« 2012年02月06日~02月11日の朝の手紙 | トップページ | すごい電柱 »

2012年2月14日 (火)

ハンビヤの「風の娘,我が地に立つ(改訂版)」読み始めました。

람의 딸,우리 땅에 서다(風の娘,我が地に立つ)

地球一周したハンビヤさんが目指したもの、それが韓国の横断。

全羅道の端から江原道の統一展望台まで、歩いて横断するというお話です。

この本は1999年に書かれていて、2006年に改定版が出版されています。

印象的だったのは

「行こうかな、やめとこうかなって言う旅行は無条件で行くべき。いれようかな、やめとこうかなという荷物は除外だ」

納得!!!ホントそうですよ~!

あとハンビヤさんのお父さんが

「やっても無いのにどうしてわかるんだ?」

といわれて、それがハンビヤさんの原点になっているって言うようなことも書かれていました。

いいですね~!やってやろうじゃないですか~韓国語能力試験(笑)

テンションあがってきました。楽しく読みたいと思いますw

|

« 2012年02月06日~02月11日の朝の手紙 | トップページ | すごい電柱 »

韓国語@書籍@ハンビヤ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンビヤの「風の娘,我が地に立つ(改訂版)」読み始めました。:

« 2012年02月06日~02月11日の朝の手紙 | トップページ | すごい電柱 »