« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月25日 (水)

目が覚めるとそこは雪国でした

雪国

高速バスに乗った時は、晴れて雪もなかったのですが

目が覚めたら、あまりのギャップにびっくりでした!

白い山の稜線が美しすぎます!北欧にでも来たような感でした。

韓国での雪化粧はみたことありましたが、日本の雪化粧も美しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

2013年12月16日~12月21日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年12月16日[太る理由]
2013年12月17日[カルククス]
2013年12月18日[心が傷ついていますか?]
2013年12月19日[指先一つの親密感]
2013年12月20日[問題児]
2013年12月21日[草花は日光を探して、移らない]

12月16日~12月21日の朝の手紙(PDF)12月16日~12月21日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

칼국수
가장 소박한 음식 중에 하나인
칼국수를 가장 소박하고 진실한 정성을 다해
만드는 일이란 얼마나 아름다운가. 나는 요즘도
칼국수가 그리워지는 날이면 그 집을 찾아가곤
한다. 거기에 세상에서 가장 아름다운 국물이
나를 기다리고 있으므로, 사람이 사람을
생각하는 마음보다 맛있는 음식이란
세상에 없다.
- 최인호의《인연》중에서 -
* 칼국수 잘 만드는
단골집 하나만 있어도 사는 게 즐겁습니다.
소박하고 정겨운 칼국수 한그릇에 그날 하루가
행복합니다. 음식은 입으로만 먹는 것이 아니라
마음으로 먹습니다. 사람이 사람을 생각하며
만든 음식이 좋은 음식입니다.
사람을 살립니다.

カルククス
一番素朴な食事の一つである
カルククスに一番素朴な真心をつくして
つくることは、どれだけ美しいか。私は今も
カルククスが恋しくなる日には、その家をたずねたり
する。そこに、世界で一番美しいだしが
私を待っているから、人が人を
思う心より、おいしい食事は
この世にない
- チェ・イノの<因縁>より -
* カルククスをよく作る
行きつけの店一つだけでも、生きるのが楽しいです
素朴で、愛情深いカルククス一皿に、その日一日が
幸せです。食べ物は口だけでだべるのではなく
心で食べます。人が人を思いながら
つくる料理がいい食事です
人を生かします

無性にカルククスをたべたくなったのはこの記事のおかげだったのですね(笑)

カルククス

またおいしく食べられるように、元気ですごさなくっちゃw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

ガン(宮城県の県鳥)

ガン

朝方に鳥の編隊が空を飛んでいきます。

最近それが宮城県の県鳥、ガンだと知りました。

ガンがこうやって編隊を組んで飛ぶ姿を見たのは、

初めての経験だと思います。

小さい頃テレビで見ていいた、「ニルスのふしぎな旅」を思い出しました。

やんちゃなニルスが、妖精に小さくされて、ダチョウのモルテンとともにガンの群れと旅に出るお話だったような気がします

きっと、こんな感じで飛んでいたんでしょうね^^

あれからもう30年もたってるのかあ…(滝汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

吉野屋の牛チゲ鍋膳

吉野屋のチゲ鍋膳

超辛かった!でも寒さが吹っ飛んでシオナダでした!

また食べに行きたいです^^

韓国好きの私も大満足な味でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

週末の大寒波

大寒波

生まれて初めて暴風雪警報を体験しました。

路面凍結で道路はつるつるで、生きた心地がしませんでした(滝汗)

でも、なんでしょうか・・・寒いけど心地いいんですよね。

きっと空気が澄んでいるからでしょうか、すきっとします^^

明日もファイティン!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

2013年12月09日~12月14日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年12月09日[旅行の白昼夢]
2013年12月10日[小説家の目]
2013年12月11日[死んだ金、生きた金]
2013年12月12日[読むことと書くこと]
2013年12月13日[雄雌一対、鳥が歌う二重奏]
2013年12月14日[私が私を認めること]

12月09日~12月14日の朝の手紙(PDF)12月09日~12月14日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

내가 나를 인정하기
솔직히 인정하라,
저돌적으로 일을 할 때 아드레날린의
급상승이 가져오는 짜릿한 기분을.
'내가 중요하고 능력 있는 사람이구나'하는
느낌도 든다. 결국 당신은 바쁠 수밖에 없는
사람이다. 도취감에 빠져 있는 동안 항상
외부 세계로의 모험을 추구하고
현실에서 처한 문제를 회피한다.
- 데비 맨델의《여자, 스트레스에 마침표를 찍다》중에서 -
* 저는 저 스스로를  인정할 줄 몰랐습니다.
늘 회피하기에 바빴죠. 현실을 부정하며 살기에
급급했습니다. 결혼 후 신랑을 통해 요즘 인정하는 법을
배웁니다. 모든 면에서 조금씩 인정하고 받아들이려 하니
한결 마음이 편하고 사는게 수월하게 느껴집니다.
아직도 많이 서툴지만 앞으로 나 자신을 더욱
먼저 알고 스스로를 믿고 스스로 자아를
받아들이는 노력을 더 열심히
하려고 합니다.

私が私を認めること
正直に認めよう
がむしゃらに仕事をするとき、アドレナリンの
急上昇がもたらす、爽快な気分を
’私が重要で、能力ある人だな’と
感じもする。結局あなたは忙しくせざるをえない
人だ。陶酔感に陥っている間も、いつも
外部世界の冒険を追及する
現実に直面した問題を回避する
- デビー・マンデの<女性、ストレスにピリオドを打つ>より -
* 私は私自らを認めることができませんでした
ずっと回避に忙しかったです。現実を否定して、生きることに
汲々としていました。結婚後新郎を通じて、最近認める方法を
学びます。すべての面ですこしづつ認めて受け入れてみたら
一層心が楽に、生きるのが容易に感じられます 
今もまだ下手だが、これから私自身をさらに
まず分かって、自らを信じて自らの自我を
受け入れる努力をさらに熱心に
しようと思います。

師走を迎え、仕事のプレッシャーと疲れがピークで

先週末ちょっとおかしくなってしまいました。

生まれて初めての経験で、しかも突然この状況になってしまったので、さらに頭が混乱してしまいました。

で・・・・

そんな時にこの朝の手紙がやってきました。

いそがしい現実を認めて、難しいかじ取りの状態も認めて、

すべてをそのまま受け入れて、「道は開ける」にもありましたが

「避けがたい運命には調子を合わせよう」

を改めて思い出しました。

すると、とても気分が楽になりました。

運命に調子を合わせて、あとは神様に結果はゆだねます(笑)

年末はこれでいこうッ!と決めましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

ユッケジャン

ユッケジャン

久しぶりに食べました。辛いけど、おいしいです!

しかも寒いと、さらにおいしく感じます。

からくてすーっとして・・・これがシオナダですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

チャンスン(将軍標)

チャンスン

先日、戸沢村で見かけたチャンスン(天下大将軍、地下女将軍)

こちらを訪れると韓国に来たような気分になります。

寒さの具合もソウルみたいです。

それにしてもすっかり冬ですね(滝汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

2013年12月02日~12月07日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2013年12月02日[本当の強者、本当の青春]
2013年12月03日[神聖な知恵]
2013年12月04日[うつ病の治癒]
2013年12月05日[正解はない]
2013年12月06日[幸福が何なのか]
2013年12月07日[一人でいる楽しさ]

12月02日~12月07日の朝の手紙(PDF)12月02日~12月07日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

정답이 없다
예술이
다른 학문이나 기술과
구별되는 점은 정답이 없다는 것이다.
그런 면에서 예술은 삶과 많이 닮아 있다.
삶에도 정답이 없기 때문이다. 예술에는
스승이라도 있으나 삶에는 스승조차 없다.
삶이 무엇인지, 어떻게 살아야
잘 사는 것인지 알기 위해서는
일생을 보내야만 한다.
- 홍영철의《너는 가슴을 따라 살고 있는가》중에서 -
* 정답이 없기 때문에
한 번 해볼 만한 것 아닙니까?
한 번 도전해 볼 만한 것 아닙니까?
하나 밖에 없기 때문에 그래서 예술이고,
어느 누구도 대신할 수 없는 한 번뿐이니까
그래서 삶입니다. 정답을 찾지 마십시오.
열심히 사는 것이 정답입니다.
최선이 정답입니다.

正解はない
芸術が
他の学問や技術と
区別される点は正解がないことだ
そんな面で芸術は、人生ととても似ている
人生にも正解がないからだ。芸術には
師匠はいるが、人生には師匠さえない
人生が何なのか、どう生きて
豊かにくらせるか、わかるためには
一生を送らなければならない
- ホン・ヨンチョルの<あなたは心にしたがって生きているか>より -
* 正解がないから
一度やってみるのではありませんか?
一度挑戦して見るのではないですか?
一度しかないから、だから芸術で
誰も変わることができない、一度だけだから
だから人生です。正解を探さないでください
一生懸命生きることが正解です
最善が正解です

12月になりました。いよいよ今年もあとわずかに…(滝汗)

私なりに、今年の締めくくりを一生賢明努めます!!

いろいろ考えず、最善だけを考えて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

庄内柿いただきました

庄内柿

羽黒山のふもとにある庄内柿のモニュメントを見て以来

庄内柿をたべてみたいなーと思っていたところいただいちゃいました。

全く渋みがなくて、さわやかにあまーい柿でした。

しかも種もないなんて!

とっても素晴らしい柿でした。大感謝ですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »