« 栗駒山荘のお風呂に入りました | トップページ | 鳥海山に登りました »

2013年9月 4日 (水)

2013年08月26日~08月31日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年08月26日[路肩]
2013年08月27日[大人の役割]
2013年08月28日[他者のつらさ]
2013年08月29日[美味しい旅行]
2013年08月30日[私のそばにいる人]
2013年08月31日[幸せの定石]

08月26日~08月31日の朝の手紙(PDF)08月26日~08月31日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

'갓길'
자동차만 해도 기계를 잘 아는
사람은 절대로 무리하지 않는다. 그래서
오래 간다. 오일 교환과 타이어 공기압 등을
유지하는 데 신경을 쓴다. 인간도 다를 바 없다.
다만 사람의 몸과 마음은 이것만은 반드시 이루겠다는
목적이 있다면 약간 무리를 해도 견뎌낸다. 그렇다고
항상 견뎌내는 것은 아니다. 몸과 마음을 제대로
손질해두지 않으면 언젠가는 쓰러지고 만다.
- 소노 아야코의《간소한 삶 아름다운 나이듦》중에서 -
* 고속도로에도
갓길이 있고 휴게소도 있습니다.
자동차에 문제가 생기면 갓길에 세워야 하고
운전자가 피로하면 휴게소에도 들러야 합니다.
마냥 달리기만 하면 고장이 나서 강제 멈춤을
당합니다. 사람에게 가장 좋은 '갓길'이
산입니다. 산에 오르는 순간
치유가 시작됩니다.

路肩
自動車だけでも、機械をちゃんとわかる
人は絶対に無理しない。だから
長く持つ。オイル交換、タイア空気圧などを
維持するのに神経を使う。人間も変わりがない
ただ、人の体と心は、これだけは必ずかなうという
目的があれば、若干無理をしても耐えられる。そうして
いつも耐えられるのではない。体と心をちゃんと
手入れしなければ、いつか倒れてしまう
- 曽野綾子の<簡素な人生に美しい年齢>より -
* 高速道路にも
路肩があって、休憩所があります
自動車に問題が起きれば、路肩に止めなければならず
運転者が疲れれば、休憩所に入らなければなりません
ひたすら走れば、故障して強制停止を
受けます。人に一番よい'路肩'が
山です。山に登る瞬間
治癒が始まります

うまくいかない時はじっと耐えて過ぎるのを待ちますか(笑)

というわけで・・・今週末は鳥海山に登っちゃう予定です(笑)

|

« 栗駒山荘のお風呂に入りました | トップページ | 鳥海山に登りました »

韓国語@2013コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年08月26日~08月31日の朝の手紙:

« 栗駒山荘のお風呂に入りました | トップページ | 鳥海山に登りました »