« 雪化粧 | トップページ | 2013年11月25日~11月30日の朝の手紙 »

2013年11月24日 (日)

2013年11月18日~11月23日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年11月18日[眠れない夜]
2013年11月19日[すべきことの発見]
2013年11月20日[秋が去ります]
2013年11月21日[両親が刺す短刀]
2013年11月22日[見物人]
2013年11月23日[怖がらないようにしよう]

11月18日~11月23日の朝の手紙(PDF)11月18日~11月23日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

할 일의 발견
웅덩이가 가득 차고
흐르기를 그치면 썩듯이,
한 민족의 마음이 사명감을 잃어버리면
망하고 만다. 반대로 아직도 바라는 이상이 있고,
자부하는 사명이 있으면 결코 망하지 않는다.
살고 싶거든 할 일을 발견해 내어라.
사명의 자각이야말로 재생의
원동력이다.
- 함석헌의《뜻으로 본 한국역사》중에서 -
* 할 일이 태산인데도
할 일을 모르는 경우가 참 많습니다.
무엇을 해야할지 몰라 우왕좌왕 합니다.
방향도 목표도 없이 표류하다 시간을 놓칩니다.
내가 해야할 일의 발견이 첫 출발점입니다.
여기에 이상과 사명감까지 더해지면
위대한 시작점으로 바뀝니다.

すべきことの発見
水たまりがいっぱいに満ちて
流れが止まれば朽ちるように
一つの民族の心が使命感をなくしてしまえば
滅びてしまう。反対にまだ望む理想があって
自負する使命があれば、決して滅びない
生きたいなら、すべきことを発見しなさい
使命の自覚でこそ、再生の
原動力だ
- ハン・ソクホンの<意味で見る韓国史>より -
* すべきことが、泰山でも
すべきことを知らない場合がとても多いです
何をしなければならいかわからず、右往左往します
方向も目標もなく、漂流する時間を取られます
私がすべきことの発見が、最初の出発点です
ここで理想と使命感まで加われば
偉大な出発点に変わります

ことしもあと1か月足らずとなってしまいました。

もう一度気を引き締めて、師走を迎えたいと思います。

今年はブログの更新が滞ってしまい申し訳ありません。

ちょっと反省して、またリスタートしたいと思います。

|

« 雪化粧 | トップページ | 2013年11月25日~11月30日の朝の手紙 »

韓国語@2013コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

まろさま(o^-^o)
こんにちは^^
노닥거리다、この場合どんな日本語だといいかな~と考えていたのですが、
「油を売る」っていいですね!
勉強になりました^^!

東北の冬はきっと福岡とかなり違うことでしょう。
どうぞお風邪など召されませんように^^

投稿: るるる | 2013年11月28日 (木) 12:31

■るるるさま

노닥거리다ですね~
私も翻訳に困っておりましたら突然ひらめきました。
おほめに預かり光栄です。
これからも頑張ります!

投稿: まろ | 2013年11月30日 (土) 13:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年11月18日~11月23日の朝の手紙:

« 雪化粧 | トップページ | 2013年11月25日~11月30日の朝の手紙 »