« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

NHKラジオまいにちハングル講座2011.10月号買いました

NHKラジオまいにちハングル講座2011.10月号

10月からの応用編は「センスアップ!ナチュラル表現」です。

講師のナム・ユンジン先生は、私はお初でとっても楽しみです!

韓国留学中の美穂さんに도우미(チューター)であるジニさんとのお話みたいです。

도우미(トウミ)って言葉、とっても心に残っているエピソードがあるんです(爆)

とある通訳氏「(直接担当じゃない私を見て)あ、今日トウミなんですね~ところで、トウミって日本語でなんですか?」

ときかれて

私「そうですねーチューター・・・・でしょうか?」

とある通訳氏「あーなるほど・・・でも、それは英語ですよ?」

(心の声:うううむ・・・手ごわいな・・・要は助ける(도움)人(이)のことでしょ・・・だから・・・あ!そうか!)

私「助っ人ですね!助っ人外国人っていうでしょう?」

っていうことがありました。合格トウミによりますと

93年の大田エクスポの案内人の名前を公募したところ「도우미」が選ばれ、それ以来一般的な言葉になったそうです。

2006年にも合格トウミのことを記事にしていました。すっかり忘れてたよん(滝汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

NHKラジオまいにちハングル講座通訳式トレーニングでステップアップ!完走しましたー

今年の4月から始まった、長友英子先生の

「通訳式トレーニングでステップアップ!」ですが

4月から聞き始めまたんですが、たのしくなりまして

5月からはテキストも購入して完走しました~

やっぱり応用編は楽しいですね!!

ちょっと骨があって考えて、音声だけなので音に集中できるしw

ああ、10月号も買わなくてわ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

2011年09月19日~09月24日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2011年09月19日[いいときにはわからない]
2011年09月20日[昔の美しい芝]
2011年09月21日[ヒーラーの道]
2011年09月22日[キムヨナのしりもち]
2011年09月23日[一人が光を発せば]
2011年09月24日[鏡は先に笑わない]

09月19日~09月24日の朝の手紙(PDF)

気になった朝の手紙は・・・

거울은 먼저 웃지 않는다
만담가인 우쓰미 케이코씨.
그의 세 번째 아버지는 이발사이다.
그 아버지가 입버릇처럼 하는 말이
'내가 웃으면 거울이 웃는다' 였단다.
우쓰미 씨는 이 말을 좋아해서 자신의 좌우명으로
삼고 있다고 한다. 나도 나만의 격언을 가지고 있다
'거울은 먼저 웃지 않는다.'
언제 어디서나 먼저 웃음을 보이는 삶을
살고 싶다고 나 자신을 타이른다.
ㅡ 가네히라 케노스케의《거울은 먼저 웃지 않는다》중에서  ㅡ
* 삶은 하나의 산등성이를 넘고
또 다른 산봉우리로 이어지는 것인지도 모르겠습니다.
산봉우리가 아무리 험해도 자신이 어떻게 오르고 내리는가에 따라
달라진다고 생각 합니다. 내가 웃으면 거울 속의 내가
따라 웃고 있는 것처럼 말이죠.
여러분도 웃으며 사세요!
거울속의 나 처럼...  

鏡は先に笑わない
漫才師である内海桂子氏
彼女の3番目の父は理髪師だ
その父が口癖のようにいう言葉が
'私が笑えば鏡が笑う'だったそうだ
内海氏はこの言葉が好きで、自身の座右の銘として
いるという。私も私だけの格言を持っている
'鏡は先に笑わない'
いつどこでも、まず微笑を見せる人生を
生きたいと、私自身を言い聞かせる
- 金平 敬之助の<鏡はまず笑わない>より -
* 人生はひとつの稜線をこえ
またほかの山嶺にいたることかもしれません
山嶺がいくら険しくても自身がどのように上って降りるかによって
変わると思います。私が笑えば鏡の中の私が
続いて笑っているようなるでしょう
皆さんも笑いながら暮らしてください
鏡の中の私のように…

そうですね!せっかくの人生なんだから

楽しく笑って過ごすのが一番いいですよね!

素敵な秋になってきました。いっぱい食べてふとるどーー(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

2011年秋:彼岸花が咲きました

彼岸花

今日の朝方から急に涼しくなり、秋が急にやってきたみたいです。

そう思ったら彼岸花が真っ赤に咲いていました。

彼岸花は韓国語では석산(石蒜)、만주사화(曼珠沙華)だそうです。

日本語でも、セキサン(石蒜)、マンジュシャカ(曼珠沙華)というみたいなので覚えやすい~!

山口百恵の16枚目のスタジオアルバムが曼珠沙華だそうですね~

しらなんだ~(汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

韓国語ジャーナルインタビューの裏話

韓国語ジャーナル編集部と30分ほどお話したのですが、記憶の赴くままちょっと書いていきたいと思います。

(もちろん掲載されていない部分について)

○読んでいる韓国語の本について

きっかけは、カフカを読んでブログで発表という企画からでしたが

読んでみると以外に読めて(苦笑)

楽しくなってコドゥオンの朝の手紙に出てきた面白そうな本を韓国旅行時に購入して読むようになりました。

韓国語能力検定高級学習に行き詰っていて、違う方向から攻めてみようかな・・という気持ちもありました。

本を読んでみたいと思ってはいても何を読んでいいかわからないって場合があると思いますが、この方法はいいんじゃないかなと思います。

○NHKラジオを聞いていて、進行が早くなかったですか?

そうは感じてなかったように思います。

聞き始める前に、「メモ式朝鮮語早わかり」を買って基礎的な学習を一通りしていたからかもしれません

そのときはかなりモチベーションも高かったのもあったかもしれません(笑)

○ハングル検定は何級から目指したのですか?

これは思わず準2級とおこたえしてしまったのですが・・・

よくよく考えると、学習を初めて2年ほどで3級に受かったので

いつからか準2級は全部マークシートになったので、まぐれで受かるのではないかと思いうけ出しました(笑)

準2級取得にさらに3年ほどかかりました

○韓国語ジャーナルの活用法について

主にCDを車で聞いて、少しシャドーイングしたり、わからないところを後で本で確認したりしています。

一通り問題もといてますが・・・

これといって個性的なことがなくてすいません(汗)

○日韓に横たわるいろんな問題に対して、気持ちの整理がついた(というか目くじらを立てなくなった)ことに対して

お話しているときには、「好きな人にも嫌いなところはあるもんだと思えるようになった」というようなお話をしましたが

後々よく考えてみると、事実はひとつでも、だまし絵のように

立場や、見方で違って見えるし、出てきた言葉が、気持ちを総て表しているとも限らないし…

「お前は間違ってる」との全否定はあまりにも愛がないです(爆)

日本は言論思想信条は自由の国ですから(笑)

いろんな考えがあっていいのではないでしょうか?とおもえるようになりました。

○最後に・・・

準2級以降の学習は、NHKラジオの応用編が一時なくなったりしたこともあって、違う角度から攻めてみました(笑)。

2010年は韓国に3回も行ったおかげで実践になれたり、

旅行ついでに本を買ってきて韓国語読書をしたり、

コドゥオンの朝の手紙を訳したり

少女時代、KARA、シークレット、IUがすきになって、韓国語のインタビューや歌詞が聞き取れると嬉しかったり、口ずさんでシャドーイングぽくしたり

最近はTwitterで青瓦台、首相官邸、海軍なども情報を発信していて140字訳すくらいなら簡単ですし

英語よりかは少ないですが、韓国語に触れる機会は学習を始めた2003年ころに比べてかなり機会は増えているように思います。

とそんなことが積もり積もって今回の5級合格(高級到達)にもつながっているのではないかと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

2011年09月14日~09月17日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2011年09月14日[今日の朝]
2011年09月15日[エネルギーの公式]
2011年09月16日[たったひとり]
2011年09月17日[愛は'する'のだ]

09月14日~09月17日の朝の手紙(PDF)09月14日~09月17日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

오늘 아침
똑같은 아침을 맞아본 일이 있는가.
똑같은 하늘, 똑같은 태양을 본 일이 있는가.
어제의 하늘은, 어제의 태양은, 결코 오늘의 그것이
아니다. 삶은 정반대되는 두 가지 요소를
다 포함하고 있다. 삶은 낡았으면서
동시에 새로운 것이다.
- 타골, 라즈니쉬의《까비르 명상시》중에서 -
* 지나간 것은 지나간 것입니다.
아픔도 슬픔도 지나갔으면 끝난 것입니다.
삶은 늘 두 가지 요소가 겹쳐서 나타납니다.
슬픔과 기쁨, 절망과 희망, 불행과 행복...
오늘 아침 어떤 선택을 하느냐에 따라
나의 삶의 방향도 결정됩니다.
모든 낡은 것들을 털어내고
새롭게 시작하십시오!

今日の朝
まったく同じ朝を迎えた日があるだろうか
まったく同じ空、まったく同じ太陽を見た日があるだろうか
昨日の空は、昨日の太陽は、決して今日のそれでは
ない。人生は正反対になる2つの要素を
すべて包含している。人生は古臭いが
同時に新しいのだ
- タゴール、ラジニーシの<カビール> -
* 過ぎたことは過ぎたのです
痛みも悲しみも過ぎさったら終わったのです
人生はいつも2つの要素が重なって現れます
悲しみと喜び、絶望と希望、不幸と幸福...
今日の朝どんな選択をするかによって
私の人生の方向も決定されます
すべての古いことを払って
新しく始めてください!

昨日、韓国語能力検定を受検された皆様お疲れ様でした!

私は申し込みを失念してしまいましたが・・・

過ぎ去ったことは忘れて、来年の春は受験したい!

とおもっておりまーすw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

韓国語ジャーナル第38号買いました~

韓国語ジャーナル第38号

購入しました38号!

twitterやコメントで「読みましたよ~」というお声をいただいて、

うきうきしながら購入しました(笑)

実は取材の際、雑談のような感じでお話したので後から振り返ると、

あんな感じで大丈夫だったのかなぁっと思ったのですが、

とても素敵な記事になっててありがたいです~

いろんな意味で、私だけ異彩をなはっていますが(爆)

それはぜひ紙面でご覧になってみてください~

5級合格の素敵な記念になりましたw大切にしたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

トラジ

夜中にテレビを見ていたら「焼肉トラジ」が出てきました。

トラジ?도라지?

なんか聞いたことあるな・・・と検索してみたら桔梗のことでした!!!

桔梗といえば、秋の七草なんですね~

秋になってきたし探してみたいとおもいますw

さらに検索していたら、도라지(トラジ)はアリランと並ぶ民謡でもあるそうですね!

それで聞いたことあったのかぁ~なるほどw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

2011年中秋の名月

2011中秋の名月

さっきまで曇ってて見れないかと思いましたが、

まん丸のお月様が出てました!明るくてきれいでした~

韓国では秋夕(추석・チュソク)でお休みみたいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

パスポートを更新しました。

パスポート更新

2001年9月にパスポートを申請してほぼ10年がたち更新しました。

新たにICチップが内臓されて、今度のパスポートは曲げたりしちゃいけないみたいです。

10年前にパスポートを申請した際、10年で10回訪韓したり

韓国語を学ぶことになるなんて思ってもみませんでした。

今度の10年も思いもよらない10年なんでしょうね~

さらに素敵な10年にしたいです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

2011年09月05日~09月10日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2011年09月05日[一生行く人]
2011年09月06日[完全な許し]
2011年09月07日[私一人だけの空間]
2011年09月08日[安否のあいさつ]
2011年09月09日[人知れず与えること]
2011年09月10日[愛が懐かしい季節]

09月05日~09月10日の朝の手紙(PDF)09月05日~09月10日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

남몰래 주는 일
다른 사람에게
은혜를 베푸는 일은
그것을 받는 사람이 아니라 오히려
스스로에게 무한한 기쁨과 보람을 느끼게 한다.
더욱이 생색을 내지 않고, 남몰래, 본인 자신도
모르게 남에게 주는 일은 받는 사람보다
주는 사람에게 더 큰 기쁨을
안겨준다.
- 윤준호의《변화하는 시대의 지혜》중에서 -
* 남몰래 주는 일,
결코 쉬운 일이 아닙니다.
아무런 조건 없이 준다는 뜻입니다.
그 어떤 계산이나, 뒤에 돌아올 보상 따위를
생각하지 않고 오로지 선의와 자비와 측은지심으로
돕는다는 뜻입니다. 그 고결한 뜻에 하늘이 감동하고
하늘이 움직입니다. 남몰래 주는 일은 사람이 하고
남몰래 도와주는 것은 하늘이 합니다.

人知れず与えること  
他の人に
恩恵を施すことは
それを受ける人ではなく、むしろ
自らに、無限の喜びと価値を感じさせる
その上、恩を着せず、人知れず、本人自身も
わからないうちに、他人に与えることは受けた人より
与える人にさらに大きな喜びを
抱かせてくれる
- ユン・ジュノの<変化する時代の知恵>より -
* 人知れず与えること
決して簡単なことではありません
何も条件なく与えるという意味です
そのどんな計算や、後でかえってくる効果の類を
考えず、ひたすら善意と慈悲と惻隠の情で
助けるという意味です。その高潔な意味に神様が感動して
神様が動きます。人知れず与えることは人がして
人知れず助けることは、神様がします

先日、寄付をしたのですが、その後肩が軽くなった気がします。

うまくいかなくて心が痛いこと、心に引っかかっていたこと、

そんなもろもろの心の重しが寄付によってほとんどなくなった…

そんな感じがします。

人知れずじゃなかったでしたが(苦笑)

救われたのは私の方でした。

まさに"情けは人のためならず(めぐって帰ってくる私自身のため)"

なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

「韓国語ジャーナル38号」9月15日発売ですw

『韓国語ジャーナル』38号9/15発売 表紙インタビュー:イ・ジュニョク 特集「達人に聞く中級からの学習法」「オンマ激白!韓国子育て事情」「誰かに話したくなる南海と黒にんにくの秘密」 「Voice of KJ」 DJパク・トンハ最終回

とのことです~私も載っますw。ぜひご購入を~m(__)m

オンラインショップでも、予約受付できるそうです。

第1特集は『達人に聞く 中級からの学習法』。翻訳・通訳業界の第一人者など、数々の達人とのインタビューを通し、韓国語上達のポイントを探ります。

のところに載ってるはずで~す。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

「焼く」

社会人になって

上司:「これ焼いといて」

といわれて、「何?この紙燃やすの?」って思っていたら

上司:「お前コピーもできないのか」

といわれた(最初からコピーといえばいいのに)ことがあります(笑)

コピーすることをなぜか「ゼロックスする」ていう方もいて

コピー機CANON製なのにこのおじさんはいったい何を言っているのか?

なんて思ったのですが・・・Yahoo知恵袋によると

ゼロックス社が世界で始めて写真式乾式複写機を作って、コピー機がゼロックスしかなかった時代の名残だったんですね。

15年ぶりくらいでなぞが解けたよ(滝汗)

でも今は、「焼く」って言わなくなったなーなんて思っていたら

CDにデータを書き込むことを「焼く」って無意識に使ってました。

CD-Rにデータを書き込むとき、レーザーを表面に照射して色素を変質させることから、「焼く」という表現が使われるようになったのだと言われています。

そういえば、韓国語でもCDに書き込むことを「CD를 굽다(CDを焼く)」って表現するようですね。

ちなみに英語も、burn the CD(CDを焼く)みたいです。

こんな偶然てあるんですね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

2011年08月29日~09月03日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2011年08月29日[新しい土地]
2011年08月30日[沐浴、よくしてください]
2011年08月31日[休符がある場所]
2011年09月01日[愛の旅行]
2011年09月02日[豊穣]
2011年09月03日[9月の日差し]

08月22日~08月27日の朝の手紙(PDF)08月22日~08月27日の朝の手紙(テキスト)

気になった朝の手紙は・・・

쉼표가 있는 자리
세계적인 피아니스트
아르투르 슈나벨은 이렇게 말했다.
"내가 치는 음표는 다른 피아니스트와 다를 게 없다.
하지만 음표 사이의 정지, 그렇다.
바로 그곳에 예술이 존재한다."
- 사라 밴 브레스낙의《혼자 사는 즐거움》중에서 -
* 음표 사이의 정지,
곧 악보 위의 쉼표를 뜻합니다.
언제, 어느 자리에 쉼표를 찍느냐,
그 쉼표 자리를 어떻게 잘 멈추느냐,
음악 하는 사람들이 늘 고심하는 대목입니다.
쉼표가 있는 자리, 삶의 쉼이 머문 자리,
그곳에 예술이 존재합니다.
참 행복이 있습니다.

休符がある場所
世界的なピアニスト
アルトゥル・シュナーベルはこのように言った
"私が弾く音符は、ほかのピアニストと違うところはない
しかし、音符のあいだの静止、そう
まさにそこに、芸術が存在する"
- サラ・バン・ブラナックの<一人生きる楽しさ>より -
* 音符のあいだの静止
まさに楽譜の上の休符を意味します
いつ、どの場所で休符を打つのか
その休符の場所をどのようにちゃんととめるのか
音楽をする人々がつねに腐心する大きな課題です
休符がある場所、人生の休みがとどまる場所
そこに芸術が存在します
本当の幸福があります

なるほどですねぇ...

素人は音に目がいってしまうのですが、

本当の真理は別のところにあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

大感謝!70万アクセスを記録しました。

70万アクセス大感謝!  

皆様のたくさんのご訪問で70万アクセスをこえました!

たくさんのご訪問が、私の背中を押す力となって

今年、韓国語能力検定5級に到達できました。

これからも、私なりにちょっと変わった視点で語学に

ブログに、ツイッターに頑張って行きたいと思います!

本当にたくさんのご訪問ありがとうございます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

[母をお願い]申京淑著、安宇植訳が集英社より9/16に発売です

兼若博士の「一緒にハングル1000万」 によりますと

いよいよ「엄마를 부탁해」の日本語版が発売になります。

題名はどうなるのかな?

「お母さんをお願い」

「オンマをお願い」

かなぁと思っていたのですが、両方外れでした(笑)

「母をお願い」になったみたいですね。

個人的には、「オンマ」のほうが原作の雰囲気に近いと思いましたが

韓国語わからない人まで浸透しないでしょうから・・

「母をお願い」になったのでしょうね。

敬称略はちょっと意外でした。

翻訳された人が、日本人じゃないんだなぁと検索していたら

故安宇植先生の最後翻訳の作品とのこと・・・

これはやっぱり読まなければ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »