« 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館にいきました | トップページ | シークレットのLove is MOVE »

2011年10月18日 (火)

韓国ドラマ「ラブレター」全20話視聴しました

ラブレター DVD-BOX
B000EBCFNK

<ネタばれあります>

久しぶりに韓国ドラマを堪能しましたー

なんという、運命のいたずら的舞台設定(笑)

アンドレアのお父さんを死に追いやったのはチョンウジンのお父さんで、チョンウジンのお母さんは、アンドレアの母で・・・

舞台設定からも明らかに一筋縄じゃいかないですよね(笑)

それにしてもチョ・ウナ(スエ)は、途中からアンドレア(チョ・ヒョンジェ)と

チョンウジン(チ・ジニ)を振り子のように接近しては・・・はなれて・・・

ふらふらしすぎだったんじゃないかなぁ(苦笑)

でもまあ・・・最後は、ちょっと意外でした。

私的には最後とてもすっきり終われました(ネタばれすぎちゃったかな・・)

そうそう、おとなしくてきれいなチョ・ウナのことを、友人たちが얼음공주(氷姫・多分クールビューティー的な感じ)

って呼ぶのですが、얼음공주で検索すると、少女時代のジェシカが引っかかってくるんですね(笑)

確かになんとなくそんな気がしました(笑)

|

« 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館にいきました | トップページ | シークレットのLove is MOVE »

韓国@韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

まろさん、こんばんはー。
これ、だい〜ぶ前に見ていました。たしか延世大学がロケ地になってましたね?
二人のイケメンを相手にできて、うらやましいなぁ、と(^^;)。
最後はホントにちょっと説明しにくいエンディングでしたね。

投稿: ハーちゃん | 2011年10月18日 (火) 23:17

■ハーちゃんさま

あ、大学のシーンありました。
あれ延世大学なんですねー!!
もういっかい見てみようかなw

最後はちょっと他のとは違いましたねーw

投稿: まろ | 2011年10月20日 (木) 21:36

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ラブレター」全20話視聴しました:

« 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館にいきました | トップページ | シークレットのLove is MOVE »