« 長崎くんちのコッコデショ! | トップページ | 2011年:長崎くんち写真集をまとめました »

2011年10月 9日 (日)

2011年10月03日~10月09日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2011年10月03日[美しい道]
2011年10月04日[愛は言います]
2011年10月05日[宇宙の第1法則]
2011年10月06日[長く悲しまないでください]
2011年10月07日[記憶のかなたの感触]
2011年10月08日[空よ、君はなぜ青いのか]

10月03日~10月08日の朝の手紙(PDF)10月03日~10月08日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

오래 슬퍼하지 말아요
수용소에 함께 있던
소설가 트라이안은 모리츠에게 말한다.
어떤 공포도, 슬픔도, 끝이 있고 한계가 있다고.
따라서 오래 슬퍼할 필요가 없다고. 이런 비극은
삶의 테두리 밖의 것, 시간을 넘어선 것이라고.
씻어버릴 수 없는 오물로 더럽혀진 간악과
불의의 기나긴 시간이라고...
- 송정림의《명작에게 길을 묻다》중에서 -
* 모든 것은 지나갑니다.
슬픔도 고통도 비극도 언젠가 끝이 납니다.
다만 '지나가는' 시간이 좀 필요하고, 그 시간을 넘어선
'마음의 힘'이 필요할 뿐입니다. 큰 태풍이 불수록
발바닥을 지면에 더 단단히 디뎌야 하듯, 공포와
슬픔이 클수록 마음을 더 단단히 먹어야 합니다.
오래 낙심하거나 슬퍼하지 마세요.
곧 지나갑니다. 지나가면
순간입니다.

長く悲しまないでください
収容所に一緒にいた
小説家トライアンはモリッツにいった
どんな恐怖も、悲しみも、終わりがあって限界があると
だから、長く悲しむ必要がないと。こんな悲劇は
人生の範囲の外のこと、時間を越えたことだと
洗うことができない汚物も汚した奸悪と
不義の長い時間だと…
- ソン・ジョンリムの<名作に道を問う>より -
* 総てのことは過ぎ去ります
悲しみも、苦痛も、悲劇もいつの日か終わりになります
ただ'過ぎ去る'時間がちょっと必要で、その時間をこえた
'心の力'が必要なだけです。大きな台風が吹くほど
足の裏を地面にさらに踏みしめて歩くように、恐怖と
悲しみが大きいほど、さらにしっかり立ち向かわなければなりません
長く落胆したり、悲しまないでください
すぐ過ぎ去ります。過ぎ去れば
瞬間です

ホント忘れてました。親知らずを抜いたあの苦痛の4日間を(爆)

考えて解決できないことは、静かに成り行きに任せるほうがいいのかもしれませんねw

|

« 長崎くんちのコッコデショ! | トップページ | 2011年:長崎くんち写真集をまとめました »

韓国語@2011コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月03日~10月09日の朝の手紙:

« 長崎くんちのコッコデショ! | トップページ | 2011年:長崎くんち写真集をまとめました »