« 韓国鉄道7400形ディーゼル機関車 | トップページ | 機張の竜宮寺に行きました。海がきれいでした~ »

2012年5月27日 (日)

2012年05月14日~05月26日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2012年05月14日[健康な共同体]
2012年05月15日[眠る姿]
2012年05月16日[水をわかること]
2012年05月17日[休んでいきなさい]
2012年05月18日[賢明で、愛多い案内人]
2012年05月19日[心を開けば、時間が戻ってくる]
2012年05月21日[ハチドリが飛んでいく理由]
2012年05月22日[空の目で見れば]
2012年05月23日[夢があなたを踊るようにしなさい]
2012年05月24日[美しい洞察]
2012年05月25日['話し方'を学ぶこと]
2012年05月26日[ある決心]

05月14日~05月26日の朝の手紙(PDF)05月14日~05月26日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

아름다운 통찰
중요한 것은 '통찰'입니다.
우리의 오감으로 이해하기 어려운
존재와 그 바깥세계를 온몸으로 아는 것,
이것이 깨달음이기를 바라지요. 우리의 존재라는 게
알 수 없는 인연 따라 잠깐 몸으로 화해서 잠깐
머물다 가는 것에 불과하다는 걸 이해하는 게
중요하다는 얘깁니다. 그게 '통찰'이죠.
- 이철수의《웃는 마음》중에서 -
* '바깥세계'를 알아야
'내 안의 세계'도 알 수 있습니다.
'안'이 있으면 '바깥'이 있고, '나'만 존재하는 게
아니라 '남'도 존재합니다. 기쁨과 슬픔이 함께 있고,
희망이 있기에 때로 절망도 배우게 됩니다. 그러나
그 모든 존재하는 것들이 다만 흘러가는 것일 뿐
너무 연연할 것도 없다는 것을 깨닫는 것이
통찰입니다.  아름다운 통찰.

美しい洞察
重要なことは'洞察'です
我々の五感で理解しにくい
存在と、外の世界を全身でわかること
それが悟りならとねがいます。我々の存在と言うのは
わからない因縁によって、ちょっと体をかえて、ちょっと
留まっていくことにすぎないということを理解するのが
重要だという話です。それ
が'洞察'でしょう
- イ・チョルスの<笑う心>より -
* '外の世界'をわかって
'私の中の世界'もわかることが出来ます
'中'があれば、'外'があって、'私'だけが存在するの
ではなく'他人'も存在します。喜びと悲しみが共にあって
希望があって、時に絶望も学ぶようになります。しかし
その総てが存在することが、ただ流れていくことであるだけ
あまり続くこともないと悟ることが
洞察です。美しい洞察。

너무 연연할 것도 없다는 것을 깨닫는 것이
あまり続くこともないと悟ることが

と言うフレーズになにか救われました。

ずーっと底が続くことは無いでしょ~う^^

流れの中で浮くこともあるでしょう。

そんな時間があってこそ、楽しい時間が何倍も楽しく感じるのかもしれませんね。前向きにぼちぼちといきますw

|

« 韓国鉄道7400形ディーゼル機関車 | トップページ | 機張の竜宮寺に行きました。海がきれいでした~ »

韓国語@2012コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年05月14日~05月26日の朝の手紙:

« 韓国鉄道7400形ディーゼル機関車 | トップページ | 機張の竜宮寺に行きました。海がきれいでした~ »