« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

2013年11月25日~11月30日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年11月25日[自今暗示、自己催眠]
2013年11月26日[貧しくて踊った]
2013年11月27日[部屋の掃除]
2013年11月28日[沈黙する方法]
2013年11月29日[心の痛み]
2013年11月30日[傾聴の力]

11月25日~11月30日の朝の手紙(PDF)11月25日~11月30日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

경청의 힘!
나는 수용자들이 왜 유독 그를
좋아하는지 유심히 살펴 보았다.
그러던 어느날 그가 인기 많은 이유를 알았다.
그는 달랐다. 우선 상대의 이야기를 끝까지
경청했다. 그리고 겸손한 미소를 띠고
이해하려는 눈빛으로 상대를 바라보았다.
수용자의 이야기가 끝나면
그제야 입을 열었다.
- 노영은님의《경청의 힘》중에서 -
* 이 세상에는
수많은 정보들이 있습니다.
그런데 문제는 그 정보를 끝까지
들어보지 않으려 하니 문제입니다.
알려 주고자 하는 이가 있다면 끝까지 경청하고
그럴 만한 증거가 있다면 믿으면 됩니다.
경청의 결과 혜택을 입는 것은
자기 자신입니다.

傾聴の力
私は、ユーザーがなぜただ一人彼を
好きなのか注意深く調べた
そうしたある日彼が人気が高い理由をわかった
彼は違った。まず相手の話を最後まで
傾聴した。そして、謙遜の微笑を浮かべ
理解しようというまなざして相手を眺めた
ユーザーの話が終われば
ようやく口を開いた
- ノ・ヨンウンの<傾聴の力>より -
* この世界は
たくさんの情報があります
しかし、問題はその情報を最後まで
聞こうとしないから問題です
知らせてくれる人がいれば、最後まで傾聴して
それだけの証拠があれば、信じます
傾聴の結果、恵みを受けるのは
自分自身です

今年もあと1月となりました。

師走を迎え忙しくなっても傾聴したいです。

最近のことをちょっと反省しました。

平成25年。2013年の仕上げをきれいに迎えて

終わり良ければ総て良しとしたいですね。ファイティン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

2013年11月18日~11月23日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年11月18日[眠れない夜]
2013年11月19日[すべきことの発見]
2013年11月20日[秋が去ります]
2013年11月21日[両親が刺す短刀]
2013年11月22日[見物人]
2013年11月23日[怖がらないようにしよう]

11月18日~11月23日の朝の手紙(PDF)11月18日~11月23日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

할 일의 발견
웅덩이가 가득 차고
흐르기를 그치면 썩듯이,
한 민족의 마음이 사명감을 잃어버리면
망하고 만다. 반대로 아직도 바라는 이상이 있고,
자부하는 사명이 있으면 결코 망하지 않는다.
살고 싶거든 할 일을 발견해 내어라.
사명의 자각이야말로 재생의
원동력이다.
- 함석헌의《뜻으로 본 한국역사》중에서 -
* 할 일이 태산인데도
할 일을 모르는 경우가 참 많습니다.
무엇을 해야할지 몰라 우왕좌왕 합니다.
방향도 목표도 없이 표류하다 시간을 놓칩니다.
내가 해야할 일의 발견이 첫 출발점입니다.
여기에 이상과 사명감까지 더해지면
위대한 시작점으로 바뀝니다.

すべきことの発見
水たまりがいっぱいに満ちて
流れが止まれば朽ちるように
一つの民族の心が使命感をなくしてしまえば
滅びてしまう。反対にまだ望む理想があって
自負する使命があれば、決して滅びない
生きたいなら、すべきことを発見しなさい
使命の自覚でこそ、再生の
原動力だ
- ハン・ソクホンの<意味で見る韓国史>より -
* すべきことが、泰山でも
すべきことを知らない場合がとても多いです
何をしなければならいかわからず、右往左往します
方向も目標もなく、漂流する時間を取られます
私がすべきことの発見が、最初の出発点です
ここで理想と使命感まで加われば
偉大な出発点に変わります

ことしもあと1か月足らずとなってしまいました。

もう一度気を引き締めて、師走を迎えたいと思います。

今年はブログの更新が滞ってしまい申し訳ありません。

ちょっと反省して、またリスタートしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

雪化粧

雪化粧

11月中旬で山が雪化粧になっていました。

それにしても、日差しが短くなりました。

4時くらいには日が陰っちゃうのですね。

九州の感覚より1時間は日の入りが早いです。日本も十分広い!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

2013年11月11日~11月16日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年11月11日[砲丸投げ]
2013年11月12日[勝利の序詞]
2013年11月13日['井の中の蛙']
2013年11月14日[笑い飛ばすことができる能力]
2013年11月15日[不死身]
2013年11月16日[ママという2文字]

11月11日~11月16日の朝の手紙(PDF)11月11日~11月16日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

웃어넘길 줄 아는 능력
시간이
마법처럼 해결해주었다.
이렇게 고난은 알아서 물러가주었다.
사람들은 대부분 자신에게 일어난 일을
웃어넘길 줄 아는 능력을 타고나며,
시간은(적당한 유머감각과 "눈에는
눈"식의 복수를 거부할 줄 아는
의식과 합쳐지면) 거의 모든
상처를 치유해준다.
- 웬디 웰치의《빅스톤갭의 작은 책방》중에서 -
* 힘들수록
더 잘 웃을 수 있어야 합니다.
가슴 저미는 아픔과 상처가 클수록
내 입가의 미소를 잃어서는 안됩니다.
하늘이 무너져도 웃어 넘기다 보면
'백만불짜리 미소'가 탄생합니다.
항상 웃어넘길 줄 아는 능력이
최고의 치유 능력입니다.

笑い飛ばすことができる能力
時間が
魔法のように解決してくれた
このように苦難をわかって引かせてくれた
ほとんどの人は、自分に起こったことを
笑い飛ばすことができる能力をもって生まれて
時間は(適当なユーモア感覚と"目には
目"式の復讐を拒否することができる
意識と合わされば)ほとんどすべての
傷を治してくれる
- ウェンディ・ウェルチの<ビックスートンギャップの小さな机>より -
* 辛いほど
さらによく笑わなければなりません
胸をえぐる痛みと、傷が大きいほど
私の口元の微笑を失ってはいけません
空が崩れても、笑い飛ばしてみれば
'100ドルの微笑'が誕生します
いつも笑い飛ばすことができる能力が
最高の癒しの能力です

まさに笑う門には福来る!

お部屋掃除して、髪切って、洗車はみなさん多くてまだしてないけど

とてもすっきりしました。今週は笑って過ごしたいです!^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

2013年11月04日~11月09日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年11月04日[楽天性]
2013年11月05日[過ち]
2013年11月06日[一人で患う病気]
2013年11月07日[百発百中]
2013年11月08日[今のままで十分です]
2013年11月09日[許し]

10月21日~10月26日の朝の手紙(PDF)10月21日~10月26日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

지금 이대로도 충분합니다
당신은 정말로
완벽해야만 가치 있는 존재인가?
완벽함은 애초에 가능한 것도 아니고
우리가 반드시 추구해야 할 것도 아니다.
당신은 지금 이대로도 충분히
괜찮은 존재다.
- 조영은의《왜 나는 늘 허전한 걸까》중에서 -
* 완벽함은
존재하지 않습니다.
서로 완벽함을 요구하면 힘들어집니다.
지금 있는 그대로의 모습을 인정하고 사랑하면
그 안에 이미 완벽함이 깃들어 있습니다.
당신은 지금 이대로도 충분합니다.
빛이 납니다.

今のままで十分です
あなたは本当に
完璧でこそ価値ある存在か?
完璧さは、そもそも可能なことでもなく
我々が必ず追及しなければならないことでもない
あなたは今のままでも十分に
大丈夫な存在だ
- チョ・ヨンウンの<なぜ私はずっと空虚なのか>より -
* 完璧さは
存在しません
お互い完璧さを要求すれば疲れてしまいます
今ある、そのままの姿を認めて愛せば
その中に、すでに完璧さが宿っています
あなたは今のままで十分です
輝きます。

ちょっと…私になりにちょっと悩みを感じていた時に

この手紙が来ました。とっても救われました。

大丈夫~ケンチャナヨ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

2013年10月28日~11月02日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年10月28日[魅力ある指導力]
2013年10月29日[後片付けする時間]
2013年10月30日[メンタリング]
2013年10月31日[燃え上がる高揚]
2013年11月01日[置いてしまうこと]
2013年11月02日[ぎっしり詰まった誇り]

10月21日~10月26日の朝の手紙(PDF)10月21日~10月26日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

설거지 할 시간
이제 지금껏 내가 남긴 것들
내가 먹다 만 그 음식들을 설거지할
때가 되었다는 것을 알게 된 것이지요.
내가 그동안 벌여놓았던 것들을 먹어치울 시간,
설거지를 해야 할 시간이 온 것입니다.
식칼에 묻은 양념 내를 깨끗이 씻어야만
사과껍질을 벗겨 향기로운 냄새를
맡을 수 있을 것입니다.
- 이어령의《지성에서 영성으로》 중에서 -
* 먹는 일만 알고 설거지를 모른다면
그 다음의 깨끗한 음식을 기대할 수 없습니다.
마음의 그릇도 수시로 설거지를 해줘야 합니다.
온갖 상념과 양념의 때, 탁한 기운, 걱정과 근심...
깨끗하게 씻어내야 합니다. 설거지를 하는
그 시간이 힐링의 순간입니다.
새로 시작할 수 있습니다.

後片付けする時間
いまの今まで、私が残したこと
私が食べやめた、その食事を片付けする
時になったのを、わかるようになったのでしょう。
私がその間手がけてきたことを、食べてしまう時間
後片付けをしなければならない時間が来たのです
包丁についたヤンニョムを切れに洗って
リンゴの皮をむいて、かぐわしいにおいを
嗅ぐことができるでしょう
- イ・オリョクの<知性から瞑想で>より -
* 食べることだけわかって、後片付けを知らなければ
その次のきれいな食事を期待できません
心の皿も、随時後片付けをしなければなりません
全ての思いと、ヤンニョムの残り、濁った気運、心配と不安
きれいに洗わなければなりません。後片付けをする
その時間がヒーリングの時間です
新しく始めることができます。

さー今日はいい天気~いろいろ片づけてすっきりします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »