« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

九州オルレ

済州オルレに行きたいな~と思っていたら

九州オルレができたみたいですね!

九州オルレ4 件は、韓国・済州島のトレッキングコースで韓国本土から年間200万人の参加者を集める「済州オルレ」の九州版として設定。武雄市のほか大分県豊後大野市・竹田市▽熊本県上天草市▽鹿児島県指宿市-の各地域をコースに選定した。

15キロくらいで、舗装が少ないトレッキングコースなんだとか

これは、済州オルレよりも先に九州オルレに言ってしまいそうな予感です(笑)

まずは体力作りが必要そうですネ(笑)

ちなみにオルレとは、済州島の方言だそうです。

올레 :
집으로 들어가는 길을 뜻하는 제주도 사투리. 
( 家に帰る道を意味する済州島方言)

NAVERの日本語辞書に載って無い単語でも、国語(韓国語)辞典にすると色々載ってるのでほんとに便利です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

お寄せいただいた声にお答えします(2012年2月その2)

一日の勉強内容(教材、時間等)をブログの中で教えていただけましたら有難いです。参考にさせていただきたいと思います。

というご質問をいただきましたので、わたしの普段の勉強具合をお知らせしたいと思います。

<昼>

昼食を食べながら&食べ終わっても韓国語読書をしています。

最初は周りの目が気になりましたが、今はぜんぜん平気です(爆)

30~40分ほどは韓国語の本を読んでいるのではないでしょうか。

ただいま読んでいるのはハンビヤさんの本ですね~

勉強というより、読みやすい本を読むようにしています。

そうそう、あさもなるべく早く出て読書の時間を作るようにしています。こちらも20分くらいかな。

一日で1時間弱ほどは読書の時間にしているみたいです。

<夜>

お風呂上りに、朝の手紙を翻訳しています。

これはNAVER辞書を使ってささっと訳します。30分くらいかな。

朝の手紙は毎日訳していますが、そのほかにハングル講座と、韓国語文法演習を解いています。

まいにちハングル講座応用編が、NHKのページで一週間遅れで聞けますから、時間を見つけて聞いています。15分です。

応用編は2話だけなので、それ以外の日は韓国語文法演習をといています。

すごい難しいので、1時間くらいが限界みたいですね。

正直言いますと、テレビを見ながらとかブログを書きながらとかボチボチといたりもしています(苦笑)

<車の中>

韓国語ジャーナルのCDや、韓国で買ってきたK-popのCDを聞いています。

K-popのCDは、歌詞カードをみてから聞いてみるとちょっと聞き取れたりしてたのしいですねw

****

そんなくらいでしょうか~

ご参考になりましたら幸いに存じます。m(__)m

まとめながら思いましたが・・・韓国語の勉強をしているというか、韓国語のに触れているって感じのような気がします。

正直そんなに勉強していないような・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

2012年02月20日~02月25日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2012年02月20日[あなたのための祈り]
2012年02月21日[愛の躁うつ病]
2012年02月22日[心にも運動が必要だ]
2012年02月23日[簡単に得た喜びは、すぐになくなる]
2012年02月24日[ダークサークル]
2012年02月25日[くじけないで!]

02月20日~02月25日の朝の手紙(PDF)02月20日~02月25日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

약해지지 마!
"있잖아,
불행하다고 한숨짓지 마
햇살과 산들바람은
한 쪽 편만 들지 않아
꿈은
평등하게 꿀 수 있는 거야
나도 괴로운 일
많았지만
살아 있어 좋았어
너도 약해지지 마”
- 100세 할머니시인 시바타 도요의《약해지지 마!》중에서 -
* 누군들 험난한 세파에
힘겨운 때가 어이 없었겠습니까만
백세의 나이에 꿈도 많아 구름도 타보고 싶다는
도요 할머니의 잔잔한 삶의 이야기가 감동을 안겨줍니다.
"새는 하늘이 있어 날개를 퍼덕이고,
꽃은 바람이 있어 향기를 피운다."고 하지요.
우리 모두 힘내세요!
인생은 늘 지금부터랍니다.

くじけないで
ねえ
不幸だなんて 溜息をつかないで
陽射しやそよ風は
えこひいきしない
夢は
平等に見られるのよ
私 辛いことが
あったけれど
生きていてよかった
あなたもくじけずに
- 100歳のおばあさまの詩人柴田トヨの<原題:くじけないで>より -
* 誰でも、険しいつらい世の中に
苦しいときが、どうしてないでしょうかと思うが
百歳の歳に夢も多く、雲も登ってみたいという
トヨおばあさんの静かな人生の話が感動を抱かせてくれます
"鳥は空があって、羽をはばたいて
花は風があって香りさかせる"というでしょう
我々みな力を出しましょう!

今回原文と比較してみました。

こんなわずかな文章なのに、すーーっと気持ちが晴れるようです。

韓国の方に日本の詩よさを教えていただくことになろうとは(笑)

今度柴田トヨさんの本買ってみようっとw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

「韓国語能力試験レベル別完全攻略 高級編」キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

韓国語能力試験レベル別完全攻略 高級編
ソウル韓国語アカデミー
4757420706

高級で解説が載ってる本キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

長かった~TOPIK資料室、韓国語語彙演習、韓国語文法演習の

答えだけで解説が無いのは難しかったよ(汗)

まずは韓国語文法演習を終わらせてからぜひ購入しよう!

やったーいいことありそうな予感です♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

まいにちハングル講座2012年3月号買いました。

まいにちハングル講座2012年3月号

きゃーまさに光陰矢のごとし。もう3月号が出版されていました(汗)

今年は久しぶりに応用編を一年通して聞きました。

応用編を聞き始めたときの金東漢先生の講座を思い出したりして、

応用編を聞きながら初心にかえるような思いがしました。

後1月楽しみながら聞きたいと思います~ファイティン!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

韓国で行ったところと、行きたいところマップ


より大きな地図で 韓国訪問先(赤)・行きたいところ(青) を表示

「ソウルで、ソウルに恋する留学日記。今日もSEOUL日和。 : 次に行ってみたい場所♪」さんのまねをして私も作ってみましたw

訪問したところは「赤マーク」

行きたいところを「青マーク」

でチェックしてみました。

こうしてみると、忠清道、江原道、済州島にまだ行ってないみたいですが・・・

まずは、釜山の周りから少しづつ訪問していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

2012年02月13日~02月18日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2012年02月13日[人間性]
2012年02月14日[オーラ]
2012年02月15日[おまえ、本当につらかったんだな]
2012年02月16日[私はだまされた]
2012年02月17日[愛すれば開かれる]
2012年02月18日[友情]

02月13日~02月18日の朝の手紙(PDF)02月13日~02月18日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

인간성
진정으로 우수한 인재는
인간성도 훌륭한 사람이다.
재능은 있으나 인간성이 부족하면
성공이 오래가지 않는다. 훌륭한 인간성을
갖추지 못한 사람은 업무 현장에서 뛰어난
기량과 능력을 충분히 발휘하지 못한다.
- 하야시 나리유키의《일머리 단련법》중에서 -
* 인간성이 우선입니다.
아무리 실력이 좋아도, 재능이 많아도
인간성이 모자라면 사람을 얻지 못합니다.
'인간성'이란 그의 사람됨을 말합니다.
얼마나 오래 갈 사람인가, 끝까지
믿음을 나눌 수 있는 사람인가,
그 사람됨에 달려 있습니다.
미래가 걸려 있습니다.

人間性
本当に優秀な人材は
人間性も立派な人だ
才能はあっても、人間性が不足すれば
成功が長続きしない。立派な人間性を
持つことができなかった人は、業務現場で秀でた
技量と能力を充分に発揮することができない
- 林成之の<原題:<勝負脳>の鍛え方>より   -
* 人間性が優先です
いくら実力がよくても、才能が多くても
人間性が足りなければ、人を得られません
'人間性'というのは、彼の人となりを言います
どれだけ長続きする人なのか、最後まで
信頼を分けることができる人なのか
その人となりにかかっています
未来がかかっています

この話を読んで、2000年の米大統領選候補者討論会を思い出しました。

この討論で、ゴアは「呆れかえった」風の溜息を連発し、ブッシュを見下す態度に終始した。おそらく、ブッシュの知的能力が低いということを有権者に印象付ける作戦だったのだろう。だが、これは、ゴアが絶対にしてはいけないことだったのである。ブッシュは誠実な庶民派を演じ、ゴアの傲慢なエリートという印象は、この討論で強固になってしまった。

確かに能力もあって、人格者なら「あんたにゃーかなわんなー」って

納得できちゃう気がしますねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

高速船ドリーム号就航!3月末まで福岡釜山往復3500円ですと?!

高速船ドリーム号就航!

きゃぁあ~釜山が私を呼んでいる~完全に心は釜山です(笑)

でも3月末まではちょっと無理かなぁ。

就航記念第2弾にも期待大!

参考ページ
大亜高速海運 福岡支店(フェイスブック)
(주)대아고속해운大亜高速海運(韓国語)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

すごい電柱

すごい電柱

ブラタモリのブラタモ写真館がすきなんですけど

一見何でもないものが、タモリさんの目を通すと面白く見えてくる・・・。タモリさんがロケ中に自ら撮影した写真を紹介します。

というコーナーなのですが、そんな感じで町を歩いていたらこれを見つけました。

この電柱結構道路の真ん中にありますよね?

こんな大胆な位置にあるの始めてみました。

そして上のほうは縦横無尽の配線で・・・若干傾いているような(汗)

高度成長期を感じさせるような電柱でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

ハンビヤの「風の娘,我が地に立つ(改訂版)」読み始めました。

람의 딸,우리 땅에 서다(風の娘,我が地に立つ)

地球一周したハンビヤさんが目指したもの、それが韓国の横断。

全羅道の端から江原道の統一展望台まで、歩いて横断するというお話です。

この本は1999年に書かれていて、2006年に改定版が出版されています。

印象的だったのは

「行こうかな、やめとこうかなって言う旅行は無条件で行くべき。いれようかな、やめとこうかなという荷物は除外だ」

納得!!!ホントそうですよ~!

あとハンビヤさんのお父さんが

「やっても無いのにどうしてわかるんだ?」

といわれて、それがハンビヤさんの原点になっているって言うようなことも書かれていました。

いいですね~!やってやろうじゃないですか~韓国語能力試験(笑)

テンションあがってきました。楽しく読みたいと思いますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

2012年02月06日~02月11日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2012年02月06日[上手な語り手]
2012年02月07日[賢い都市]
2012年02月08日[生きなければならない理由]
2012年02月09日[愛の確認]
2012年02月10日[言葉がかわいい子供]
2012年02月11日[前に踏み出す一歩]

02月06日~02月11日の朝の手紙(PDF)02月06日~02月11日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

살아야 할 이유
제2차 대전 당시, 유태인 의사
빅터 프랭클은 아우슈비츠 수용소에 수감되었다.
그곳은 지옥보다 더 끔찍한 곳이었다. 발진티푸스에
걸리고 만 그는 고열에 시달리며 생사를 넘나들었다.
하지만 그는 삶을 포기하지 않았다. 그에게는
살아야 할 이유가 있었다. 병마를 이겨낸
빅터 프랭클은 아우슈비츠의 수감자들을
관찰하기 시작했다. 그 결과 가치 있는
목표를 가진 사람이 살아남은
확률이 높다는 사실을
발견했다.
- 호아킴 데 포사다의《바보 빅터》중에서 -
* 당신의
살아야 할 이유는 무엇입니까?
당신께 묻는다면 무어라 답하겠습니까.
사랑하는 사람 때문에 우리는 살아야 합니다.
선한 목표와 꿈이 있기 때문에 살아야만 합니다.
고난과 역경이 절망의 끝이 아니라 희망의 시작임을
증명하기 위해 더 열심히 살아남아야 합니다.
살아있는 것이 사랑입니다.
가장 큰 승리입니다.

生きなければならない理由
第2次世界大戦当時、ユダヤ人医師
ヴィクトール・フランクルはアウシュビッツ収容所に収監された
そこは地獄より悲惨なところだった。発疹チフスに
かかってしまった彼は高熱にさいなまれながら生死をさまよった
しかし彼は、生を放棄しなかった。彼には
生きなければならない理由があった。病魔に勝った
ヴィクトール・フランクルはアウシュビッツの収監者たちを
観察し始めた。その結果価値ある
目標を持った人が生き残る
確率が高いという事実を
発見した。
- ホアキム・デ・ポサダの<馬鹿のビクトール>より -
* あなたの
生きなければならない理由は、何ですか?
あなたに問うなら、なんと答えますか
愛する人のため、我々は生きなければなりません
善なる目標と夢のために生きなければなりません
苦難と逆境が絶望の終わりではなく、希望の始まりであることを
証明するため、さらに熱心に生き残らなければなりません
生きていることが愛です
最大の勝利です

この朝の手紙を読んでから、ヴィクトール・フランクルさんについて調べていたら・・・

「人間が人生の意味は何かと問う前に、人生のほうが人間に対し問いを発してきている。だから人間は、本当は、生きる意味を問い求める必要などないのである。人間は、人生から問われている存在である。人間は、生きる意味を求めて問いを発するのではなく、人生からの問いに答えなくてはならない。そしてその答えは、それぞれの人生からの具体的な問いかけに対する具体的な答えでなくてはならない」

「自分のやりたいことがやれない」と考えるより「この出来事から人生は何を学ばせようとしているのか?」と考えると

「我慢させられてる」というような思考にはならないカモw

私も、私にできることを尽くしていく人になりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

ハンビヤの「地図の外に行軍せよ」を読みました

지도 밖으로 행군하라(地図の外に行軍せよ)

とても面白くて1月ほどでよんでしまいました。

ワールドビジョンの食糧支援のお話を中心に書いてあるのですが、

食糧支援が必要なのは同じなのですが、どこも背景は違っていて・・・たとえば

ネパールは、当時の王政府軍とマオイストが停戦を合意した場所で支援活動をして

マオイスト(共産党毛沢東主義派)って言葉をはじめて知りました(汗)

イスラエルでは、ヨルダン川西岸地区の分離壁で封鎖されたパレスチナ自治区中への支援・・・

体感温度で書かれている世界各地の現状は、とてもリアルでした。

幸い1991年からは、完全に海外援助を終え、むしろ我々のお金を集めて他国を支援する国となった。50年ぶりにごみの山から、バラの花を咲かせたのだ。

ということが書いてあって、日本はどうなのかなぁと調べてみると

1960年代の高度成長期くらいからのようです。

戦後15年ですからずいぶん早いのですね(滝汗)

話がそれましたが、ハンビヤさんの本を調べてみると

바람의 딸 걸어서 지구 세바퀴 반
(風の娘歩いて地球3周半・全4巻) (1996~1998)
1권 - 아프리카, 중동, 중앙아시아 (アフリカ、中東、中央アジア)
2권 - 중남아메리카, 알래스카 (中南米、アラスカ)
3권 - 인도차이나반도, 남부아시아(インドシナ半島、南部アジア)
4권 - 몽골, 중국, 티베트 (モンゴル、中国、チベット)
바람의 딸, 우리 땅에 서다(風の娘我が地に立つ) (1999)
한비야의 중국견문록(ハンビヤの中国見聞録) (2001)
지도 밖으로 행군하라(地図の外に行軍せよ) (2005)
그건 사랑이었네(それは愛だったのね) (2009)

という感じで8冊出版されてるんですね~ちなみに

「それは愛だったのね」→「ハンビヤの中国見聞録」→「地図の外に行軍せよ」という感じで、順不同で読んでしまいました(汗)

あ、「風の娘歩いて地球3周半」がベストセラーになって、

有名になられてんでしたね!!すっかりわすれてました(笑)

こうなったら全8冊よんでみたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

お寄せいただいた声にお答えします(2012年2月)

いつもご愛読いただきありがとうございます。

前回のお声にお答えしますからだいぶあいてしまいまして申し訳ございません。

みそじっくすアンケートにつきましては随時読ませていただいております。本当にご協力いただきましてありがとうございます。

一応高級に到達して、それがお読みいただいてる方の励みになっている・・・というような

お言葉を頂き本当に、韓国語学習冥利に尽きます。大感謝です。

また、朝の手紙や本についてのお話もありました。

濃そうな本を見つけて、紹介させていただきたいと思います。

「ドラマや映画の原作本をよんでいる」というお声もいただきました。

なるほど!それもいいですね~

読みたい本がどんどん増えてます(笑)

貴重なお声を力にしてこれからも頑張っていきたいと思います。

これからも、ブログともどもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

セヌリ(新しい社会、新たな時代の意)党

最近、ハンナラ(偉大な国・ひとつの国)党からセヌリ党に名前を変更するという報道がなされてました。

韓国語で「新しい社会」「新たな時代」を意味するらしいのですが

それらしい単語を朝鮮語辞典で調べてみると

누리はトノサマバッタしかなくて(爆)

ネイバーの日本語辞典でもおなじ結果でした。

누리2
1. [명사] 『곤충』トノサマバッタ(バッタ科の昆虫)。

ここはググって見るしかないと検索しまくったら

つづりは「새누리」で、새は새로움(新しさ)で、누리は「世の中」とか言う感じの意味みたいでした。

あ!ネイバーの韓国語検索してみればいいんじゃないかと思い出してやってみたところ・・・

누리1
[명사] ‘세상1’(世上)을 예스럽게 이르는 말.
유의어 : 세상1, 천지1

[名詞] ‘世の中’を古めかしく言う言葉

あー세상(セサン)を意味する古い言葉なんですね!

すっきりしました!!

ちなみにムヒョン元大統領の犬もヌリだとか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

長崎名物「ハトシ」をたべました。

長崎名物「ハトシ」

長崎名物といえば、ちゃんぽん、皿うどん、カステラが有名ですが、ハトシもおいしいんです~

「ハトシ」は、「海老のすり身」などを「食パン」で挟み、油で揚げたものです。「ハトシ」が中国から長崎に伝わったのは、明治の頃と言われています。

揚げたてホクホクで、えびのすり身がぷりぶりで最高でした~(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

2012年01月30日~02月04日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2012年01月30日[あ、この感じ!]
2012年01月31日[待つこと]
2012年02月01日[悟り]
2012年02月02日[土]
2012年02月03日[笑いと爆笑]
2012年02月04日[世の中を変える唯一の方法]

01月30日~02月04日の朝の手紙(PDF)01月30日~02月04日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

깨달음
깨달음은 갑자기 온다.
어느 순간, 그동안 지니고 있던
생각을 버리고 전혀 다른 시선으로
사물을 바라보게 되는 것이다.
바람직한 삶을 만들어가는 과정도
깨달음을 얻는 것과 비슷하다.
- 리처드 J. 라이더 / 데이비드 A. 샤피로의
《인생의 절반쯤 왔을 때 깨닫게 되는 것들》중에서 -
* 깨달음은 갑자기 온다?
그렇지 않습니다. 갑자기 오는 것처럼 보일 뿐입니다.
그것은 마치 물이 끓는 이치와 같습니다. 물은
99도 온도에 이르기까지는 아무 일도 없는 듯
잠잠하다가 1도 더 높여 100도가 되었을 때
비로소 '갑자기' 끓게 됩니다. 깨달음은
99도까지 삶을 숙성시킨 사람에게
어느 순간 갑자기 주어지는
선물입니다. 

悟り
悟りは突然くる
ある瞬間、そのあいだもっていた
思いを捨てて、まったく違った視線で
事物を眺めるようになるだろう
望ましい人生を作っていく過程も
悟りを得ることと似ている
- リチャード・J. ライダー/ディビッド・A. サピーロの
<人生の半分くらい来た時気づくようになること>より -
* 悟りは突然くる?
そうではありません。突然くることのように見えるだけです
それはまるで、水を沸く道理と同じです。水は
99度の温度にいたるまでは何も無いように
静かだが、1度さらに高めて100度になったとき
ようやく'突然'沸くようになります。悟りは
99度まで人生を熟成させた人に
ある瞬間突然与えられる
贈り物です

あ!このお話ハンビヤさんが「地図の外に行軍せよ」にも書いてらっしゃいました!

今、99度まで来た。さあ、この山さえ越えればついに100度だ。水が沸騰する100度とそうじゃない99度。たった1度の差が、どれだけ大きな差異を作るだろうか。<要約>

インスタントラーメンを食べるたびに思い出しそうなお話ですね。

そのたびに気持ちを引き締めたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

韓国語文法演習を4月の韓国語能力試験までに終わらせます! #stopik

韓国語文法演習

ただいま160ページまで終わりました。

300ページほどありますので、一日2ページの計算でいくと

ちょうど2012年4月の韓国語能力試験までに終わります。

というわけで!!

韓国語文法演習を試験までに終わらせます~!

思えば2010年5月に、語彙演習と文法演習を買って以来

丸々2年がかりとなってしまいましたが(滝汗)

ぼちぼち続けてよかったです。やっとゴールが見えてきました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

ハンビヤの「地図の外に行軍せよ」を読み始めました

지도 밖으로 행군하라(地図の外に行軍せよ)

先日も書きましたが、지도 밖으로 행군하라を読み始めました。

日本語では「地図の外に行軍せよ」が自然かな?

ハンビヤさんのワールドビジョンでの活動をまとめた本です。

世界各国の食糧支援を通じた出会いなどが書かれています。

アフガニスタン、マラウィ、イラク、シエラレオネ・・・いろんなところに行かれています。

ネパールで出会った、政府軍のラジュ大佐(라주 대령)がとても魅力的な方ですごい印象に残っています。

すばらしい人には、国、人種、職務、富は関係ないのですね。

ちなみに、ワールドビジョンでは、職員誘拐の身代金には、

寄付金を使うわけにはいかないので一切応じないそうです。

現地への派遣も、一番安いチケットで向かうそうでトランジットがすごい多いとのことでした。

それでその時間を利用していっぱい本をよんでいるんだとか・・・転んでもただでは起きないハンビヤさんに脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »