« 読みたい本「つらいから青春だ」キム・ナンド著 | トップページ | 韓国語ジャーナル編集部にツイートしていただいちゃいました! »

2012年7月 7日 (土)

2012年07月02日~07月07日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2012年07月02日[今日に限って父の言葉が]
2012年07月03日[砂漠では水が貴重だ]
2012年07月04日[人生のリズム]
2012年07月05日[楽しくなる方法]
2012年07月06日[大きい山、高い山]
2012年07月07日[我が家に咲いた花を撮りながら]

07月02日~07月07日の朝の手紙(PDF)07月02日~07月07日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

사막에서는 물이 귀하다
소말리아에서는
물건이 비에 젖었다고 해서
의기소침해하거나 불평하지 않는다.
우리는 늘 신에게 감사드린다. 코란에 따르면
살아있는 모든 것은 물로 만들어졌다고 한다.
비가 오면 풀은 푸르러지고 짐승들은 배를 채운다.
우리도 또한 그럴 것이다. 사막에서는 물이 귀하다.
물은 푸른 금이다. 우리는 비를 기다리고,
비를 내려 달라고 기도하고, 비가 오면 빗물로 몸을 씻는다.
- 와리스 디리, 잔 다엠의《사막의 새벽》중에서 -
* 사막에서만 물이 귀한 것이 아닙니다.
산 좋고 물 좋다는 우리나라도 걱정이 큽니다.
'돈을 물 쓰듯 한다'는 말은 옛말이 된 지 오래입니다.
더 큰 문제는 마음의 물도 갈수록 귀해지고 있다는
사실입니다. 마음마저 물기를 잃고 말라버리면
서로가 삭막한 사막을 걷는 처지가 됩니다.
살아있어도 살아있다 할 수 없습니다.  
(2008년 5월14일자 앙코르메일)

砂漠では水が貴重だ
ソマリアでは
品物が雨にぬれたとしても
意気消沈したり、不平を言ったりしない
我々はずっと、神に感謝する。コーランによれば
生きている総てのことは、水から作られたという
雨が来れば、草は青くなって、動物は腹を満たす
我々もまたそうだ。砂漠では水が貴重だ
水は青い金だ。我々は雨を待って
雨を降らせてくれと祈って、雨が降れば雨水で体を洗う 
- ワリス・ディリー、ジャン・ダエムの<砂漠の夜明け>より -
* 砂漠だけが水が貴重なのではありません
山がよくて、水がよい、わが国でも心配が大きいです
'金を水のように使う'という言葉は昔の言葉になって久しいです
さらに大きな問題は心の水もますます貴重になっているという
事実です。心もまた水気を失って枯れれば
お互いが索漠とした砂漠を歩く立場になります
生きていても、生きているということが出来ません
(2008年5月14日付アンコールメール)

ワリス・ディリーさんってどんな方なのかと調べてみたら

ソマリア出身の元モデルで、現在は人権擁護家なのですね。

文庫 砂漠の女ディリー (草思社文庫)
ワリス・ディリー 武者圭子
4794218176

日本語版もあるみたいですね。コレは読んでみないと!

最近読みたい本候補がどんどん増えてるような(苦笑)

****
本日のお勉強
朝の手紙も訳しました。韓国語ジャーナル読み終わりました!
[韓国語能力試験レベル別完全攻略 高級編]を再開します

|

« 読みたい本「つらいから青春だ」キム・ナンド著 | トップページ | 韓国語ジャーナル編集部にツイートしていただいちゃいました! »

韓国語@2012コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年07月02日~07月07日の朝の手紙:

« 読みたい本「つらいから青春だ」キム・ナンド著 | トップページ | 韓国語ジャーナル編集部にツイートしていただいちゃいました! »