« スケトウダラの煮込定食食べました | トップページ | 凍る湖(汗) »

2014年2月 2日 (日)

2014年01月13日~01月18日の朝の手紙

朝の手紙の翻訳を公開します。

2014年01月13日[岩登り]
2014年01月14日[物まね]
2014年01月15日[心から信じることができる関係]
2014年01月16日[冬の愛]
2014年01月17日[祈り]
2014年01月18日[仙岩寺の松]

01月13日~01月18日の朝の手紙(PDF)01月13日~01月18日の朝の手紙(text)

気になった朝の手紙は・・・

기도
기도란
말하는 것이고 듣는 것입니다.
깊은 침묵과 경배, 다음 순간 우리에게
어떤 일이 일어나는지 인내하고
기다리는 시간입니다.
- 호르헤 마리오 베르고글리오의《천국과 지상》중에서 -
* 다른 길이 없습니다.
항상 기도하는 길밖에 없습니다.
기도가 힘이고 기도가 답입니다.
기도함으로 들리게 되고
기도함으로 열립니다.

祈り
祈りとは
話すことと聞くことです
深い沈黙と礼拝、次の瞬間我々に
どんなことが起きるのか、耐えて
待つ時間です
- ホルヘ・マリオ・ベルゴリオの<天国と地上>より -
* 他の道はありません
いつも祈る道しかありません
祈りが力で、祈りが答えです
祈りで聞こえるようになり
祈りで開きます

何とも言えない不安で押しつぶされそうなとき・・・

そんな時は、全てをゆだねて流れに身を任せるのがいいかもしれませんね^^命までは奪われないでしょう^^;

|

« スケトウダラの煮込定食食べました | トップページ | 凍る湖(汗) »

韓国語@2014コ・ドウォンの朝の手紙」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年01月13日~01月18日の朝の手紙:

« スケトウダラの煮込定食食べました | トップページ | 凍る湖(汗) »