想像していたデルスー・ウザーラと演じた俳優さんのイメージギャップがあり...。
こういうことってけっこうありませんか? 

投稿: ハーちゃん | 2010年6月23日 (水) 08:39

えっ? まろさんもロシア語講座でお勉強中ですか                     実は私も録画して細々と楽しんでいます。
今はただ 音に慣れるとか、文化を知るようなことだけですけどね、
この 少数民族 ナナイ族の時の放送 録画して見ました ホント 顔立ちがモンゴル系で独特の
文化 興味深くみましたよ~
 

投稿: とーなん | 2010年6月23日 (水) 10:26

■ハーちゃんさま

やっぱり面白いですか!!なんか楽しみです!
ギャップありますねーということは映画を先に見たほうがいいかもしれませんね(笑)

■とーなんさま

実はこっそりはじめてました。
ロシアって言っても多民族国家なんですね(苦笑)
まったくそんなことも知らずに…
でも、そんな隣国を知るのも楽しいです!

投稿: まろ | 2010年6月24日 (木) 21:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少数民族ナナイ人の村とデルス・ウザーラ:

« 2010年06月14日~06月19日の朝の手紙 | トップページ | 韓国語ジャーナル 第33号買いました »