« 500日 | トップページ | 全羅北道鎮安郡の馬耳山に行きました。 »

2010年12月19日 (日)

2010年12月13日~12月18日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2010年12月13日[その瞬間にシャッターを押す]
2010年12月14日[ごみの山から歌が聞こえてくるとき]
2010年12月15日[私はまた感謝する]
2010年12月16日[不死鳥]
2010年12月17日[ゆっくりよくなる]
2010年12月18日[心の速度を緩めなさい]

12月13日~12月18日の朝の手紙(PDF)12月13日~12月18日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

느리게 좋아진다
시간이 흐르면서
어떤 문제들은 자꾸 쳐다보고
해결하려 애쓰는 것과 상관없이 아주 느리게,
눈에 띌 듯 말 듯 좋아진다는 것을 깨달았다.
또 그 문제에의 처방은 기다림과 되풀이 외에
달리 없다는 것도 터득했다. 이 모든 과정은
아이에게도 내게도 시간과 성숙을
필요로 했다.
- 오소희의《바람이 우리를 데려다주겠지》중에서 - 
* 대개는 빨리 좋아지는 것을 바랍니다.
그러나 빨리 좋아지는 것이 다 좋은 것은 아닙니다.
오히려 더 나쁜 결과를 낳고 화를 불러올 수도 있습니다.
조급함을 내려놓고 천천히, 느리게 가는 참을성과
기다림도 필요합니다. 기다리고 참으면서
사람은 더욱 성숙해 갑니다.
꿈도 영글어 갑니다.

ゆっくりよくなる
時間が流れながら
ある問題はよくながめて
解決しようと気を使うことと関係なくとてもゆっくり
目に触れるか触れないようによくなっていくことを気づいた
さらに、その問題への処方は待機と繰り返しのほかに
他が無いことも悟った。この全ての過程は
子供にも私にも時間が成熟を
必要とした
- オ・ソヒの<風が私たちを連れてってくれるだろう>より -
* 大概は早くよくなることを望みます
しかし早くよくなることが、全てよくなることでは有りません
むしろさらに悪い結果を生み、怒りをよぶこともあります
早急さをおろして、少しづつ、ゆっくりいく忍耐と
待機も必要です。待って耐えながら
人はさらに成熟していきます
夢も実っていきます

仕事はほったらかしておくと火を噴くけど

人間関係って、時間が解決することばかりかも知れません。

急いだら、逆に無理が生じて、足元すくわれたりとかするんですよねぇ・・・気をつけたいです。

**メモメモ**
楽器たちの図書館発注しました。遅れましてスイマセンでした。
・残旅行記は、鎮安(馬耳山)と、楽しい人物の話をかきまーす

|

« 500日 | トップページ | 全羅北道鎮安郡の馬耳山に行きました。 »

韓国語@2010コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年12月13日~12月18日の朝の手紙:

« 500日 | トップページ | 全羅北道鎮安郡の馬耳山に行きました。 »