« 2011年春・梅の花が咲いていました | トップページ | 2011年春・ジンチョウゲ[沈丁花]が咲きました »

2011年3月 5日 (土)

2011年02月28日~03月05日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2011年02月28日[いつも準備する]
2011年03月01日[勇気も育つ]
2011年03月02日[本当の愛は]
2011年03月03日[ソウルメイト(Soulmate)]
2011年03月04日[私が育ったところ]
2011年03月05日[自分との戦い]

02月21日~02月26日の朝の手紙(PDF)02月21日~02月26日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

내가 자라난 곳
"그 곳은 우리가 자라난 곳이야." 
벤이 말했다.
"냄새나고 지저분한, 가지 말았어야 할 장소지.
하지만 우리는 거기서 우리 자신이 되는 법을
배웠어. 거긴 우리의 고향이야"
그의 말을 들으면서 나는 벤이, 지금 세상에서
가장 심오한 진리 중 하나를 말하고
있음을 깨달았다.
- 브루스 파일러의《아빠가 선물한 여섯 아빠》중에서 -
* 내가 태어나고 자라난 곳!
궁핍한 곳일 수도 있고, 넉넉한 곳일 수도 있습니다.
내가 선택한 것도 아니고 운명처럼 주어진 조건입니다.
중요한 것은 그 조건을 받아들이는 마음입니다.
어떤 조건이든 '내가 되는 법'을 찾으면
내가 태어나고 자라난 곳이
최고의 고향입니다.

私が育ったところ
”そこは私たちが育ったところだ”
ベンが言った
"匂いがあって汚い、行きたくないといえる場所だ"
しかし、私たちはそこで私たち自身になる方法を
学んだ。そこが私たちの故郷だ”
その言葉を聞きながら私は、ベンが今世の中で
一番深い真理中のひとつを話している
のを気づいた
- ブルース・ファイラーの<父が送った6つの父>より -
* 私が生まれて育ったところ!
貧困の場所かもしれないし、豊かな場所であるかもしれません
私が選択したのでもなく、運命のように与えられた条件です
重要なことは、その条件を受け入れる心です
どんな条件でも'私になる方法'を探せば
私が生まれて育ったところが
最高の故郷です

そうですね!せっかくなら受け入れて楽しんだほうがいいですよね!

韓国語の勉強も初心に帰って楽しくいきたいと思います!

P.S.

가지 말았어야 할 장소지. がうまく訳せませんでした・・

こんな感じかな?って訳しましたけど・・・いい訳が有りましたらコメントお願いいたしますw

|

« 2011年春・梅の花が咲いていました | トップページ | 2011年春・ジンチョウゲ[沈丁花]が咲きました »

韓国語@2011コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年02月28日~03月05日の朝の手紙:

« 2011年春・梅の花が咲いていました | トップページ | 2011年春・ジンチョウゲ[沈丁花]が咲きました »