« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

2010年10月25日~10月30日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年10月25日[未来を見る]
2010年10月26日[母の懐のように]
2010年10月27日[よく気をとめて聞く人]
2010年10月28日[旅行の贈り物]
2010年10月29日[眠る時間]
2010年10月30日[すぐに逢いなさい]

10月25日~10月30日の朝の手紙(PDF)10月25日~10月30日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

여행 선물
선물 가운데
최고는 역시 여행이다.
시간과 돈 그리고 가족의 협력까지
모두 제공되어야 하는 다소 어려운 선물이기도 하다.
자기 자신이 가장 대견한 순간, 주저 없이
여행을 선물해 보는 것은 어떨까?
- 최영선의《마돈나, 결혼을 인터뷰하다》중에서 -
* 열심히 사는 사람일수록
이따금 자신에게 '여행 선물'이 필요합니다.
여행 그 자체도 좋은 선물이 되지만, 더 중요한 것은
함께 동행한 좋은 사람들을 선물처럼 얻게 된다는 사실입니다.
열심히 살아왔고, 앞으로 더 열심히 살고자 하는
사람들과의 만남, 그것이 '여행 선물'의
또 다른 의미입니다.

旅行の贈り物
贈り物の中で
最高はやはり旅行だ
時間とお金、そして家族の協力まで
すべて提供しなければならない多少難しい贈り物だったりします
自分自身が一番大切に思う瞬間、躊躇なく
旅行を贈り物にしてみるのはどうでしょうか?
- チェ・ヨンソンの<マドンナ、結婚をインタビューする>より -
* 熱心に生きる人であるほど
たまには自分に'旅行の贈り物'が必要です
旅行それ自体もいい贈り物になるが、さらに重要なことは
同伴したいい人々を贈り物のように得るようになる事実です
熱心に生きてきた、これからもさらに熱心に生きようとする
人々との出会い、それが'旅行の贈り物'の
もうひとつの意味です

旅行いいですよね~今からうきうきしています♪

いつの間にか10月は本日までですねー

あんなに暑かったのにもうコタツが恋しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

これからの「正義」の話をしようをよみました

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel 鬼澤 忍
4152091312

ドラッカーのマネジメントでは、社会という器があっての企業というようなことが書いてありましたが、

この本では、社会(コミュニティ)があっての正義だというようなことが書いてありました。

私はある人の息子や娘であり、別の人の従兄弟や祖父である。私はこの都市、あるいはあの都市の市民であり、ある同業組合や、業界の一員だ。私はこの部族、あの民族、その国民に属する。したがって、私にとってよいことはそうした役割を生きる人にとって善であるはずだ。そのようなものとして、私は自分の家族や、自分の都市や、自分の部族や、自分の国家の過去からのさまざまな負債、遺産、正当な期待、責務を受け継いでいる。それらは、私の人生に与えられたものであり、私の道徳的出発点となる。

ここはとても印象に残りました。

日本人であることや、私につながる家系は、私の存在の前提条件みたいなものなのですね。

自分が直接関係していないことでも、それが現在の器を作り出しているので、それを離れて存在すると無理が生じるような気もします。

ま、あんまり考えすぎると負債ばかり眼が行って押しつぶされそうなので(笑)

とりあえず、読んでる間は一生懸命正義を考えてみたので、

これからは、論理的なものより直感的、感覚的な感じで行きたいとます(爆)

途中とても難しい部分もありましたが、たまにはいいかもしれないなーと思いました。

*****

ハーバード白熱教室@東京大学が先日放送されていましたが

(以下は、個人的な感想で誹謗中傷の意図はまったくありません)

ちょっと気になったのは、「過去の戦争責任を現在の世代が負うべきか」というディスカッションの中で

「負うべきだ!」と、前のほうに座っていた男の子が、

サンデル教授の指名を受け持論を述べたのですが・・・確かに理論的にはなるほどと思うけど

押し付けるような高圧的な態度のように見えて・・・あまり謙虚さというものが感じられませんでした。

ま、ディベートですからね。

論理的に相手がぐうの音も出ないように言い負かすというのが、ディベートなんでしょうけど

彼は本当にそんな状況になった時に、相手がそれに乗じて無理難題まで要求してきてもそれを受け入れられるのか・・・

と考えると、また話は違うのかなぁと思いました。

逆に「たとえ親が犯罪者でも、子供は何の権利も制限されてはいけない」といっていた、

後ろのほうにいた男の子は、とても謙虚で

もしそんな状況になった時、かれはむしろ法的な責任はなくても道義的責任を果たすんじゃないのかなーとも感じました。

正義を思考すること、それを実践するのは全然違うものなのでしょうね。

そんなことをハーバード白熱教室@東京大学みて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

お母さんをお願い(韓国語)を読了しました。

7月中旬から読み始めて、2ヵ月半かかりました~

長かった~母についてとても考えさせられました(汗)

엄마를 부탁해 

엄마를 부탁해(お母さんをお願い)

ご存知の方も多いと思いますが、この小説、二人称で文章が書かれています。

娘さん、息子さんとそれぞれの視点で話が展開していき

お母さんが失踪して、探す話と、過去の回想シーンが重層的に展開していきます。

お母さんを探すうちに、気も留めないでいたことに気づき、

それでお母さんは味気ない人生を送っていたのかと思えば

孤児院を誰にも言わず応援していたりして知らなかった側面が明らかになっていきます。

グサグサグサと罪悪感が胸に突き刺さるような本でした。

韓国って、お母さん大好きって言う息子さんしか見たことないので、

この本はどちらかといえば日本人の母親像のような感じで、日本人の方が共感するんじゃないかなとも感じました。

それにしても、ありがたみは、なくなってみないと分からないものですね・・・母の肩でももみたいと思います。

母「なに?お小遣いでもほしいの?きっっもちわるいわねぇ」

なんていわれそうです(爆)

3、4章は、結構難しかったですねー(汗)

辞書を引く頻度が多くて一日2,3ページという進行状況でした。

海辺のカフカに比べたらちょっと難しかったかな・・・

今度は도가니(るつぼ)を読み始めました~

私が持っている韓国語の蔵書一覧

お母さんをお願いの関連記事
真夜中に会いましょう。『엄마를 부탁해』読了~♪
隣の国の言葉にこがれて『母さんをお願い』/読みたい本
新書中心主義-心理学者の読書日記엄마를 부탁해(母をお願い)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

携帯メールでTwitterを楽しみたい

携帯電話からだと、携帯からウエブにつないでそこからモバツイでTwitterするのが簡単で楽ですが

パソコンのプロバイダ料金に比べてはるかに高いのせいもあって・・・

携帯でウエブを見るのは、なんか嫌いなんですよね。

今でも携帯からつぶやけるのですが、自分宛のメッセージ(メンション)を、携帯からウエブにつながないと確認出来なくて、ちょっと不便だなーと思っていました。

そこで、メンションを携帯にメールでお知らせしてくれるのが有ればだいぶ違うのになーと探したら・・・ありました~♪

twittmail です。

(ちなみに本家のTwitterでは、ダイレクトメッセージが来た時しかメールで教えてくれないんですよねー)

これに登録すると、ダイレクトメッセージも、メンションもメールで教えてくれます。

また、そのメールにくっついているリンクからダイレクトメッセージにもメンションにもメールで返信(ウエブにつながなくていいの!)が出来ます!!

当然メールでつぶやきも出来るので、ウエブを開かずともメールだけでTwitterが出来ちゃう、感動的代物です!

いやあーアンドロイドほしかったんですが、twittmailのおかげで今の機種でもかなりTwitter楽しめちゃいますね!

また、twittmailのいいところは、つぶやきを受信したい人と登録するとこれまたメールで教えてくれるのもすばらしい!
(本家Twitterの携帯機能でも、同じ機能はありますね!)

携帯メールでほぼTwitterが楽しめてます~

あるものを生かす。それがセコエコです(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

高矢禮(ゴシレ)が届きました♪

先日予約していた高矢禮(ゴシレ)が届きました~♪

高矢禮(ゴシレ) 

どーんと目がいく、トッカルビ!ジューシーで濃厚でおいしい!

でも、やっぱりすきなのは、チャプチェですね~

コリコリおいしかったです(^^)!

ナムル(野菜)もご飯もなーーんでもおいしかったです!

大満足の一品でした~

高矢禮(ゴシレ)解説

一緒に入っていた解説ものっけてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

2010年10月18日~10月23日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年10月18日[きれいな人]
2010年10月19日[笑いの処方]
2010年10月20日[穏やかな愛]
2010年10月21日[中途半端な社員]
2010年10月22日[なぜ、離してあげなければならないのか?]
2010年10月23日[私の心をときめかせるからですよ]

10月18日~10月23日の朝の手紙(PDF)10月18日~10月23日の朝の手紙(テキスト)

"왜 놓아주어야 하는가?"
칼턴은 눈물을 흘리면서
괴로움과 분노가 뒤섞인 어조로 내게 물었다.
"그런데 왜 내가 그녀를 놓아줘야 하죠?"
칼턴의 물음은 우리 모두가 살면서
종종 던지는 물음이기도 하다.
우리는 왜 놓아야 하는가?
이미 나를 떠나간 여인을
왜 마음에서 잊어야 하는가?
- 대프니 로즈 킹마의《인생이 우리를 위해 준비해 놓은 것들》중에서 -
* 왜 놓아주어야 할까요?
아마도 그것이 인연의 끝이기 때문입니다.
어쩌면 그것이 하늘의 뜻일 수 있기 때문입니다.
안되는 인연의 끝자락을 붙들고 사는 것보다
아름답게 떠나 보내는 것이 서로 좋습니다.
나를 떠나 더 잘 살기를 바라는 마음으로,
가는 길에 행운이 있기를 빌어주면서...
그것이 곧 자기를 잘 놓아주는 것입니다.

"なぜ、離してあげなければならないのか?"
カールトンは、涙を流しながら
つらさと、憤怒が混ぜ合わさった口調で私に聞いた
”しかし何故、私が彼女を離してあげなければならないのでしょう?”
カールトンはの問いは、私たちみなが生ながら
時々投げかける問いでもある
私たちは何故離さなければならないか?
すでに私を離れた女性を
何故心から忘れなければならないのか?
- ダフニ・ローズ キングマの<人生が私たちのために準備しておいたこと>より  -
* なぜ離してあげなければならないか?
多分それが、因縁の終わりだからです。
ひょっとして、それが神様の意思かもしれないからです。
無理な因縁の端っこをつかんで生きることより
美しく去って、送り出すことがお互いによいです
私が去って、さらによく生きることを望む心で
行く道に幸運があるように祈りながら・・・
それがまさに、自分自身をよく離してあげることです

この親知らずの因縁も早く終わってほしい(笑)

もう少しのところまで来てるんですけどね~(^^)

これで12月に韓国にいけることになってもオーケーだ~い♪

P.S.先週、先々週分でファイルが開けない状態でした。この場をお借りしてお詫びいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

山場を越えたようです。

親知らず抜歯から2日目を超え、痛さの山場を越えました。

先生のおっしゃっていたように2日目の夕方から夜にかけてきつかったですが・・・

本当に”時間が薬”でした。時が解決してくれました。

抜歯直後は痛くてご飯を食べたくなかったんですが

今では、口はあけにくいですが、何でも食べられます。

おいしいご飯が食べられるのも健康があってこそなのですねー!

ご心配かけましたー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

親知らず抜きました

人生初、意を決して右下の親知らずを抜きました。

実は、変に生えててすでに虫歯気味でした。

12月に韓国行くかも!って話しあるのに、痛くなって楽しめないなら最悪だ~

いくしかなーい!っと、行ってきました。

しかし・・・ああ、抜いた後が試練なのですね・・・痛いです。その模様は改めて(笑)

右のほほが痒くて、指でカリカリしただけで、ズキズキします。

無意識に頬杖をつくと絶叫(笑)

冷たいオレンジジュースを飲んでも絶叫

先生がおっしゃるには、

「痛みのピークは2日後、腫れのピークは4日後」

ということで、いい機会だと思ってしばらく休載させてください。

今日は、痛み止めが効いてるうちに寝たいと思います。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

赤とんぼ見つけました

赤とんぼ(アキアカネ)

アキアカネという赤とんぼみたいです。

じわーっと近づいたら、撮らせてくれました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

キンモクセイが咲いていました

ミレ韓国語学院スタッフブログで前田先生が、キンモクセイのことを書かれていました。

そういえば、こちらでも見ごろなんじゃないかなーっと探してきました。

キンモクセイアップ写真

キンモクセイのアップの写真。いい香りですねぇ

キンモクセイ全景

キンモクセイは感じで[金木犀]。韓国語も漢字語の금목서

実は、キンモクセイに似ていて、香りも強いジンチョウゲのほうが私は好きなんです~こちらは春の花なんですね。

ジンチョウゲも春になったらとりたいと思いまーす♪
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

コスモスが咲いていました

お花コーナーが意外と好評とお伺いしまして・・・

そうだ!秋といえばコスモス!と見に行ってきました。

猛暑、韓国語能力試験ですっかり花コーナーがどこかに行ってしまっていました(苦笑)

コスモス

ちょうど見ごろでした~まさに秋桜ですね!!

コスモスにミツバチが

こちらはミツバチが受粉中。おいしい蜂蜜になるのでしょうね~

コスモスのじゅうたん

コスモスが全部南の太陽の方を向いています。まるで絨毯のよう!

まるで地平線が広がっているみたいです。

花言葉は、少女の純真、真心
ハングルでは、코스모스。同じなんですねw
ポチっとよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

2010年10月11日~10月16日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します

2010年10月11日[切磋琢磨]
2010年10月12日[いい種]
2010年10月13日[外から来る苦痛]
2010年10月14日[ただ楽にに対処してください]
2010年10月15日[最悪の場合]
2010年10月16日[ある誕生日祝賀]

10月11日~10月16日の朝の手紙(PDF)10月11日~10月16日の朝の手紙(テキスト)
H22.10.24 ダウンロードできない状態でしたので修正しました。

気になった手紙は・・・

최악의 경우
지금도 나는
강연이 시작되기 전에
언제나 최악의 경우를 예상합니다.
이를테면, 아무도 없는 텅 빈 강당에서
단상 앞에 홀로 서 있는 내 모습이나 사람들의 호응을
제대로 얻지 못하는 광경을 상상하는 것입니다.
그렇게 하면 사람들이 '뜻밖에' 나를 환대해줄 때
나는 그 반응을 더한층 '깊이' 음미하게 됩니다.
그리고 정말로 청중석이 텅 비었다 해도
깜짝 놀라거나 당황하지 않을 겁니다.
- 알랙상드르 졸리앙의《고마워요 철학부인》중에서 -
* 최악의 경우를 가정하면
모든 것이 좋은 것이고 잘된 일입니다.
하나하나가 다 덤이고 최선의 결과인 것이지요.
지금 주어진 결과를 '최악의 경우'에서 얻어낸
'최선의 것'이라 생각하면, 삶의 모든 것이
감사의 조건으로 바뀝니다.

最悪の場合
今も私は
講演が始まる前に
いつも最悪の場合を予想します
例を挙げれば、誰もいない空っぽの講堂で
壇上の前に一人で立っている私の姿や、人々の呼吸を
まともに得ることが出来ない光景を想像します
そのようにすれば、人々が'案外'私を歓待にしてくれる時
私はその反応を、もう一階'深く'吟味するようになります
そして本当に聴衆席が空っぽだったとしても
びっくり驚いたり、あわてたりしないでしょう
- アレキサンダー・ジュリアンの<ありがとう、哲学夫人>より -
* 最悪の状況を仮定すれば
全てことが、いいことで、よく出来たことです
一つ一つが、全ておまけで、最善の結果でしょう
今与えられた結果を'最悪の場合'から得られた
'最善のこと'と思えば、人生の全てのことが
感謝の条件に変わります

いろんな本でも出てくるのですが、実際に詰まった状況や、思いもよらない状況になると・・・飛んでいってしまいます(笑)

事前に最悪の状況を受け入れておくというのが大切なんでしょうねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

カフカの会完結しました!!

2009年5月から始まった、韓国語版「海辺のカフカ」を読む「カフカの会」。私は、11月から記事アップに混ぜていただきました。

そのカフカの会が先日テラさんの49章をもって、無事完結しました~

記事アップの過程で、

ああ、ちゃんと国語の勉強して読解力挙げておくべきだった…

おお、韓国語の本意外とよめるやない!…とか(笑)

ううむ、記事があらすじみたいになっとる・・・とか(爆)

なかなか、今でも本当によかったのかちょっと一抹の懸念はありますが・・・無事担当を全うすることが出来ました。

皆さんで一緒に読んでいるので

気になったポイントがそれぞれ違ったり、おんなじだったりして

楽しかったり、気づけない部分を教えていただけました。

私にとって一番の影響は、「韓国語本読書はじめよう」っておもったことです。

そういう思考に到ったことが、韓国語を勉強始めてからまったくありませんでした。

カフカの会を通じて、読書の楽しさを小学生以来くらい思い出したのではないでしょうか。

それを韓国語で味えたら、本当にすばらしいですよね。

韓国語DE読書これからも続けたいです。

カフカの会の皆様、読者の皆様
本当にお疲れ様&ありがとうございました。

カフカの会リンク:カフカの会記事一覧

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

IRIS完全版見はじめました。

IRIS壁紙

DVDを借りてボチボチ見始めました。

そしてうれしいのが・・・韓国語字幕付きなんですよー

勉強になる~♪(つもりです)

韓国語字幕+韓国語音声と、韓国語音声のみで見るので全然違うんですね~

前田先生が言われていた、慣れない連音化が文字で見えるので、

ほほーって言う感じになったり、なるほど!て感じで見ています。

でも・・・

チャングムでは韓国人俳優が日本語しゃべった時、ちゃんと日本語字幕が出て(流刑になった済州島に倭寇がやってきた時です)

見てた当時は、かなり滑らかな日本語なのに、字幕振るとはあんまり失礼じゃない?いらないんじゃない?

って思っていました。

すると、今回のIRISでは、日本語には日本語字幕(韓国語字幕も)が出ないんですよーー

でもそれが、韓国語音声を、韓国語字幕なしで見ている感じで・・・

韓国人俳優のぎこちない日本語を、字幕なしで理解するのに若干苦労しています(爆)

だから、チャングムではちゃんと字幕が当ててあったのですね。

さすがNHK。恐れ入りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

私が読んだ本と持っている本

私が読んでいる本と、持っている韓国語の本を一覧にしてみました。

本が増えたり、読了したら更新していきたいと思います。
H24.01.25更新

今読んでいる本 
○지도 밖으로 행군하라(地図の外に行軍しろ)

読んだ本
○해변의 카프카 상(海辺のカフカ上巻)
해변의 카프카 하(海辺のカフカ下巻)H22.01.26読了
행복의 조건(幸福の条件)H22.07.15読了
엄마를 부탁해(お母さんお願い) H22.10.27読了
도가니(るつぼ) H22.12.29読了
그건, 사랑이었네(それは愛だったのね) H23.2.14読了
악기들의 도서관(楽器たちの図書館)H23.4.9読了 
1Q84 BOOK1  H23.7.2読了
1Q84 BOOK2 H23.8.31読了
1Q84 BOOK3 H23.11.4読了
한비야의 중국견문록(ハンビヤの中国見聞録) H23.12.7読了

まだ読んでない本
○바람의 딸,우리 땅에 서다(風の娘,我が地に立つ)
○바람의 딸,걸어서 지구 세 바퀴반 1
(風の娘、歩いて地球3回半・第1巻)

更新記録
H23.1.13現在合計9冊所有
H23.2.20カフカ、幸福条件、お母さんお願いはお譲りしました。
H23.4.11蔵書ではなく、持ってる本とタイトルを変えました。
H23.10.13 Book1,2読了、読んでない本を追加
H23.12.17 Book3、中国見聞録読了
H24.01.25 H23.12旅行で買った本を追加

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

2010年10月04日~10月09日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年10月04日[よい建物]
2010年10月05日[実る時まで]
2010年10月06日[息をする空間]
2010年10月07日[水を噛んで食べる]
2010年10月08日[内的空間]
2010年10月09日[私は今も十分いい人だ]

10月04日~10月09日の朝の手紙(PDF)10月04日~10月09日の朝の手紙(テキスト)
H22.10.18ファイルが開けない状態でしたので修正しました

気になった朝の手紙は・・・

매주 토요일엔 독자가 쓴 아침편지를 배달해드립니다.
오늘은 이세린님께서 보내주신 아침편지 입니다.
나는 지금도 충분히 좋은 사람이다
"자네를 축하해주려고 불렀네.
사업을 하려면 결정을 내려야 하지.
만일 결정을 내리지 않으면 실패도 하지 않겠지.
내게 가장 힘든 일은 사람들로 하여금 결정을
내리게 하는 걸세. 만일 자네가 같은 실수를
두 번 한다면 자네를 해고할 거야. 하지만
나는 자네가 이런저런 실수를 하면서
성공보다는 실패가 많다는 것을
알게 되기 바라네."
- 탈 벤 샤하르의《완벽의 추구》중에서 -
* 조금만 더 잘하려는 욕심,
조금만 더 행복해지려는 욕구,
우리 삶을 발전시켜 나가는 좋은 불쏘시개입니다.
그러나 지나친 욕심은 끝도 없고, 충분히 잘해내고 있는
자신조차 무기력하게 만듭니다. 아주 가끔은
자신에게 쉴 수 있는 시간을 내어 주세요.
당신은 지금도 충분히 잘하고 있으니까요!

毎週土曜日には、読者が書いた朝の手紙を配達いたします。
今日は、イ・セリムさまから、送っていただいた朝の手紙です。
私は今も十分いい人だ
”君を祝おうと思って呼んだ
事業をすれば、決定を下さなければならない
万一決定を下さなければ、失敗もしないだろう
私にとって一番つらいことは、人々に決定を
下させることだ。万一君が同じ失敗を
2回すれば、君を解雇するだろう。しかし
私は君が、あれこれ失敗しながら
成功よりは、失敗が多いことを
分かるようになってほしい”
- タル・ベンシャハーの<完璧の追求>より -
* ちょっとさらによくしようとする欲
ちょっとさらに幸せになろうという欲求
私たちの人生を発展させていくよい付け火です。
しかし、度が過ぎた欲望は終わりなく、十分にちゃんとやっている
自分さえ無気力にさせます。たまには
自分に休むことが出来る時間を作ってください
あなたは、今も十分にちゃんとやっているからです!

失敗するってことは、何かをしたってこと・・・そんな風に考えたことなかったです。

この手紙にとても救われたような気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

KARA

K-POPを聞くのがちょっと恥ずかしかったのですが、

聞いてみたら・・・意外とはまっちゃいました(笑)

歌詞を覚えて口ずさめば、立派なお勉強かな(爆)??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

ミレ韓国語学院のミレロ通信が・・・

先日から、ミレロ通信が公開されています。

ミレロ通信は、たとえるなら小学校時代の学級通信みたいな構成で

先生のためになる話、受講者のやる気あふれるコメントがいっぱい詰まっています。

小さいころの学級通信は、今思えば、熱心に作られていた先生には大変申し訳ない状態だったんですが・・・

私も大人になったんですね(笑)

私のクラスの学級通信を熱心に読んでいた母の気持ちはきっとこんな感じだったのかな・・・と思ったりなんかしています(笑)

ブログにコメントを頂いた方とペンネームが同じ方がいらっしゃったりして、私もがんばらないととパワーをいただきました。

受講生の皆様のやる気あふれる声を目にすると、やる気アップですね!!

高級の結果発表までちょっとテンションがあがらない私に、渇が入りました~

10/9加筆修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

第35回ハングル検定2級試験見送ります。

10月8日で願書受付期間終了となりますが、今回は見送ることにしました。

やっぱりどう考えても、受かりそうもないですし(苦笑)

ハングル検定はしばらく見送ることになりそうです。

まずは、だいぶ射程距離に入ってきた韓国語能力検定高級合格を目指してがんばっていきたいと思います!!

今年の9月の試験が受かってたら最高なんですけど(笑)

準2級も4度目(高級は今回3回目)の正直だったから、やっぱり次回春かな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

「小さな命を守りたい」 -韓国 四つ子ナースの物語-

朝早起きしたら、「カチョン医大キル病院」で、21年前に生まれた4つ子の女の子が、キル病院に全員看護婦として戻ってきた。

という番組があっていました。

イ先生と、4つ子の看護士さん

21年前、4つ子を産むのはリスクが高すぎると敬遠されたのを、真ん中の李先生(現在病院長)が担当してくれて無事に出産。

4つ子は大変珍しく、神様からの授かり者だからと手術費、新生児室費も頑として受け取らなかったそうです。

そしてその子全員が看護士になって病院に戻ってくるなんて…

イヤーこんなことってあるんですね。

記事を調べてみたら見つかりました。

이길여 이사장은 지난 89년 1월 인큐베이터가 있는 큰 병원으로 가보라는 병원의 말을 듣고 수소문 끝에 길병원을 찾은 네 쌍둥이 부모가 입원비는 물론 인큐베이터 비용 때문에 걱정을 하자 병원비는 물론 네 쌍둥이가 자라서 대학에 입학하면 등록금을 지원해주겠다고 약속했다.
(イ・キリョ病院長は、89年1月新生児治療室がある大きな病院に転院してくれいう病院の話を聴いて、噂を頼りにキル病院を探した4つ子の両親が、入院費はもちろん新生児治療費を心配したところ、病院費はもちろん、4つ子が育って大学入学すれば授業料も支援すると約束した。)

이 이사장은 지난 2006년 9월 우연히 네 쌍둥이와 찍은 사진을 발견하고 18년 전의 약속을 떠올리면서 수소문 끝에 경기도 용인에 살고 있는 이들 가족을 찾았다.
(イ病院長は、2006年9月に偶然4つ子と撮った写真を発見して18年前の約束を思い浮かべながら、噂を頼りに京畿道竜仁にすんでいる彼らの家族を探し出した。)

수원여대 간호학과와 강릉 영동대 간호학과에 수시 합격하고도 학비 마련이 어려워 고민하고 있던 차에 네 쌍둥이에게 이 이사장은 입학금과 등록금으로 2,300만원을 전달했다.
(水原女子大看護士課と江陵ヨンドン大看護学科に随時入学して学費準備が難しく、苦労していた4つ子にイ病院長は入学金と授業料で2,300万ウォン(およそ200万円)を伝達した。)

18년전 네 쌍둥이 부모들에게 했던 약속을 지킨 것.
(18年前4つ子の両親とした約束を守るために)

이 이사장은 특히 이 자리에서 "대학 가서 열심히 공부해 우수한 성적으로 졸업하기만 하면 전부 길병원 간호사로 뽑아주겠다"고 약속하고 지난해까지 3년간 해마다 네명의 등록금 전액을 지원해 왔다.
(イ病院長は特にその場で”大学にいって一生懸命勉強して優秀な成績で卒業しさえすれば、全員キル病院で看護士として採用してあげる”と約束して、昨年まで3年間、年ごとに4人の授業料を全額支援してきた)

4つ子とも、純粋でいい子に育ってて、いい話だなぁ・・・

彼女たちの韓国語も結構聴き取れて、日曜の朝からすばらしい気持ちになりました。

そうそう、番組では、長女スル、次女ソウル、三女ソル、四女ミルと紹介されて、ソウル・・・って珍しい名前だなぁ

と思っていたんですが、調べてみたところ

황슬(ファンスル), 설(ソル), 솔(ソル), 밀(ミル)だったんですね。

日本語的には、ソルが2人になっちゃうからなのかな(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

2010年09月25日~10月02日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年09月27日[青春経営]
2010年09月28日[壁は開かれる]
2010年09月29日[歩く姿勢]
2010年09月30日[心は散り散りになって]
2010年10月01日[5分清掃]
2010年10月02日[大きな物をあきらめれば、大きなものを得る]

09月27日~10月02日の朝の手紙(PDF)09月27日~10月02日の朝の手紙(テキスト)

気になった手紙は・・・

매주 토요일엔 독자가 쓴 아침편지를 배달해드립니다.
오늘은 박선영님께서 보내주신 아침편지 입니다.
"크게 포기하면 크게 얻는다"
"크게 포기하면 크게 얻는다"
캘커타 초링기 지역에서 만난 한 거지는
내가 몇 푼을 줄까 망설이자 그렇게 충고했다.
- 류시화의《하늘 호수로 떠난 여행》중에서 -
* 이미 내 손에 있는 것을 놓기가 쉽지 않습니다.
그것을 놓아야만 비로소 더 큰 것을 얻을 수 있는데도
늘 망설이게 됩니다. 포기란 단순히 포기가 아니라
더 큰 것, 더 나은 길로 가기 위해 감수하고
희생해야 할 부분입니다.

毎週土曜日には、読者が書いた朝の手紙を配達いたします。
今日は、パク・ソニョンさまから、送っていただいた朝の手紙です。
"大きな物をあきらめれば、大きなものを得る"
"大きな物をあきらめれば、大きなものを得る"
カルカッタ、チョリンギ地区で会った1人の乞食は
私が何文やろうかと躊躇していたら、このように忠告した
- リュウ・シファの<天の泉を旅だった旅行より> -
* すでに私の手にあることを、置くのは簡単ではありません
それを置いてこそ、ようやくさらに大きなことが得ることが出来るが
ずっとためらうようになります。放棄とは、単純に放棄ではなく
さらに大きなこと、さらによい道にいくために甘受して
犠牲にしなければならない部分です。

そうですねーもてる量は決まっていますから、

考えると捨てられないので・・・

感性のままに、思い切って捨てるのも大切かもしれませんね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

ああ、そういうことなのね

北朝鮮では、特に漢字を使ってないのに名前には何で漢字を用いるのかとおもっていましたが・・・

ジョンウン氏の漢字表記は、関係者の証言などから当初は「正雲」とみられた。だが、韓国統一省は2009年10月、北朝鮮国内で確認された、ジョンウン氏の名前を示したスローガンの文字から、ジョンウン氏の「ウン」に対応するハングル表記を変更すると発表。このハングル表記では「雲」はありえず、「銀」「恩」「殷」など複数の漢字が当てはまり、表記は確定しなかった。最近も、中国の新華社通信は「正銀」と報道した。
漢字が廃止された北朝鮮国内では、人名もハングルのみで表記される。それでも人名は基本的に漢字の音に基づいており、北朝鮮は今回、ジョンウン氏の公式デビューに合わせ、中国や日本など漢字使用国を意識して、漢字表記を示したものとみられる。

なるほど!!

日本はカタカナが有るからハングルをカタカナで表記すればいいけど

友好国の中国は漢字で表記をせざるを得ないから、

中国でこういう漢字を使ってほしいという意味もこめて

漢字を当てる必要があるんですね。

そういえば、「ソウル」は漢字がない(いわき市見たいな感じ)ので、中国語では「漢城」と長らく表記していたらしいですね。

(現在では、中国語で発音が似ている「首爾」に韓国側が決めたみたいですが)

きっとそんなことを避けるための配慮でもあるのでしょうね。

*****

ちなみに、金正雲だと「김정운」

そして変えるといった標記が「김정은」なのでしょうね。

新華社通信は、「은」を「銀」として報道したんですね。きっと。

この記事韓国語を知っているとピンとくるけど・・・ハングルを知らない人が読んだらわかりにくいでしょうね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »